ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

3話 スタンディングバード

彼女は、女扱いされるのを嫌っている
それは、自分がか弱い者に思えてくるからであるしかし、それは彼女自身の
弱さであると彼女自身も
理解している。
「来なさい!
スタンディングバード!」と言うと、
どこからともなく黒くカラスを
彷彿させるような鎧(アーマー)が
現れた。そして彼女はそれを装着した
「スタンディングバード」
それが、彼女のアーマーそして、誇りである。
「アーマー使いなんだならやるしかないようだね」とパーシヴァルが言う
「あんたもでしょ?」とレイヴンが訪ねた。
「アーマー使いとは違うね」とパーシヴァルが返した
すると、パーシヴァルが仕掛けた、そして彼の爪と
レイヴンの剣が交わった。


「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く