話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

コミュ障だけど転生したし、なんだかいけそうな気がします!!

soltier

通常のダンジョンの方が大変な気がします

次の日、準備もそこそこに拠点を出発した
舟はちゃんとしたのを借りれたのでこの階層での移動は更に楽になるだろう

「ここに魔力を流すと動く魔法動力が使われてるみたいね」

「魔石でも代用できるのだ」

おぉすごい、なんか最新式の舟って感じだね。こういうのは魔道具とかの小さい物でしかみたことなかったけど、乗り物でもあるんだね。

いずれ魔法を使った自動車とか出てきそう。どこかでもう開発されてたりするのかな?

「これで移動は楽ですね〜、ここは私に任せてください」

私は舟の動力を動かすところに手を当て、魔力を流す。

「おぉ!動いた!」

方向転換は別の人が操縦するみたいだから私は魔力を流すことに集中する。

「あたしの出番無くなっちゃったね」

「ルーナちゃんはもう頑張ったので休んでてください」

「いやいや、休む暇はないのだ。テナはもう魔物の迎撃をしているのだ、我らもするぞルーナ」

サーティアさんは舟の操縦、私は魔力を流しているので他の3人が飛び出してくる魔物を倒していく

「おっきいのきたぁ!?」

今まで見た中で一番大きいのが飛び跳ねてきた。このままじゃ舟ごともってかれる!

咄嗟の判断でテナちゃんが一刀両断、ルーナちゃんが魔法で勢いを弱め、クロエさんが両側に飛ばしてなんとかことなきを得た

「す、すごいわね」

「すごいです」

「ふふふ、我らの連携は完璧なのだ!」

「ふぅ〜、なんとかなったぁ」

「今の私かっこよかったですよね!」


もはや怖いものなしの私達はそのまま順調にこの水没した特殊階層を抜けた。

「舟はここで止めておけばいいわよね」

「うぅ、結局船酔いしたのだ」

「あれだけ激しく揺れたからね」

終始魔物達が周りを泳いで飛び跳ねてくるから舟は右に左に揺れまくっていた。私も乗ってるだけだったけど疲れたよ

「休憩したらここからは通常ダンジョンになるはずだからまた気合を入れ直すわよ」

この先に危険な何かがいるのか、それとも次の特殊階層にいるのか
とにかく警戒しながら進まないとだね


休憩が終わってダンジョンを進む。聞いていた通り普通の洞窟が広がっていた。

「ここから先の地図はないわ、だから勝手に進まないでゆっくり探索していくわよ」

出てくる魔物は上層でみたようなやつの上位互換だった
特殊階層の魔物と比べると対処は楽だ
だけど、罠があったり迷宮になっていて迷ったりと本来のダンジョンの大変さはあった

「なかなか不自由ですね。狭いし危ないし、私一人じゃ絶対進めません」

特殊階層で大活躍していたテナちゃんは通常のダンジョンとなるとその力を存分に発揮できなかった
空間が狭く、激しい攻撃は私達にも当たってしまうかもしれないことで動きが制限され、先に行くのも迷ったり罠の危険があるためできないから大人しく戦うしかない

「テナはしばらくおとなしくしてるといいわ。ここは私に任せなさい」

逆にサーティアさんは軽い身のこなしで魔物を倒したり罠をよけたりと狭いダンジョン内でもいつもと同じくらいの力が発揮できていた。


「みろ!宝箱が置いてあるのだ!」

「絶対無闇に触っちゃダメだからね」

行き止まりのところに宝箱が置いてあった。ダンジョンにはこうして宝箱が配置されることがある。中には罠だったり有用な道具だったり魔石だったりする

宝箱ごと回収した後でも魔物みたいに一定時間後に復活するらしい

「こういう時は私が行きますね」

もし罠とかでも対処はできる
探知魔法からしてミミックとかではなさそうだけど

壁や床に変なスイッチがないか確認しながら慎重に進んで宝箱を開ける

「特に罠ではないみたいですね。中身はこれでした」

中身は金貨が数枚入っていた

「なんだお金か」

「いやいや、それでもお宝ですよ!すごいですリィアさん」

みんなの反応は微妙だったけどテナちゃんは嬉しそうにしていた

「それじゃあテナちゃんには初めてのダンジョンのお宝ということであげます」

「え!?それはずるいのだ」

「だって皆さん微妙な反応でしたし、、それなら喜んでたテナちゃんにあげるのがいいと思うんですけど」

パーティのお金ならこれくらい増えたところでそんなに気にならないほどあるからなぁ

「クロエは心が狭いわね」

「そうだよクロエ、さすがにちょっとがめついんじゃない?」

「ぐぬぬぬ、わかったのだ」

「本当にいいんですか?クロエお姉ちゃん」

「あぁもう大人気なかったのだ、その金貨はテナが持っているといいのだ」

「わぁ!ありがとうございます!!」

「それにしても困ったわね、なかなか下に降りる階段が見つからないわ」

「もしかして迷いすぎて調査の人たちも帰ってこれなくなったとか?」

「なくはないかもしれないけど何度も行き来してるなら迷わないのではないか?」

一応ダンジョン探索のためのマッピングは魔法でしていて、目印をいちいち置いてきたところがわかるようにしてある

それでも分岐が多かったりするから迷っちゃうんだけどね


それからしばらく迷いながら進んでいきなんとか下への階段を見つけた

「やっと一階層ね、ここから次の特殊階層まで何階あるのかしら?」

「他の冒険者がいないから出し惜しみしなくていいのは楽だけど、特殊階層とは違った大変さがあるよ」

もっとすんなり進めるかと思ってたけど、さすがに深くなってきたこともあって大変だ。

とはいえ時間がかかるだけで魔物はそこまで強くないし周りを気にしなくていいから食事も充実している
このまま進めば無事に行けそうだね

「コミュ障だけど転生したし、なんだかいけそうな気がします!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く