話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

玲奈の異世界干渉記

はるもね

15話 レーナとメイド

玲奈は自室といって宛がわれた部屋に入ると


1部屋だと思っていたが 続き部屋で5部屋で1つだった


メイド長から説明を受ける


どの部屋も20畳は越えており広い


部屋の内訳は次の通りである




来客用 対応室


大きなソファーが2つ置いてあり ソファーの間にテーブルが置いてある


大きな窓が壁側にあり 昼間は太陽の光をもれなく取り込んでいて部屋を明るくしている


夜間は 星空が一望できる




寝室


真ん中におおきなベッドが置いてある


ベッドの上に天幕が張ってある




クローゼット室


部屋に入るとたてに長細い廊下が入り口から6本続いており


その長細い廊下の左右 すべてがクローゼットとの事




所用室


部屋の主が部屋で過ごすときに主に使用する部屋との事


いろいろなことができるようにここを好きに改造するものらしい




それらの部屋とは別に もうひとつの扉があった


そこは メイドの準備室らしく 玲奈がメイドを呼ぶとそこから出てくるらしい


中は残念ながら見せてもらえなかった


各部屋にベルが置いてあり メイドを呼ぶと気はベルを鳴らすと来てくれるらしい


メイド長に話を聞いたところ この部屋はすでに10年前から用意されていたらしい


玲奈が遊びに来たときようにと 準備されていたとのことである


メイド長は他にメイドが3人 玲奈につくことを説明する


「レーナ様つきメイドになりますのが アネイル ポーラ キア の3人です


レーナ様にご挨拶を」


3人のメイドは緊張した面持ちで挨拶をする


「アネイルです よろしくお願いします」


「ポーラです よろしくお願いします」


「キアです よろしくお願いします」


玲奈はそれに答える


「レーナです よろしくね」


「私は ご夕飯時にお呼びに参ります それまではこの部屋でお過ごしください


何か御用がありましたらお呼びください それでは失礼します」


メイド長はそういうと部屋から出て行った


「お茶の準備をします」


アネイルがそういってお茶の準備を3人で始めた


紅茶の用意をしメイドたちは下がる


玲奈はメイドが入れてくれたお茶を飲みながら 部屋ですごすことになった


(ひ・・ひろすぎておちつかない・・・・・


やっぱりここにいると 何もさせてもらえないような気がするしねぇ・・・


カーティアの町っていった 私グッジョブかも・・・)


玲奈はメイドを呼ぶベルを鳴らしてみた


「何か御用でしょうか?」


アネイルがすぐにやってきた


「お茶ありがとう 下げてください あと お城の中って見て回っても大丈夫ですか?」


玲奈が尋ねるとアネイルが答える


「はい わかりました お城の中はどうぞご自由にごらんいただいても大丈夫とうかがっております


ただ結構な広さがございますので迷子になられませんよう案内の者を1人 お付けできますが


いかがなさいますか?」


確かに王城は広そうである 玲奈一人では今の場所までスムーズに戻ってこれるかわからない


「それじゃ 案内の方を お願いしても良いですか?」


玲奈がそうアネイルに言うとポーラがでてくる


「では 私がご案内させていただきます」 と言った


玲奈はポーラに王城の中を案内してもらうことにした



「玲奈の異世界干渉記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く