どうやら主人公はお節介が過ぎるようだ

ミルクプリン

1章 なんとなく従魔にする

「8号17号38号50号は前に出てきてくれ。君たちの固有スキルちからが必要だ。」

12号によるなにかが始まった。取り敢えず今呼ばれた三匹を見てみる。



調律王シラベノオウ】8
バランスを調える。

超越王カギリナキモノ】17
限界をなくす。

形態変化カワルモノ】38
形を変える。

共有者ワカチアウモノ】50
同種族に限りあらゆるものを共有する。
スキルは自分の物しか共有出来ない。


大体予想がつく。念話で内々に進めた結果こうなった。




1号 ?歳 スライム族 従魔(眷属)

レベル1
HP   5
MP  5
力    5
敏捷5
耐久5
魔力5

スキル
(採取LV1)

固有スキル
王権神授オウヲエラブモノ
誘魔者マヲサソウモノ
手無足無王ダルマノオウ
霊魂召喚ソールサモン
切断王タチキルオウ
瞳の簒奪者メヲトルモノ
神運王ツイテイルオウ
調律王シラベノオウ
憤怒者イカルモノ
【天地創造】
烈火王イキオイノオウ
導師ミチシメスモノ
超過集約チョウカシュウヤク
【予言者】
再生王サイセイノオウ
溶解王トカスオウ
超越王カギリナキモノ
薬王ヤクシノオウ
傲慢者オゴルモノ
間王ハザマノオウ
奪王ウバウオウ
影潜者カゲニヒソムモノ
圧砕王アッサイオウ
建御雷之男神タケミカヅチノオノカミ
暴風使者カゼノツカイ
色欲者マドワスモノ
虚無王アラヌオウ
強欲者ホシガルモノ
神の天秤サバクモノ
【遺伝子改造】
不動王ウゴカヌオウ
虚構王ユメノオウ
嫉妬者ネタムモノ
天候奏者テンキノシキシャ
貪欲者ツキヌモノ
凌駕王ウワマワルオウ
契約者ケイヤクスルモノ
形態変化カワルモノ
迷宮神マヨワセノカミ
聖域王キヨキオウ
壊王ハカイノオウ
拡張者ヒロゲルモノ
暴食者クライツクスモノ
蛮勇王タケルオウ
予測者ミライヲツクルモノ
統王スベシオウ
怠惰者ニブイモノ
常勝王カツオウ
増殖者フエルモノ
共有者ワカチアウモノ

称号
従魔サーヴァント
眷属
解放者
怪物(即死耐性)
最弱最強




全ての個体が固有スキルを50個持っている状態になった。

まず、50号のスキル【共有者ワカチアウモノ】の説明の《同種族に限り》の部分と《自分の物しか》の部分を17号のスキル【超越王カギリナキモノ】で制限を解除。

8号はそれぞれのスキルが暴走しないように【調律王シラベノオウ】で調整。

そして、新しい50号のスキルで38号の【形態変化カワルモノ】を全ての個体に共有。

そのついでだからという訳で全ての個体で固有スキルを共有することにしたと説明を受けた。

これはもう12号が盛大にやらかしてくれたと言っても過言ではない。固有スキル1つで国1つを余裕で消せるものがある。

全てがそうとは言わないが、これだけ固有スキルがあるのだから1つや2つそのようなスキルがあっても不思議じゃない。

とくに、36号の【凌駕王ウワマワルオウ】と48号の【常勝王カツオウ】は最たる例だ。



凌駕王ウワマワルオウ
相手より少し強い力を常にもつ

常勝王カツオウ
能力の差が自分が勝るもしくは、近いなら確定で勝つ。



この組み合わせだけで一対一なら勝てると言うことだ。もしくは、ステータスで負けることはないということだろう。

「ボス。これでワタクシめでも学ぶことが出来ます。」

8号はそれは嬉しそうに形態変化カワルモノ人形ひとがたになった。初めての変化とは思えない程にクオリティーが高い。人体の基本的な構造は勿論内部までしっかりと再現されている。

他のスライム達も思い思いの姿に変化していた。人族、獣人族、ドワーフ族、エルフ族、ダークエルフ族、吸血鬼族、巨人族、魔族、悪魔族、天使族、神族等etc…。

当の8号は龍人族ドラゴニュートだ。形態変化カワルモノの発動条件は一度でも関わったことがあるもの。8号の場合、龍人族ドラゴニュートの皮膚片を取り込んだことがあるらしい。

それにしても…。何で全員5歳児体型なのだろうか。50匹全てが子供だった。取り敢えず全ての個体に技を教えることにした。レベルを上げれば大きくなるだろうか。

まだ、数匹野良のスライムが残っている。コイツらも合わせたらどうなるのか……。悪戯心と言うか、魔導師の癖というか、明らかにパワーバランスの崩壊、オーバー戦力だと分かりながらももっと増やしたいと考えてしまった。

やってしまった。75号まで増えた。固有スキルもえげつないモノばかりだ。



確率王カノウセイノオウ

探偵王タンテイオウ

英雄王ギルガメッシュ

世界辞典ワールドアカシックレコード

異界の武将ウエスギケンシン

異界の魔王オダノブナガ

異界の智将モウリモトナリ

読解者ヨミトクモノ

迷宮支配者ダンジョンコントロール

種蒔きタネマキ

【伝説の魔法剣士】

伝説の斥候レジェンドスカウト

伝説の聖騎士レジェンドパラディン

伝説の聖女レジェンドセイント

【伝説の戦闘狂】

【伝説の魔王】

【伝説の秘書】

【伝説の執事】

【伝説の大賢者】

伝説の薬師ルイース

【伝説の狩人】

【伝説の商人】

【異界の医者】

過去視者サカノボルモノ

観念の支配者スリカエルモノ



武術を教えてくれという願いは58号の共有済み固有スキル【読解者ヨミトクモノ】で俺の動きを解析し、この体系化された動きの理念であったりとかを全ての個体が読み解き理解したようだ。

さらにそれを咀嚼し、固有スキル【建御雷之男神タケミカヅチノオノカミ】やその他スキルの影響で自らの技術に昇華させることに成功していた。もう、魔力を使っての戦闘も形だけならできており、後は経験を積ませるだけだ。

はてさて、スライム達のお陰でかなり多めの薬草を取ることができている。今日の目的は粗方クリアしていた。日も落ち始めている。夕日に燃やされる草原も絵になっていて美しい。こののどかな風景を心のアルバムに残しておく。

この素晴らしき景色に後ろ髪を引かれながらも町に帰る。一体に纏まったスライムを連れて。





「どうやら主人公はお節介が過ぎるようだ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く