異世界の親が過保護過ぎて最強

みやび

──第69話──

エヴァンは一つため息をこぼすと腕を組み、口を開いた。

「……一時的にここへの収容を許可しよう。その申請もこちらでしておく。……どれ位の期間が必要だ?」

エヴァンの問いにネロは口の端を持ち上げる。

「どの位の期間ならいけるんだ?」

「こちらとしては、早ければ早い程良いのだが。」

「なら、出来るだけ早く渡せる様にするさ。」

エヴァンは何かを言いかけるが、口を閉じると再びため息を溢した。

「……そうか、分かった。理由等はこちらが適当に説明しておこう。……ネロはもう少し、可愛げがあった方が良いと思うぞ。言っている事はまとを射ているが、言い方で損をしているな。」

「別に可愛げなんかいらねぇよ。」

「歳上の言う事は聞いておくものだ。俺も昔……今もあまり変わって無いかもしれないが、そういう言い回しをしていて損をした事があった。」

「そうか。なら、頭の片隅には置いておこう。」

「……ふっ。本当に可愛げが無いな。」

ネロは悪戯いたずらな笑みを浮かべ、エヴァンは苦笑していた。

歳上って言うんなら、ネロの方が上だと思う。
俺とラルフとはそこそこ変わらないか、少し上な程度で……。
見た目が十五歳か十六歳位に見えるからか、凄く年下に見られてるんだな。
見た目に騙されているよ、本当に。

エヴァンはクリスの方を向くと言葉を発した。

「俺はサム様を送り届ける。クリスはを地下まで運んでおいてくれるか?」

「はい。かしこまりました。」

エヴァンはコイツと言うときに床に転がっているローブの男を視線で指示し、クリスの返事を聞くとネロに向き直る。

「ネロは俺と一緒に来るだろ?こちらの資料を見たいと言っていたしな。」

「……いや、俺は後で行く。」

ネロは少し悩んでからそう答えた。
エヴァンは不思議そうに首を傾げると、再びネロに問う。

「なぜだ?俺と一緒に来ないと場所も分からないだろ?」

「クリスに案内してもらうから大丈夫だ。それに、地下でどう捕らえているのかエヴァンは知りたいんだろ?だから、クリスを置いていく……違うか?」

エヴァンは驚いた後に口を押さえて笑い出した。

「ククク……いや、その通りだが。それは騎士としての仕事の為であって、君達を信用していない訳ではない。ネロは考え過ぎだな。もう少し俺達を信用して貰っても良いんだぞ。」

「……努力はする。」

「そうか。……今はそれで良い。」

エヴァンは少し悲しそうな表情を見せるが、すぐに切り替え、王女様に顔を向けた。

「では、サム様。行きましょうか。」

「え、えぇ……」

王女様は頷いた後、俺達の方に顔を向ける。

「ルディ様……それに、ラルフ様、ネロ様。本日は……本当にありがとうございました。助けて頂いた身ではありますが、今後とも宜しくお願い致します。」

王女様は俺達にお嬢様らしいお辞儀をし、俺達はそれぞれ答えた。
それを受け取った王女様は笑顔で答えると、エヴァンと共に食堂から出ていく。

王女様とエヴァンを見送った俺達は、次に床に転がっているローブの人を見る。
閉じられない口からは息が漏れだし、唾液が床に落ちている。
両手両足を固定されているので、身動きも取れない様になっていた。

「さて、と。を運ぶか。」

そう言うとネロはローブの男を軽々と持ち上げた。

コレって、物みたいに言うなよ。
一応、生きてる人間なんだしさ。
でも、やられた事を思うと……ま、いっか。

クリスは慌てた様子でネロに手を出す。

「ネロ様!それは私の仕事です!私が運びます!」

「あ?別に良いって。コレは爆発物みたいなもんだからな。途中で爆発したら、クリスは死ぬぞ?それでも良いのか?」

「え、えっと……それは……」

モゴモゴし出したクリスを見て、ネロはさっさと歩き出してしまった。
その後をクリスが一拍遅れて追う。

ネロ~。
素直に心配だから自分が持つんだって言えば良いのに。
ラルフも分かってるから笑い堪えちゃってるじゃん。
いや、俺も笑いそうなんだけど。
これ、バレたら絶対どつかれる。

「お前ら!さっさと来いよっ!」

ネロが俺とラルフに向かって声を上げる。
俺とラルフは顔を見合せ笑い合うとすぐにネロの後を追った。

向かった先は、俺達がいつも食堂に来る時に使っている階段の下。
そこにある扉は特別頑丈そうなものでは無く、至って普通の木材で出来た扉。
ネロは躊躇ちゅうちょせずにその扉を開ける。
そこは、やはりと言ってはなんだが、物置小屋だった。

ネロはそのまま奥へ行くと、壁に手を当て、ぐっと押し込んだ。

ガッコンッ

何か音がしたかと思うと足元が動き出し、地下へ通じる階段が姿を現す。

「隠し扉……?」

俺はつい呟いてしまったが、それをネロは拾う。

「そうだ。下からも……ここを押せば開くから忘れんなよ?」

「う、うん。分かった。」

ネロは地下に通じる階段の途中にある壁を指しながら、そのまま降りていく。

隠し扉なんて初めて見た。
これ、押す場所忘れたら閉じ込められんのかな。
うへー……。
…………。
暗っ!
怖っ!
何でネロはそうスイスイ行けるんだよ!

ネロは降りる時に光の珠を作り、その光がゆっくりと小さくなっていく。
俺とラルフも光の珠を作ってから降りる。

階段は、人が二人並んでも通れる位の広さで、石で作られているせいか、涼しく感じられた。

ネロの後を追い、階段を降りた先に見えた景色は、石と鉄で出来た無機質な牢獄だった。


















「異世界の親が過保護過ぎて最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く