メイドと武器商人

るーるー

メイドと最強? の暗殺者

 大地を踏み砕きながら駆ける翔ける。
 魔力をふんだんに使用した私の脚力は魔導列車マギトレインすら凌駕します。ただ全力で駆けると地形が変わってしまうので配慮が必要ですがそんなもの関係ありません。
 魔導液体マジカルリキッドがあれば空中に足場を一時的に作成して駆けることも可能なのですが迎撃に使いすぎて残りが心許ないですし止めておきました、
 しかし、ご主人様との合流を急ぐべく全力で駆けます。足が触れるたびに地面が爆ぜるので力が完全に伝わっていないような感覚です。
 地形なんてどうせ誰も気にしませんしね。


「これもなにもかもあの錬金術師のせいです」


 先ほどぶっ飛ばしたにも関わらずまたふつふつと怒りがこみ上げてきてしまいますがどうしようもありませんよね。
 怒りからさらに踏み込む力を強くしてやりさらに加速。すでにレールを走る魔導列車マギトレインを視界に捉えています。


「おい! なんだあれは!」
「メイドだ! メイドが凄いスピードで駆けてくるぞ!」


 魔導列車マギトレインの最後尾でタバコを吸っていたらしき乗客が私の姿を見つけたようですが私はニッコリと微笑みを浮かべながらその横を駆け抜けていきます。
 そのまま数両の車両を追い越していきますがどこもボロボロです。センサーをきちんと動かしていませんがそれなりの数の死傷者も出ていることでしょう。
 さらに車両を追い越していくとようやくご主人様の乗る車両が見えてきました。
 なぜわかるかって? それは外側にオブジェのようにぶら下がるアオイの姿が見えたからです。
 まだ微かに動いてはいるので死んではいないようですがそれでいいのですか最強の暗殺者。


 ため息をつきながらもまた地面を陥没させながら跳躍し、車両に開いた大穴から入る間際に一応アオイをひったくるようにして回収します。
 なにやらゴキっという音が耳に入りましたが些細な問題でしょう。
 しかし、飛び込むようにして車両内に入ってから気づきます。
 あ、これもしかしたら床を打ち抜くんじゃないんですか?
 そう悩んでいる間にも床は迫り貫くのかなぁ、と諦め駆けた瞬間、青白い光が走り車両全体を包み込み、ボロボロだった床が真新しい物へと変わります。


「ご主人様感謝します」


 真新しくなった床へと着地し、私は荷物であるアオイを放り投げ膝をつき頭を下げます。放り出されたアオイはゴロゴロと転がった後にご主人様が錬成し穴をふさいだ壁へとぶつかり、当たりどころが悪かったのか頭を抑えながら呻き声を上げています。


「ん? まぁ、踏み抜かれて動力部と切り離されても嫌だしね」


 ご主人様が苦笑しながらそんな事を言ってきます。
 内装も錬成し直したのか所々というか細かいところが雑に直されているだけでほぼ元通りになっていますし、フィルの入れたらしき紅茶まで飲んでいる優雅さです。


 さすがです。ご主人様。さすご主!


「で、青の錬金術師は? 殺した?」
「残念ながら」


 殺しといたほうがよかったのでしょうか? 一応はご主人様の知人のようでしたから見逃しはしましたけど。いえ、確実に殺せるかも微妙でしたね。


「相変わらず生きることに関してはいけ運がいい奴だなぁ」


 お叱りの言葉が来るかと思いましたがそんなことはなくご主人様は朗らかに笑います。


「お知り合いで?」
「うん、まぁ、じじいの知り合いかな」
「となると大賢者様のですか?」
「あんなのには大賢者なんて名前は不釣り合いだよ。じじい、いやスケベじじいで充分だよ」


 大賢者。
 魔導列車マギトレインを作ったり古代魔導具を作ったりしている賢者達の師と呼ばれている方ですが、ご主人様は大賢者様の話をされるのを非常に嫌がります。それはもういつも笑顔でいるご主人様が顔をしかめるくらいですからよっぽどです。


「あ、ご主人様。青の錬金術師が言ってましたがこの襲撃は依頼らしいです」


 そんな不機嫌になりつつあるご主人様のために青の錬金術師が言っていた言葉を伝えます。


「青の方はほっといてもいいんだよ。バカだからね。大方考えなしに実験をしてお金がなくなったもんだから依頼を受けたんじゃないかな?」


 お金の取り扱いもできないほどにバカなんでしょうか……


「黒幕が同様のバカではない事を祈るよ」


 まったくです。なにがきても蹴散らして遣りますが無駄な事というこには早く気づいて欲しい物ですね。


「ん、見えてきた」


 フィルが窓の方へと外を見ながらそう告げます。ご主人様と私も窓へと近づいて外を眺めるといくつもの高い建物と三つの巨大な塔が見えてしました。


「さ、着いたよ」


 そう告げたご主人様は獲物を前にした肉食獣のようなどう猛な笑みを口元に浮かべていました。

「メイドと武器商人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く