異世界の魔女と四大王国 〜始まりの魔法と真実の歴史〜

1-6. 学園長室

 学園の中でも一際高い、白亜色の塔。学園長室はその上階に位置している。
 執務室から舞い戻ってからしばらく、様々な書類が積み上げられた卓上でペンを走らせていたラヴレは、ふと顔を上げた。

「ノックくらいしていただきたいですね、アントン」

 苦笑したその視線の先に、無表情な赤髪の男が佇んでいる。
 ラヴレと同じ金の刺繍に彩られたフード付きの外套を羽織った男は、抑揚のない声で告げた。

「悠長すぎやしないか」
「全て、法皇様の思し召しです」

 挨拶もそこそこに見つめ合ったまま、敢えて主語を省いているような会話。
 よく知る同期であるからこそだと、ラヴレは解っている。

「災いととるか、幸いととるか、それはまだ、誰にも決められません」

 それに、とラヴレは思案する。
 あの不安を色濃く写した瞳を思い出し、皆が恐れるほどの脅威とは、どうしても思えなかった。

(彼女は《魔女》であることを知らなかった)

 魔法教会が最も恐れていること。
 それは、《魔女》が再来することによって、繰り返される歴史。

 数年前、教会は神託により、大きな力の誕生を予言していた。
 ただそれは当時、極一部の教会関係者である幹部会のみ知る事実によって、あり得ないこととして処理されている。

 《魔女》は封印ののち、魔法教会によって完全に

 だから、《魔女》が復活するはずはないのだ。

 それが今までの認識だった。
 ただ、ラヴレが見つけてしまった、普通ではあり得ない力を持つ少女。
 その存在が、教会の絶対的な自信に影を落としている。

 だからこそ、何がなんでもユウリを学園に入学させたかったのだ。
 教会の運営する世界最高の教育機関。
 《魔女》の片鱗が見えたその時、何よりも迅速に行動に移せる場所だ。

 アントンの言う通り、悠長なのかもしれない。
 けれど、今日の様子を見る限り、彼女はただ膨大な魔力を持っているだけで、それすらもコントロール出来ないほど未熟だった。
 今はまだ、行動に移すときでは決してないと思う。

「報告書はできています。でも真逆、貴方が使い魔のような真似をしているとは思いませんでした」

 少々真面目すぎる同期に対して、軽い嫌味を交えて悪戯っぽく笑うラヴレに、アントンは睨みをきかせる。

「おまえがきちんと仕事をしてることの方が、俺には驚きだよ」
「それはまた、辛辣ですね」

 飄々と返すラヴレに、彼は溜息をついて、その手から書類を受け取った。

「同期のよしみとして、忠告する」

 中身を確認した後、もう一度ラヴレを見据えて、アントンは怒りとも焦りともいえない表情をする。

「《魔女》から目を離すな」

 それだけ言うと、彼は呪文の詠唱とともにその姿を消した。

「異世界の魔女と四大王国 〜始まりの魔法と真実の歴史〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く