ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

9話 宝石の騎士②

薪はパチパチと音をたてて
燃えている。
「私は、レイヴンよガラハッド」
「そうかよろしく」 
二人の会話は自己紹介から始まり、
レイヴンが続けて質問した。
「あなた達は何者なの?」
ガラハッドは答えた。
「私達は、宝石の騎士。
各色の宝石を守る者だ。」
「どういうこと?」とレイヴンは質問した。
対してガラハッドは、
「少し昔話をしてやろう。」
と言って、語り始めた。
ある所にマーリンという
偉大な魔法使いがいた。
その男は、いくつかの宝石を作った。
そのかけらは、使い切りなら
ストーンと呼ばれ、
永久的に使えるものをクリスタル
そして、永久的に使え、
力がとりわけすごいものを、
宝石ジュエリーと読んだ。
そしてガラハッドは続けた。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く