話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自害したら転生して、異世界生活??~起きたら貴族になっていた~

パスサイズ

第二十二話 バレバレでござる

屋敷に帰る前にギルドに寄っていくことにした。


ゴーレムの砂を店に行かないとね。お金が欲しいからね。金貨10枚ほど欲しい。


ギルドに着くと閑散としていた。


「すいません。」


「なんや。なんか用か?依頼でも受けに来たのか?」


「ち、違います。魔物の買い取りをしてほしい。」


「あぁ。では、向こうのカウンターで待っとりな」


「はい。」


少し移動すると、買い取りカウンターがあった。さっきの言い方がきついおっさんから、おばちゃんに変わった。


「何を買い取ってほしいのかね?」


「えーと、この砂なのですが・・・・・」


「これかね。砂場でスコップですくってきたのかね?」


「そんなわけありません。」


「もしかして、アレか?ゴーレムの倒した時の砂か?」


「そう。たまたま、ゴーレムを見たから戦ってみた。」


「本当かね。ちょっとまっていてね。ギルドマスターに聞いてくるから」


「はい。」


これはもしかして、一攫千金の可能性あるよね。白金貨10枚とかね。白金貨1枚で一生暮らしていけると聞いたことがあるから、やばいよ・・・・・。


「レオン君、確認してきたところ、ゴーレムらしいわ」


「どこで見つけたの?どうやって戦ったの?操作している人は見つけたの?」


凄いほど質問を受けた。めんどくさいけど、一から説明をした。魔剣を使ったことは言わなかったけれども、ギルドのおばちゃんは驚いていた。


「そうなのね。はぁ。で、操縦士を見つけていないのは残念だよ。まあ、ゴーレムの砂はとても強力な壁に使えたり、またゴーレムを生成するにも使われるから意外と重要なの。まあ、今回は操縦士を見ていないを考慮すると金貨20枚が妥当だと思うがいいかね?」


「はい。大丈夫です!!!」


「わかりました。」


金貨20枚は凄いな。そんな数の金貨は見たことが無かった。


「こちらが金貨20枚だよ。落とさないようにね。ギルドカードに預金することも出来るわよ。どうする?」


ほう。この機能を使えば、お金を落とすことはなくなるし銀貨にも換えれると聞いた。だから、アイテムボックスに入れているよりも良さそう。


「じゃあ、ギルドカードに預金しておいてください。」


「わかりました。じゃあギルドカード出して」


「はい。」


「ピポーン」


処理が正常に終わったらしい。


                    ★
屋敷に帰省した。


一応連絡は入れてはあるけど、出迎えがいない。


これは悲しいな。そんなことを思いながら、玄関を開けた。


開けても、誰も居なくて物音ひとつしていなかった。


誰も居ないのかな?確かに今日帰るとは伝えてあるけど、誰も居ないとはどういうこと?謎は深るばかりである。


少し歩くと、


「パーティ室にこい」


張り紙に書かれていた。この汚い字はまさしく父上の字であった。


慌ててパーティ室に行った。


扉を開くと、バン、バン、バン。と、発砲して、紙くずが散らかった。


「「「「お帰り」」」」」」


みんなに盛大にいわってくれて、とてもうれしかった。


「レオン、よく帰ってきたな。父ちゃん心配したぞ。まあ、学園生活は噂でよく聞いていたぞ。
なんか、いろいろやったらしいな」


「は、はい。バレバレですか?」


「あぁそうだ。」


「はい。話はいつでもできるから、御飯食べるわよ」


母上の一言で、パーティは始まった。



「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く