ヴェルシュタイン公爵の再誕~オジサマとか聞いてない。~

藤原都斗

29

 




 昨夜はマジでエライ目に遭った。

 なに?なんなの?なんでドMなの?
 どうしてドMである必要があったの?
 訳が分からないよ?

 ...そんな風に嘆いてみるものの、過去は変わらないし、何故か気に入られてしまったという事実も変わらない。

 うん、まあ、確かにオジサマって見た目はドSっぽいし、言動も基本ドSだもんね。
 中身は私だから全くもってそんな性癖無いんだけどな。
 むしろ過去の記憶の中のオーギュストさんでさえドSとは程遠い愛妻家で子煩悩だぞ、ドSなのは敵認定した相手にだけだ。

 ...もしかして似たような感じで他の変態に好かれてたりとかしないだろうな...、そういうのは止めてくれよ?マジで要らんぞ...?
 いや、前フリとかそんなんじゃない、切実な願いだ。

 いかん、ダメだ。
 そんな事考えたら真実になりそうなので考えなかった事にしよう。

 とりあえず、そんな思考をしながらも今日も頑張って再計算しております。

 昨夜の衝撃が凄過ぎてか朝食の味がさっぱり分からなかったのはめちゃくちゃ残念である。
 最早自分が何食ってたかも定かじゃないんだからよっぽどだろう。

 まあ、良いや。
 忘れる為にも再計算頑張ろう。

 つーかまた間違ってるよこれ誰だよ計算したの。
 うん、オーギュストさんだね。
 途中で力尽きたのか文字が読めない所もあるんだけど嫌がらせ?嫌がらせなの?

 とか考えていたら、不意に執事さんがやって来た。

 「旦那様、本日新たに捺印が必要な書類が届きましたが、どう致しましょう」
 「そうか、では此処へ」

 「は、どうぞ、此方で御座います」

 執事さんから恭しく手渡された書類を普通に受け取って確認する。

 「...ふむ」

 何コレ、えーと?
 ヴェルシュタイン領内における魔物の発生報告、及び領軍の派遣申請?

 うん、姪っ子ちゃんが来た時にも一回話題に上がってたし、丁度良いから、今考えよう。

 えっと、魔物ってなんぞ?

 ・魔物
 瘴気が体内に溜まり過ぎた結果、変質してしまった生き物の総称。

 いや、待って、瘴気って何。

 ・瘴気
 闇とはまた違う邪悪に澱んだ魔素。
 光属性の者にしか対処する事が出来ない。

 いやだから、なにそれ!?
 邪悪に澱んだ、ってどういう状態!?
 闇の属性とどういう風に違うの!?

 あかん、オーギュストさんの知識中途半端過ぎる。
 なるべく早急に調べに行こう。

 「アルフレード、これの真偽は分かるか」
 「...ふむ、申し訳ありません、シンザに調べさせましょう」
 「詳細が分かれば報告するように」
 「畏まりました」

 よし、後回し成功。

 で、次は、えーと、...ノルド・ロードリエス伯に対する融資、...ってまたコイツかよ。
 知らん知らん、私は関わらんよ。
 という訳でこの書類は破棄だ。

 「...旦那様」
 「なんだ、あぁ、これを捨てておけ」

 不意に、どこか緊張した面持ちの執事さんに声を掛けられたので、返事をしながらもついでに不要になった書類を渡す。

 さよなら伯爵。

 「畏まりました。
 それで、その......わたくしに、何か手伝える事はございませんか?」

 恭しく礼をしてから受け取った執事さんが、一拍置いた後に真剣な表情で私を見詰め、そう告げた。

 その表情は嘘偽り無く、正真正銘、彼が本気で有る事が伺える。

 なんというか、正直言ってそりゃもうめちゃくちゃに有難い申し出である。
 だけど、ねえ。

 「ふむ、...使えるなら、猫だろうが使いたいところではあるが、しかしアルフレード。お前には仕事が多いだろう」
 「旦那様...、わたくしの事はお気になさらず、好きに使って下さって構わないのですよ?」

 執事さんは私の返答など物ともせず、むしろ、困った人だ、とでも言いそうな、どこか微笑ましげで、そして残念そうな、なんかそんな感じの表情で私を見た。

 なんでだよ、私だって色々考えてるんだぞ!

 「...そうしたいのは山々だがな」

 「...何か問題が?」
 「いや、そういう訳では無い。お前の負担が増加してしまうのが、心苦しいだけだ」

 どう考えてもそうなるんだもん仕方ないよね。

 「旦那様にお仕えしているのですから、旦那様の手助けやサポートをするのは当たり前の事にございます」

 暗に覚悟の上だと言われてしまったら、なんかもう、余計に断りづらい訳で。

 ええー...。

 うん、仕方がないので、何か仕事を割り振る事にしようと思います。

 「そうか。...では、すまないが、済んだ書類を持って行ってくれるか」
 「それはわたくしのいつもの仕事で御座います、旦那様」

 ですよね。
 私も言いながら思ってたよ。それ。

 「そうか、ではこの次の年の書類を」
 「既に此方に」

 そっと、決して乱暴なんて言葉が当て嵌まらない位に優しく、机の上に書類を置く執事さん。

 うん、それは予想外でしたよ執事さん?
 え、もしかして、さっき書類持って来たついでに取って来てたの?

 「......世話を掛けるな」
 「旦那様の執事ですので」

 「...そうか」

 ...仕事が出来過ぎる部下って、しかも自分はめっちゃ尊敬されてるって、なんて居た堪れないんだろう。

 なんだか、自分の頭の悪さに悲しくなって来たせいでか、つい現実逃避しようとしてしまって、とにかく無理矢理踏み止まった。

 それよりも今は執事さんをどうするかなんだよ!

 「...旦那様、宜しければ、この、次の次の年の計算をわたくしにお任せ下さいませんか?」
 「......良いのか?」

 執事さんが、何かを決意した瞬間のような、とても真剣な表情でそう言ったものだから、つい聞き返してしまった。

 予想外と言えば、予想外。
 だけど、執事さんの性格を鑑みれば、何となく予想が付く申し出である。

 「はい、わたくしは旦那様の執事にございますので」

 そう言って、また恭しく礼をする執事さんは、当然だ、とでも言いそうな表情に見えた気がした。

 なんかもう、ホントに、これだけ信頼されていると裏切れない。

 執事さんが信用出来る事だけは、オーギュストさんの感覚に染み付いている。
 なら、ヤバイ資料を持って逃亡して、私が死刑確実になるような行動を、彼がする訳が無いのは分かる。

 ならば、申し訳無いけど手伝って貰おう。
 だって本人がこれだけ良いって言ってるんだもんね!オッケーでしょ!

 ...しかしなんでいきなり手伝おうとか思ったのかな?
 なんか不備でも有ったとか...?、あ。

 「...そうか、お前は今までの私を、誰よりも一番間近で見ていたのだったな」

 「...はい」

 なるほど、私の計算が遅いから、年内に終わるか心配になったとか、そういう事か。

 「...ありがとう」

 これで私も少しは楽が出来るよ、感謝しか無いよ執事さん、ありがとう執事さん!

 あ、他の理由は考えないよ!
 だって精神衛生上良くないからね!

 「...っ、勿体無い、お言葉にございます...っ」

 なんか、感無量みたいな表情してるんだけど、多分コレ絶対私の考えた理由でじゃないな。
 アレでこのリアクションはありえないもん。

 だけど、まあ、良いや。

 「......ではアルフレード、任せたぞ」

 「はっ!」

 なんだか感動的な雰囲気になっちゃったんだけど、うん、これも気にしない。

 全てを受け流し、右から左へスルーだ。
 よし、オッケーオッケー。

 考えを切り替え、羽ペンを持ち直す。


 その時、不意にある事に気付いた。

 説明するのがメチャクチャ難しいんだけど、一言で言うなら、何か来る、だろうか。

 いや、何かっていうと語弊があるから、誰か、が正しいんだけど、とにかく、この感じには覚えがあった。


 「.........アルフレード、茶菓子を二人分用意しろ」
 「...旦那様?」

 「それが無理なら、何か手土産になるような物を」
 「何かあったのですか?」

 「あぁ、来るぞ」

 私が告げた次の瞬間、部屋の中央付近に光の玉が発生、そしてそれは、覚えのある目が眩むような光を発した。

 暫くして、その光が収まると、

 「来ちゃった!」

 バチコーンとウインクしながら、ジジイが登場していた。

 うん、もう呼び方ジジイで良いや。

 まあ、なんかよく分かんないけど覚えのある感覚だったからこのジジイが来る事は分かったんだけど、何故来たのか理由までは分からない訳で。

 いや、昨日の今日で何しに来たんだよジジイ。

 「先触れを出すのでは無かったのか」

 そう聞いてましたけど?
 なんで何の前触れも無く光と共に登場してんの?

 「スマンスマン!お主に渡し忘れた物があっての、今日はそれだけ渡したら帰るわい。」

 物凄く軽~く謝罪しながら、此方が許可や促しをする前に勝手に休憩用のソファに腰掛けるジジイ。

 ...まあ、このジジイが図々しいのは前回で理解してるから気にしない。

 「ふむ、なんだ?」
 「これじゃよ!じゃじゃーん!賢人取扱説明書~!」

 私の静かな問い掛けに対して、なんか、某未来から来た猫型だけど青タヌキにしか見えないロボみたいなノリで懐から一冊の本を取り出し、掲げるジジイ。

 「...馬鹿にしているのか?」
 「違う違う!これはワシも昔賢人になったばかりの頃、他の賢人より頂いた由緒正しき説明書じゃ」
 「......ほう」

 簡単な説明をしながら、休憩用の机の上にその本、まあ、薄いから冊子が近いだろうか。
 それをペシっと置きながら、踏ん反り返るジジイを無視して、冊子に視線を送る。

 こっちは執務机から見る事になるから地味に遠い気がするけど、まあ、見るだけなんで問題無い。

 「賢人初心者でもすぐに分かるようになっとるでな、故に今後の身の振り方の参考にもなるじゃろう」

 なんか偉そうに言ってるけど、書いたのお前じゃないよね。

 「具体的に、役に立つのか?」
 「力の制御とかそういうのは個人差がある故に記載は無いが、それ以外に共通しとる事や今まで判明しとる特徴が記載されておるぞ」

 ふふん、なんて物凄く偉そうに踏ん反り返りながら告げるジジイが地味に鬱陶しい。
 だが、そういう情報、現代日本人である私にとって物凄く有り難いです。

 やったねオーギュストさん!知識が増えるよ!
 いや、覚えるの私だけどな。

 「...ふむ、そうか、では有り難く受け取ろう」
 「次の賢人が再誕したら、そん時はオヌシがこの本をそやつに渡すが良いぞ」

 あ、そういう感じなんだ?

 でもなあ、ちょっと問題がある。

 「敵対行動を取られれば、反射的に攻撃してしまうかもしれんが、構わないのか?」

 ぶっちゃけ、こんな悪役っぽいオジサマが突然目の前に来たら、ヤバくない?

 「......あー、うん。」

 いや、なんでそんな、そういやそうかー、みたいな若干残念そうな、なんとも言えない微妙な顔してんだよ、少しは取り繕えよジジイ。

 「ならば読み終わった後、ワシに転移させると良い」

 「......転移」

 何それ、私も使えんの?





 

「ヴェルシュタイン公爵の再誕~オジサマとか聞いてない。~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く