ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

13話 グッデイ・サンシャイン①

「やっとついた〜」とレイヴンは
上機嫌に言った。
「ここは何だ?」とガラハッドは訪ねた。
「あなた、町も知らないの?」と
レイヴンが呆れたように聞いた。
「村なら知っているぞ、でも家が木造でも、竪穴式住居でも、ない…」 
とガラハッドは呟いた。
「ふ〜ん…あなた3桁以上寝てたから現代の文化しらないんだ〜」
とレイヴンはニヤニヤしながら言った
自分は、昔の事を知らないが、
相手が今の事を知らないので、
レイヴンは優位をなれて、喜んでいる。「まぁ、いいわ。とりあえず宿に行ったら、あんたが何を知らないかを聞いたげるわ。」とレイヴンが言うと、ガラハッドは、「そのヤドとは何なんだ?」訪ねた。
尋ねられたレイヴンは、
「説明するより見たほうが早そう…」と呆れた。

現在の宝石の数
ガラハッド:橙色1、赤色1、
レイヴン:黄色1
パーシヴァル:黄色3
                                  続く…

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く