ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード

ベアーズガーデン

1話 レイヴン・ケイ

「今日は野宿のようだな」
こう言って、野宿の準備をしているのは、レイヴン・ケイ16歳で一人で各地を歩き回りつつ、魔物を退治して金を稼いでいる。一人旅なのは、両親共々
一人娘をほったらかしどこかへ蒸発
したからだ。
それから彼女は人見知りだが気が強くなった。その性格のせいで一人である
「ご飯を調達して、火を起こす準備をしよう」
そう言って、枝と石を集め、
鳥を4羽捕まえたときだった、
木の根本に黄色い宝石が落ちていたので
「ん?これはなんだ?」と言って
レイヴンは、宝石を拾った。
「これは高く売れそうだ」と
取った鳥を焼きながら言っていると
「ぐわっ!」といった声がしたので、
レイヴンは様子を見に行った。


「ファンタスティックワールド3章ヒット・ザ・ロード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く