ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

2話 プレリュード

レイヴンは、「ぐわッ!」という声の方に行き、
茂みに身を潜めた。
「僕の6つある内の1つがこの近くにあるはずなんだけど君でしょ?
ガラハッド?」
「持ってはいない。俺が持ってるのは橙1つだパーシヴァル。」
「だったらその橙も、もらおうかな」
と言って爪で刺そうとした時
「私が、持ってるわ!」レイヴンはなぜそう言ったのかはわからない。
「ん?そうなの?だったら僕に返してよ」とパーシヴァルが言うが、
ガラハッドは、「駄目だ!そいつに宝石を渡すな!」と言った。
その瞬間、パーシヴァルが消えた。
「どこ?」
「宝石3つじゃこれっぽっちの力しかないや」
「避けろ女!」
間一髪レイヴンは避けた
「やるね、君」とボルツは言う。
「女で悪かったわね!あんた後でボコボコにするわ、とにかく今はこいつを倒すわ。来なさい!スタンディングバード!」



「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く