ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

5話 ディス・モーメント

レイヴンは、剣の柄に宝石をはめた。
「よし!剣を起動させて、属性付与しろ!」焦りつつも、撃退できそうで嬉しそうな声でガラハッドが言った。
しかし、
「そんなシステムこの剣にはないわよ!」とレイヴンが言った。
「何!」と言って、ガラハッドは、
驚いた。
「どうやら期待はずれだったようだね…」と割とほっとした様子で、
パーシヴァルが言った。
「あの女の能力に賭けるしかないか…」そう心の中でつぶやいて、
「おい!お前の能力はなんだ!」と
ガラハッドが言うと、
レイヴンは、ガラハッドに対し
驚きの返答をするのだった。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く