話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

玲奈の異世界干渉記

はるもね

2話 玲奈の最近

玲奈はBPを消費していくつかのスキルとマジックを取得した


取得したものは以下の通りである


スキル(A)
空間操作 LV0(10/100)
空間拡張 LV0(10/100)
人形操作 LV0(10/100)
魔法陣作成 LV0(10/100)


スキル(P)
身体強化 LV0(10/100)
魔力強化 LV0(10/100)


マジック
アンロック LV0(10/100)
ロック   LV0(10/100)


残りBP2


玲奈は必要に応じてスキルやマジックはとることにし 取得しづらそうなものをさきに取得した


※※※


カーティアの街での生活は そろそろ3ヶ月を超えてくる


毎日 来る ある人物に 玲奈は少し疲れていた


それは 王様である


8年ぶりに 見つかった孫娘のところに毎日来るのは わからないでもないが


玲奈にとって 王様はおじいちゃんではなく 知らない王様なのである


記憶がないといっているのにも関わらず 毎日やってくるのである


王様が王都を抜け出してカーティアの街まで来ていていいのだろうか?とも思わないではないが・・・


そして 王様は必ずおともに 家族を一人連れてくるのである


王妃は まだきたことはないが 王子たち そして 王女たちを 日ごとに変えてつれてくる


玲奈の午前中の勉強の時間が過ぎると 王は王都へと戻っていくので まだなんとかなっているが


毎日は勘弁して欲しいと玲奈は思っている


連れてくる王子たちや王女たちは 最近は王子のクリフ レプトス 王女のトワでのローテーションに


なったみたいで その3人が代わる代わるつれられてやってきている


だいぶ王女のトワに玲奈は気に入られたらしく 来るたびに玲奈おねぇ様 玲奈おねぇ様と


後をついてきている


その姿がとても可愛らしいのでトワに関しては玲奈も気に入っているようである


クリフ王子は玲奈があまりにも勉強ができるため 玲奈に対して少し嫉妬しているようである


最近の口癖は レーナはずるい レーナはずるい である


玲奈はそれを聞きながらも 子供のいうことだからと 流し気味に聞いている


レプトスは まだ良くわかっていないようではあるが 玲奈に対してはいい弟のようなかんじである


王子や王女は 夕食が終わると 王都へと戻っていく その際にはかならずお迎えが来ている


アーリーはというと 玲奈と一緒にいられるための勉強を必死にがんばっている


お昼から玲奈と一緒に行動ができるので 玲奈と一緒にお昼を食べ午後から一緒に過ごすことが多い


夕食後はまた勉強に戻っているようである


ここ3ヶ月の玲奈はアスランダ王国の歴史やバルバラードの歴史 


この世界の歴史など 社会情勢に力を入れて勉強している


3ヶ月でだいぶこの世界の一般常識も身につけた そろそろ 玲奈は動き出しても良いかなと


思っていたのである



「玲奈の異世界干渉記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く