ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

8話 宝石の騎士①

攻撃を当てることにレイヴンは、成功した。「グ…危ないもう少しで、宝石が、体からはじき出されるところだったよ…」とパーシヴァルが言った。 
レイヴンは、「浅かった…」と言った。「無理もないあの速さだ。」と
ガラハッドは言いつつ、心の中で、
この剣技誰に教わったか聞きたいくらいの腕だな、私が指南してやりたいくらいだ。と呟いた。
「ここは退くとするよ」と言って、
パーシヴァルは、何処かへ行った。
それから、レイヴンとガラハッドは
二人で夜を明かすことになった。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く