憂鬱の雨

Rain

憂鬱への渇望 4

安藤様はシャワー中も私を呼び出しては、下のお世話を強制させられた。腹パンチして欲しかったけど、個室では身動き取れないし…何より
『シャワー室は水流すからある程度声は出ない。口を開けろ 』
そう言っては私の口を無理矢理開かせてキスをしてきた。
「……ん…… 」思わず声が出た。ほんと私キスは弱い…すぐに感じちゃうみたい…
『なんだ、キスがいいのか、ビッチめ』
誹謗中傷には慣れてるが、こんな人には言われたくない。
すかさずお腹を殴ってくる。
「んぐ……」
キスしながらの腹パンチはやばい。ほんとトぶ。意識が、
「んぐ…ぐぇ……んちゅ……」 
シャワー室に水とは別の卑猥な音が鳴り響く。
段々お腹の感覚が薄れていく。ずっとキスしたまま殴るからもう……。

気付いたらシャワー室で横たわっていた。
結構な時間やられてたみたい。安藤様は先に出てゆっくりしていた。
「……いたっ…うわ、青……」
指がふやけるくらいに水に当たっていたらしい。指先が白い。
お腹は赤痣を通り過ぎ全体的に青タンが出来ていた……
やりすぎでしょ……今までの客で最悪かも

「憂鬱の雨」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く