話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ちょっとだけ切ない短編集

北きつね

深夜の電話


 覚えている。
 キミが居なくなってから、10年が経ったよ。

 僕が、キミが居ない10年を過ごしてきた。もうすぐ、キミの所に行ける。
 10年前のセリフの返事をするよ。

 あの時には返事が出来なかったからね。

”僕は、キミが今でも好きだ”

 ねぇキミ達は、なんで僕から彼女を奪ったの?
 ねぇこの10年。キミ達は幸せだった?

 ねぇ僕はこの10年。充実していたよ。キミ達を探していたからね。

 ねぇ何で黙っているの?キミたちが彼女を僕から奪ったのだよ?

 キミたちを探すのは簡単だったよ。
 僕は彼女と電話していたからね。

 彼女は、10年前に僕に聞いたよ。

”ねぇ今でも私のことが好き?”

 僕はね。彼女の問いに答えられなかった。キミたちが邪魔したからだよ。彼女の悲鳴が、僕の返事をかき消した。

 ねぇなんとか言ってよ。黙っていたらわからないよ?
 腕の一本くらい気にならないでしょ?だって、僕は10年間苦しんだよ。彼女を助けられなかった。お義母さんを助けられなかった。お義姉さんを助けられなかった。すぐに、キミたちを殺したかったよ。でも、出来なかった。僕では力が足りなかった。
 10年もかかってしまったよ。体力を付けた。

 ほら、キミの腕くらいなら簡単に折れるよ。いい音だね。そんな叫ばないでよ。彼女やお義母さんが止めてと言って止めた?止めてないよね。
 なんで、キミたちがしなかったことを、僕がしてあげる必要があるの?
 キミたちを助けても僕の10年は戻ってこないよ?彼女を返してくれるの?お義母さんを返してくれるの?お義姉さんを返してくれるの?

 ほらここをよく見てよ。キミの汚い鼻血で、10年前に彼女に貰ったズボンが汚れちゃったよ。どうしてくれるの?

 後9時間。
 まだまだ楽しめそうだね。

 キミたちに、僕が苦しんだ10年間を味わって貰うよ。

 そのための準備もしてきたよ。10年は長かったけど、短いね。
 キミたちが楽しめる苦しむように、遊び拷問の方法を考えるのは楽しかったよ。

 え?ただ、腹を思いっきり蹴っただけで泣きそうなの?
 キミはお義母さんに何をしたの?彼女を逃がそうとしただけで、刺したのだよね?
 キミはお義姉さんを犯したのだよね?

 彼女が、自殺したのを誤魔化すために火を付けたのだよね?
 大丈夫。最後は、彼女とお義母さんとお義姉さんと同じようにしてあげる。ゆっくり、煙が出ないように焼き殺してあげる。

 ハハハ。
 10年だよ。僕は、やっと彼女の所に行ける。
 やっとだよ。

”ねぇ今でも私の事が好き?”

”好きだよ。僕は、何でもキミを好きになる”

「ちょっとだけ切ない短編集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く