話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界で色々反転して行こう

エルナ・アストル

7話 初依頼

ギルマス室へ来た

セルク「じゃあ早速登録するからこれに触れてくれ」

セナ「分かりました」

登録装置に触れた
見た目は水晶玉とパソコンみたいなやつ

セルク「よし……もういいぞ」

セナ「はい」

そして手を離した

セルク「お前は人を殺したことあるか?」

セナ「国王様たちを助けた時にしましたね」

セルク「そうか、分かった。じゃあAからだな」

セナ「分かりました」

セルク「それにしても何したんだ?さっきのやつ」

セナ「何がですか?」

セルク「ゴミダがお前を攻撃したはずなのにゴミダが吹っ飛んだやつだよ」

セナ「あぁあれですか、とあるスキルの応用ですね」

セルク「そんなスキルあるのか、どんな効果なんだ?」

セナ「それは教えられませんよ」

セルク「まぁそうだよな」

セナ「試すくらいならいいですよ?」

セルク「そうか、じゃあ後で頼む」

セナ「分かりました」

セルク「……よし出来たぞ、これがギルドカードだ、身分所にもなるから無くすなよ?」

セナ「ありがとうございます」

セルク「じゃあさっきのやつ試させてくれるか?」

セナ「分かりました」
『自分に入ったダメージを相手に倍で反転』パチン

セルク「出来たのか?」

セナ「はい、指パッチンが条件なので」

セルク「指パッチン?それがなにかは分からんが、出来たんだな?」

セナ「はい、どこからでもどうぞ」

セルク「じゃあ遠慮なく」

セルクはほんとに遠慮なく本気でセナのお腹を殴りに来た
そしてもちろんセルクが吹き飛んだ

セルク「何だこれ!すげぇ!それと痛てぇ!どうなってんだ!」

セナ「大丈夫ですか?」

セルク「ギリな」

セナ「さすがに2倍は辛いですか」

セルク「2倍?」

セナ「はい、セルクさんからの攻撃を2倍にして返したんですよ」

セルク「セナにはダメージ無しか?」

セナ「はい」

セルク「無敵ってわけか」

セナ「そうでも無いですよ?使ってると少しずつ魔力が減っていって今みたいに返すと一気に魔力をドーンって持ってかれますので」
(∞だから関係ないけどね)

{MPは魔力だよ}

セルク「そうなのか、常時発動はさすがに出来ないのか、出来たら最強だからな」

セナ「魔力量は自信ありますよ?」ニヤ

セルク「どのくらい?」

セナ「セルクさんはどのくらいですか?」

セルク「約350000と言ったとこだな」

セナ「じゃあその数倍はあると思っていて下さい」

セルク「そんなにか」

ルキア《今鑑定されましたね》

セナ《今のモヤってやつがそうなの?》

ルキア《はい》

セナ《ありがとう》
「それと鑑定したの気づいてますからね?」

セルク「気づいたのか」

セナ「見れないでしょ?」

セルク「名前以外なんも見れないな」

セナ「そうですよね、お詫びとしてセルクさんのステータス見ても良いですか?」

セルク「こっちが無断で鑑定したんだ、そのくらいいいぞ」

セナ「じゃあ失礼して」
『神眼 鑑定』

[名前] セルク・ガイル・アルカラ
[年齢] 328歳
[種族] ハイエルフ
[性別] 男
[職業] アルカラ領領主 アステル王国ギルドマスター
[レベル] 273
[HP] 250000/250000
[MP] 350000/350000
[物理攻撃力] 30000
[物理耐性] 23000
[魔法攻撃力] 35000
[魔法耐性] 25000
[素早さ] 20000
[運] 40
次のレベルまで:exp 
[称号] 精霊王に愛されし者
[魔法] 水 風 土 精霊
[通常スキル] 
身体強化Lv6  {レベルは10でMAX}
弓術Lv6
剣術Lv5
縮地Lv3 
夜目Lv7 {暗いとこが見えやすくなる、MAXだと朝とほぼ変わらない}
鑑定眼Lv7
[特殊スキル]
限界突破
精霊化
------- 
[加護] 
精霊神の加護Lv3

セナ(精霊化が気になるけど、まぁいいや)

セルク「ついでになにか受けてくか?」

セナ「何かいいのありますか?」

セルク「そうだな、今あるのは雑用系 採取系 討伐系 だな」

セナ(それほぼ全部じゃない?)
「じゃあ魔物が出る場所の採取系はあります?」

セルク「その条件だとこのふたつだな」

セルクは依頼書をセナに渡した

セナ「マナ草と回復草ですか」

セルク「どんなのか分かるか?」

セナ「一応は、じゃあこれ受けます」

セルク「分かった、じゃあこれを受付に渡したら受けられるから行ってきな」

セナ「分かりました、ではまた」

セルク「あぁまたな」

そしてセナはギルマス室を後にして受付へ戻ってきた

セナ「すいません、これお願いします」

受付嬢「あ、さっきの人、大丈夫でしたか?」

セナ「名乗ってませんでしたね、私はセナと申します。全然大丈夫ですよ、血だらけになるまで返り討ちにしてあげましたから」

受付嬢「お強いんですね、私はマヤと申します」

セナ「分かりました、これお願いします」

マヤ「分かりました、ギルドカードを出していただけますか?」

セナ「分かりました」

ギルドカードを渡した

マヤ「Aランクになったんですね……これでいいですよ、お気をつけて行ってきてください」

依頼の受注の仕方はギルドカードにハンコみたいなやつをかざして魔法陣が出て出来るみたいだよ

セナ「分かりました、じゃあ行ってきます」

そしてギルドを後にした

セナ「さて、行こうかな」
《どっち?》

ルキア《……右です、真っ直ぐ行って門を出て真っ直ぐで森がありますのでそこが目的地です》

セナ《分かった、よし行こ……お?なんかナンパ野郎的なの来たぞ?》

ナンパ野郎「姉ちゃん、俺たちと遊ばね?」

セナ(本当にナンパ野郎だとは面倒臭いね)
「いえ、結構でーす」

ナンパ野郎「そんなこと言わずにさぁ、いいことしてやるぞ?」

セナ(この世界には変態しかいないの!)
「そうですか、そんなに遊びたいんですか?」

ナンパ野郎「あぁ遊びたいな」

セナ「じゃあこれに耐えれたら遊んであげますよ」

ナンパ野郎「分かった、ドンと来い」

ナンパ野郎は両手を広げて腰を低くして構えた

セナ「じゃあ死なないでね?」

ナンパ野郎「え?」

パチン

ナンパ野郎「うゎゎゎゎゎゎ!」

ナンパ野郎は空へ飛んで行った

セナ「そろそろ落としてあげようかな」

パチン

ドーン!

やったのは反転で重力を反転させ浮かばせた

セナ「大丈夫ですかー」

ナンパ野郎「…………」

セナ「死んだかな?自業自得だしまぁいいや」

おじさん「嬢ちゃん何したんだ?」

セナ「ナンパされたから懲らしめてあげただけよ」

おじさん「やりすぎな気がするがまぁいい、冒険者かい?」

セナ「はい、それがどうしましたか?」

おじさん「不思議な力を使ってたんでな、気になってただけだ、こいつはこっちでギルドの仮眠室にでも連れてくから、行っていいよ」

セナ「すいません、ありがとうございます」

そしてその場を後にした

セナ《女の子だとナンパ野郎がよってくるね》

ルキア《そうですね、ペナルティなので戻すことは不可能です》

セナ《やっぱり?まぁでも反転が使えるだけいいよね》

ルキア《はい、それと急がないと時間に間に合いませんよ?》

セナ《そうだった、急ご》

そして森へ向かった

「異世界で色々反転して行こう」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • エルナ・アストル

    多分あってます、誤字報告ありがとうございます

    2
  • ノベルバユーザー312504

    鑑定したの築いてますからね?は
    気付いてますからね?では?
    築いて→きずいて
    気付いて→きづいて
    だと思います。
    あと気おつけては気を付けてだと思います。間違ってたらすみません

    0
コメントを書く