話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件

ノベルバユーザー343700

2話 レベルアップとステータス

レベルが上がりました!


……




「やっと止まったか。これがレベルアップって奴なんだろうな。強くなったて言う実感はないけど。」


はじめてのレベルアップ。それだけでなんだか嬉しくなってくる。
でもどれくらい強くなったのかわからないな。
どうすればみることができるんだろうか。
やっぱりファンタジーだから鑑定魔法とかあるのかな?
それじゃないと見れないとかだとすこし困るな…


でもステータスが見てみたい。
意味はないだろうが念じてみるか。


「ステータスみたいステータスみたいステータスみたいステータスみたい………」


………


ピロン!


「(びくっ!)わっ!ホントに出てきた……え~となになに……」


僕の前にパソコンの画面のようなものが表示される。


そしてそこに僕のステータスが記してあった。


こんな感じだ。


━━


ステータス


名前 ケイ


所属パーティー
所属不可


職業
無職


職業スキル
無し


個人スキル
【一匹狼】


効果 
パーティーが組めなくなる。
?????
?????
?????


【幸運】
ステータスの運が150上昇


基礎スキル
【言語理解】
ある程度の言葉を理解、使用できる。


レベル
27


体力
238



254


??
???


防御力
194


すばやさ
238


知能
75



150


加護
ゼウスの加護


効果
スキル言語理解獲得
質問に答えてくれる。
その代わり5回まで。
(5/5)


━━


「おお、これがステータスか。でもステータスが数値で表されてるけど高いのかわからないな。文字化けしているところもあるし。」


目を凝らしてじっくり見てみると加護というものがあった。


「え~と、何々、質問に答えてくれる。ただし5回まで。それとスキル【言語理解】の獲得……あの神様ホントに優しいな。これである程度異世界でいきられる!」


本当に感謝の一言に尽きる。


それにしても今まで運が良かったとは思っていたけど幸運何てものも持ってたんだな。


ここでちょっと試しに一回加護の力を使って質問してみるか。


「加護さん、一般人の平均のステータスを教えてください。」


『今映し出します。少々お待ちください。』


ステータス画面にインターネットを使ってるときによく出るぐるぐるが回っている。


そして1分後


『ただいま回答が出ました。一般人のステータスはこのようになっております。』


━━ 


レベル



体力
35



41


??
??


防御力
25


すばやさ
40


知能
43



47


━━


一般人でこれならその5倍ほどのステータスがある僕は結構強い方なのだろう。


少し自信がつく。


それにしてもなんでこんなにレベルが高いのだろう?


まだ一体しか魔物倒してないのに。


おかしいなぁ


とりあえず次は町の方向を加護に聞くか。


町にいけばステータスの秘密もわかるだろうし、そろそろおなかがすいてきたから早めに町につきたい。


という訳で加護に質問をする。


「加護さん。この辺に一番近い町ってどこ?」


そしたらまたぐるぐるが回って回答が出る。


『今あなた様が向いている左側を真っ直ぐいけば王都ヴァレスティアというところにつきます。徒歩で2時間。走ると20分ほどでつきます。』


やはりステータスが上がったからなのか徒歩の時と走ったときの差が尋常じゃない。


「とにかく王都ヴァレスティアまで出発!」


こうして僕は町に向かった。



「スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く