話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

夢幻

プロローグ


 子供の頃、男なら誰しも一度はヒーローと言う存在に憧れを持った事があるのではないだろうか?
かく言う俺、海真桐人も小学生ぐらいの時はテレビで活躍するスーパーヒーローに憧れていた一人だ。
変身ベルトを買って貰った時は嬉しくて舞い上がったし、祭りの時に買って貰ったお面を被れば本当にヒーローになった様な気になって毎日暗くなるまで友達と遊び回ったっけ。
そもそも、その頃の俺がこうしてヒーローに憧れたきっかけはなんだったか。
…そうだ、幼稚園の頃親父に読んでもらった、昔話の桃太郎がきっかけだった。
絵本作家だった親父は、とにかく絵本が大好きで、よく俺に桃太郎とか浦島太郎とかみたいな有名所の絵本を読み聞かせてくれたし、たまに自分で作った物も読んでくれた。
その自作の中でも、小学校低学年くらいに読んでもらった正義感が人一倍強い少年の話は、当時の俺の中でとても衝撃的だった事をよく覚えている。
昔話の桃太郎みたいに主人公の少年は、村人を怖がらせる鬼を退治する為に仲間を集めて冒険するという話で、設定自体はベタでありふれた物。
面白味が無いと言えばそれまでなのだが、親父が作った話はその類いの話とは展開が大きく違っていた。
主人公の少年は最初こそ正義の為に力の限り敵に立ち向かって行くのだが、最終的に鬼退治をやめてしまうのだ。
その理由は何だったか。
まぁとにかく、当時の俺にはその結末がどうしても納得いかなくて、
「こんなの俺が知ってるヒーローじゃない!こんな奴弱虫だ!」
ムキになって親父に文句を言った。
そしたら親父はそんな俺を見て大笑い。
「ははは!確かにお前の言う通り、この主人公の少年は弱虫かもな。
でも、良いか桐人。
一つの事を信じ抜く、と言うことはとても難しい事なんだぞ。
中にはこの少年の様に信じていた物を途中で諦めてしまう人間だって居る。」
そう語る親父の表情はどこか寂しそうだった。
「お前もこれから何か一つの事を信じ抜こうとすれば、それがどれだけ難しい事か気付く時が必ず来るだろう。
そこでそれを諦めるか、それでも信じ抜くのかはお前が自分で考えて決めていかなくちゃいけない事なんだ。
その選択によって失う物があるにしてもだ。その中で信じる物が変わる事だってある。
だから桐人。
ヒーローになりたいなら、まずは一つ信じ抜ける物を見つける事だ。
たった一つで良い、それを探すのにどれだけ時間がかかっても良い。
何度塗り替えられても結局最後まで絶対に譲れない物を見付けて、それを全力で守れてこそ本当のヒーローだ。」
「うん。」
こうして、俺の中でのヒーローと言う存在の定義は確率していく。
これから俺が語るのは、そんな正義感を信じる俺が体験した、あまりにファンタジックな体験談だ。 
それは、現実離れしているのにあまりに現実的。
残酷で、もどかしくて、厳しい。
でもどこか温かみがある、そんな物語。
あいつと出会ってから、俺の日常は確実に変化していく。
そしてそれは、あいつにとってもそうであると願う。

「夢幻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く