ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

4話 ザ・ショック・オブ・ザ・ライトニング

レイヴンの剣とパーシヴァルの爪が交わった。
「どこまで耐えれるか楽しみだね」
とパーシヴァルが言った。
するとガラハッドは、
「気をつけろ!奴の攻撃は段々加速して止められなくなるぞ!」と言ったが、「もう遅いわよ…」とレイヴンが言った。
レイヴンは、段々攻撃を受けきれなくなってきていた。
「だめ…間合いを広げても速さで詰めてくる…」
するとガラハッドはレイヴンの剣のあることに気づいた。
「おい!その柄のくぼみにさっきの宝石はめてみろ!」
レイヴンは、宝石をはめた。

「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く