笑って、お姫様

七島さなり

7

 あの有志団体騒動から二ヶ月。毎日を忙しく過ごしている内に、いつの間にか文化祭一日目になっていた。


 わたしは人の居ない道をゆっくりと歩き、ふぅと小さく息を吐いた。


 今日は忙しくなるな、と目を伏せる。


「姫―!」


 すると、遠くでわたしを呼ぶ声がした。


「……堂抜」


 顔を上げて相手の名を呟く。


「はやいね」
 走ってきたらしい彼は、肩で息をしながら人懐こそうな笑みを浮かべる。


「生徒会があるから」


「あ、じゃあノセ君も一緒?」


「そう」


 堂抜の息が整うのを待って、二人で並んで歩く。あの日以来、堂抜とは親しくしてもらっている。


 今思うと何故笑ったのかよくわからないが、何であれ、わたしを笑わせてくれたのだ。堂抜に感謝している。


「なんか、姫、嬉しそうだね」


 ふと堂抜が言った。


「そう?」


「うん」


 とんとんと前に堂抜が出てくる。


「ほら、笑ってる」
 言われて自分の頬に触れてみた。特に何か変わっている様子はない。


「気のせいじゃない?」


 わたしはその横を抜けて歩いていく。


「気のせいじゃないよ」


 堂抜はすぐに追いついてきた。


 そして、突然「えへへっ」と笑い出す。


「今日も楽しい一日が始まるね」


 浮き足立っている彼に、わたしは小さく頷いた。


「そうね」


 遠くで「二人とも!」と一ノ瀬が呼んでいるのが見えた。
「おはよう」


「おはようノセ君」


「おはよう。朝からラブラブ?」


「違う」


 ニヤニヤと笑う顔を睨み、パンチをする。それは当たる直前で避けられた。


「あっぶないわねぇ」


「変なこと言うから」


 今もまだ緩んでいるその顔を睨みつける。


「まあまあ」


 それを堂抜が間に入って止めた。


「それより、二人は今日、文化祭どうする予定」


 そして握り締めた手を一ノ瀬に近付ける。マイクのつもりだろうか。


「あたし? あたしはなんか土下座して頼まれたから後輩達と周るわ。クラスのもやらなきゃいけないし」


「姫は?」と言って、今度はそれがわたしに向けられる。


「わたしはずっと生徒会。でも篠と小笠と城崎君の漫才は見に行くつもり」


 そっちは向かずに答えると、堂抜けは明らかに落ち込んだように眉を下げた。


「えー! それはつまんないよ!」


「別に……。去年もそうだったし」


 堂抜の声が明るいせいか、自分の声が沈んで聞こえる。


 もしかしたら、実際に沈んでいるのかもしれないが。


「あたし達も毎度言ってはいるんだけどね。せっかくの文化祭なんだからもっと楽しみなさいって。さっくんが良ければ、この子と一緒に回ってあげてくれない?」


 それに気付いてか、一ノ瀬が言った。顔がにやついているのはなぜだろう。


「それ良いね! 姫、僕と回ってよ!」


 一ノ瀬とは違う、邪気のない堂抜の笑顔。


 悪意のないその頼みを断れるわけもなく、


「……ぜ、是非」


 わたしは短くそう答えた。


「やった! 断られなかったよ、ノセ君!」


「良かったわねー」


 そんなこと他愛のないことに反応して横でじゃれあう二人。


「変なの」


 わたしは小さく笑みを零した。


「変かな?」


 堂抜が首を傾げた。


「うん、変」


 わたしが頷くと


「でも、楽しいでしょ?」


 一ノ瀬が面白そうに言う。


 わたしは一拍置いて


「ええ、そうね」


 と言った。

「笑って、お姫様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く