才能のない俺が最強の魔術師になる件

バタコ!?

プロローグ〜魔術の存在する世界

4月10日   
「遅刻 遅刻〜!待ってぇー」
急いで電車へ駆け込もうとしたが間に合わなかった。この残念な男 澤村 颯人。
この電車を逃すと入学式遅刻なのだ。
「マジか〜!しょうがねぇな」
すると颯人は足に力を入れた
「身体能力強化(フィジカルブースト)」
颯人は魔術 フィジカルブーストを使った。
そして颯人はフィジカルブーストを使い常人の数十倍のスピードで電車より速く走っていく。
 この世界には魔術というものが存在する。そしてその魔術であらゆる災害 外道魔術師から市民を守るなどを仕事とする魔術師が存在する。 いま颯人が向かう学校はそんな魔術師を育成する学校。
<魔術師育成白月高等学校>
 これは澤村 颯人が最強の魔術師になるまでの物語である。

「才能のない俺が最強の魔術師になる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • バタコ!?

    しらつきです

    0
  • さすらいの骨折男

    すみません。漢字を読む能力が皆無な質問なのですが、何高等学校と読むんですか?

    1
コメントを書く