話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

玲奈の異世界干渉記

はるもね

7話 お店 その2

「あらためて自己紹介をしますね 私がここのお店のオーナーのレーナです」


「レーナ様の補助えおさせていただいているアーリーです」


玲奈とアーリーが 採用した3人の前で挨拶する


「アルメリーと申します よろしくお願いします」


若い女性がつづいてて挨拶をする そのあと 幼女2人があいさつをする


「カリナです よろしくおねがいします」


「アンジーです よろしくおねがいします


レーナオーナーよろしいでしょうか?」


アンジーが玲奈に尋ねる


「はい アンジーちゃん どうしたの?」


「えっと 募集内容で1日あたりとお聞きしている金額がおかしかったので確認させていただきたいと


思います」


「確か 1日あたりとうかがってますが 小金貨1枚 銀貨5枚 というのは 


1月の間違いではないでしょうか?」


「1日あたりのつもりですが どうしてそう思いましたか?」


「このあたりは 物価も高くなく 1日300コルスから500コルスあれば 生活は可能です


その300コルスも 家がない場合にかかる費用です


300X30=9000 銀貨9枚もあれば 1月過ごせます


1日 あたりに小金貨をだすような運営を行えば すぐに破綻してしまいます


伝達ミスということにし 1月の値段ということで いいのではないかと思いました」


玲奈は 日本の物価で考えていてしまった


1コルスあたり1円


時給1000円で11時間+管理者手当て それで15000円 銀貨15枚 


つまり小金貨1枚と銀貨5枚


玲奈の周囲の執事も従者も玲奈が言うことであり 資産がたくさんあるので


レーナ様の慈悲のひとつとして受け止められていた


なので金額についてはアーリー以外は何も言わなかったのである


「そう でも採用してから給料が変更されるのって いやじゃない?」


「大丈夫です もともと間違いだと思ってましたので」


「そう? アルメリーさんは どう?」


「実は私も間違いじゃないかなって思ってましたので問題はないです」


「他の面接予定者には面接時に尋ねることにします」


「じゃあ申し訳ないんですけど とりあえず1月の値段って言うことで 給料のUPは


レストランの売り上げをみておいおいってことで」


「はい わかりました」 


「あと アルメリーさんが 店長です カリナとアンジーは スーパーバイザーとしてお願いします


しばらくの間はスーパーバイザーとしての仕事は 店長の補佐という形にします」


「あと聞きたいことはありますか?」


「いいですかオーナー?」


「はい どうぞ」


「貴族の方が来店された場合はどうしたらいいですか? 一見見たところ


 販売箇所のカウンターと レストランが1つの建物のように見えるんですが


奥に貴族さまようの個室などがあるのでしょうか?」


「いえ ここは 貴族向けのお店ではなく 冒険者や平民向けのお店になります


ゆくゆくは貴族向けのお店も開く予定ですが それまでに来店された貴族の方は


 平民と同じように購入していただく予定です」


「それでは 貴族の方に不敬になりませんか?」


「そのあたりはきちんとかんがえていますので 大丈夫です


対応はこちらでしますので心配しなくても大丈夫です」


「わかりました それではお願いします」



「玲奈の異世界干渉記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く