スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件

ノベルバユーザー343700

1話 転移先は……森?

「ん……ここは?」


ヤバイスキルを当てて、スキル内容がひどくて倒れて……そこから記憶が途切れている。


「ところでここはどこだ?」


ちゃんと服は着ている。


それでいて場所がかわからない。
なぜなら前に木、右に木、左に木、後ろにも木………ってどっち向いても木じゃん!な状況だからである。


「もしかして転移先って……森のなかだったりしないよね……」


すごいことに予想的中である。


━━━




うああぁぁぁ!!


叫び声が森の中にこだまする。


声の主は……ケイである。


「どうしてこんなことにぃぃ!」


時は遡って30分ほど前
 

━━━


「こんな森のなかじゃどうしようもできないよ……」


「とにかく町を探さなくちゃ!」


そう決心して森を歩いていた。


すこしして


「そういえば中世ヨーロッパって偉い人しか名字がなかったような気がするから苗字はない方がいいか。そうすると……佳だから、ええと……そうだ!安直にケイにしよう!」


本を読むのがかなり好きだったのでこのようなことはすこしばかりしっている。


「でも町見つからないな~。人工的なものもないし。森の相当奥なのかな?」


すると


「ガサッ」っと音がなった。
どうやら草むらからみたいだ


「ひっ!」


驚いて裏声が出てしまう。


そういえば魔物がいるっていっていたっけ。


「く、来るならこい!」


近くに落ちていた木の枝を手に取り構える。
武道の経験はないので心許ない構えだ。


「ガサガサガサッ」


「うわああぁ!?………あ?」


草むらから出てきたのはなんとも可愛らしい角の生えたウサギだった。


「な……なんだよ、驚かすなよ……」


構えからいつもの姿勢に戻しウサギに目をやる。


「角が生えているウサギとかいよいよファンタジーだな。」


ここにきていよいよ自分が異世界に来たということを実感する。


「こんなウサギにびびって情けないなぁ、僕。」


心のなかであははとすこし笑う。


「ブルブルブルブル」
 

急にウサギが震えだす。


「な、何?!今度はなんなの?!」


さっきのウサギが震えているみたいだ。
そしてウサギの方に顔を向けると


「GURAAAAAAAA!!」


鬼のような面をしたウサギがそこにはいた。


「うああぁぁ!」


そして今に至る


━━━




ハァハァ……


あのウサギから逃げるために全力疾走で森を駆け回る。


けれどもウサギも負けじとピョンコピョンコいやスダダダダとすさまじい勢いの四足歩行で追いかけてくる。


「もう…ヤバイ……体力…がっ……限……か……い……」


こんなところで死んでしまうのか。


転移したばかりなのに…


そんなことを考えてしまったその時。


ドガガァァァン!!


森に轟音が鳴り響く


近くにいたであろう鳥たちは遠くへとガサガサ音をたて逃げていく。


音から遅れて


「GYAOOOOO!」


とウサギの悲鳴が聞こえる。


そしてウサギがドサッと音をたて倒れる。


どうやらウサギは僕に集中しすぎたせいでファンタジーなものすごく硬い石に激突して絶命したようだ。


「た、助かった……のか?」


パラパパーン
 

レベルが上がりました!


レベルが上がりました!


レベルが上がりました!
 

……


「えっ、どゆこと?」



「スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く