この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第2部 14話

ダンジョン入口から続く階段を、どれだけ降りて来たのだろうか。

暗い中を結構な時間降りた筈なのだが、未だに通路に出られない。
駆け出し向けのダンジョンと聞いていたのでもっと小さな所かと想像していたが、これは思った以上に探索に時間が掛かりそうだ。

とはいえ、今回のダンジョン探索はこのコソ泥みたいな手がダンジョンで通用するかの実験だ。
ハッキリ言って、コツコツマッピングをして真面目にダンジョンの探索を進めている人達にしたら、こんなやり方は邪道も良い所だろう。

背後にアクシズが危なげなく付いて来ているのを感じながら、私は階段を降りて行った。

「なぁカズナ、暗視はちゃんと出来てるか?俺の曇り無きまなこは、この暗闇の中でもカズナがオドオドしながらおっかなビックリ階段降りてく姿がバッチリ見えてるけど。暗視がイマイチな様なら言えよ?」

アクシズが、心配してくれてるのか喧嘩売っているのか判断が付き難い事を言って来た。

「見えてるよ。あんたが、物音がする度に一々ビクついてる情けない姿がちゃんと見えてる。あんたこそ、お願いだからすっ転んで階段転がり落ちないでよ」

私が返すと、アクシズは安心した様に微笑んだ。

「そっか。俺はこの中でも走って逃げられる程度には見えてるから、モンスターが接近して来たら言えよ。後、ちゃんと見えてんだから暗闇に紛れてセクハラしたりすんなよ」
「安心して、あんたにセクハラするなんて馬鹿な事は考えてないから。私が今何考えてるか教えてあげよっか。ダンジョンの奥深くに、一体どうやったらあんた一人だけ置いて帰れるかなって真剣に考えてる」

私とアクシズはその場にピタリと止まり、お互いに顔を見合わせた。

「やだなぁもう、カズナってば冗談ばっかり!アハハハッ!」
「馬鹿だなぁアクシズ、私が今結構本気で言ってるって事が、もう付き合い長いんだし分かるでしょう?アハハハッ!」

そんな事を言っている間に、漸く長い階段を下り終えた。
そこは完全な闇の中だが、スキルのお蔭でダンジョンの石壁や通路の広さが正確に分かる。
真っ暗な空間に、物体の輪郭が薄青く、まるで黒と青のみの配色の、サーモグラフィーでも見ているかの様にクッキリと把握出来ていた。

階段を降りると、通路が左右に分かれている。そして、階段を降りてすぐの所にあった、その物体に気が付いた。

「……何これ?」

暗視と言っても、暗闇に青く輪郭が見えるだけで、キチンとその物の本来の色が見える訳じゃ無い。
そう、目の前の、朽ち果てた人の体みたいなその輪郭が見えるだけで……

…………。

「うわぁああッ!!」

それは、朽ち果てた冒険者の死体だった。
私の様に一人でダンジョンに挑戦しようとしたのか。はたまた、死んで仲間に置いて行かれたのか。
どういう経緯で此処に放置されているのかは知らないが、そこには確かに人の亡骸が横たわっていた。

その死体の傍にアクシズが近づき、

「……ちょっとアンデッドに成りかけてるな。カズナ、ちょっと待ってろよ」

そう言いながら、アクシズがなにやらブツブツと祈りの様なものを捧げると、亡骸を淡い光が包み込む。
アンデッド化を防いだのだろう。
日頃からちゃんとこんな感じでやっていれば、信者も少しは増えるだろうに。

しかし、階段を降りていきなり死体に出くわすとか、早速心が折れそうになる。
アクシズを連れていなかったら、間違いなくもう帰っている所だ。

「でも、うわぁああッ!はねぇだろ、一人でダンジョン潜るって強がってた奴が。うわぁああッ!は。プークスクス!」

アクシズの言葉に、ダンジョンの奥に行ったら、コイツちょっと一人きりにしてやろうと密かに決意する。

私はピタリと動きを止めた。
……何か来る。
敵感知スキルで、此方に向かって来る何かに気が付いた。
私達の話し声が原因か、もしくは、アクシズが死体を浄化した際の淡い光に寄って来たのかもしれない。

私はアクシズに、敵が来ている方向を指で指し、向かって来ている方向とは反対側の通路に逃げるよと、そちらに向けて親指を指してジェスチャーした。

「なんだ?変な動きして。この俺に指芸披露?おいジッポで灯り付けろよ。影で、狐や兎なんてヌルイのじゃなく、機動要塞デストロイヤーを見せてやるよ」
「違うわッ!!敵が来てるから向こうに逃げようってジェスチャーしたのッ!!ああもう、見つかった!ほら手伝って、迎え撃つよ!」

思わず大声で突っ込んでしまった自分が情けない。
私は暗闇の中剣を引き抜くと、此方に気付いて襲い掛かる、小さな人型のモンスターに向かって斬りかかった!




「……ふぅ、何だったのコイツは。暗視じゃ形は分かっても、物の色が見えないから流石に正体までは分かんないよ。あんた、これが何だったか分かる?」

足元に転がる数匹の小さな人型の何かの死体。
それを見ながらアクシズが言った。

「グレムリンって言う小型の悪魔だな。ダンジョンは地上よりも魔力や瘴気が濃いから、弱い悪魔がたまに湧くんだよ」

なるほど。
ギルドの人達に教えて貰ったこのダンジョンのモンスター情報にも、確かそんなのがあった。

……ふと、私は一つの事に気付く。

「……ねぇ、ちょっと良いかな?あんたって、暗闇の中でもかなりしっかり見えちゃう?」

私の疑問にアクシズが、

「昼間と変わらないぐらいには、ハッキリクッキリ見えるぞ?それがどうかしたか?」

さも当然の様にそんな事を言った。
………………。

「……馬小屋で一緒に寝てる時、夜中、何か見た?」
「何も見てねぇよ。ゴソゴソ音がし出したら、反対側向いて寝るようにしてたから」
「……ありがとうございますアクシズ様」

グレムリンの血の臭いに、モンスターが寄って来るかも知れない。
私達はそっとその場を後にした。


† † † † † † † † †


今日のアクシズは一味違う。
そう、今までの様ななんちゃってアークプリーストでは無い。
トイレの神様でも宴会の神様でも無い。

「この暗く冷たいダンジョンで、さ迷い続ける魂達よ。さぁ、安らかに眠りなさい。『サンクチュアリ』!」

迷える沢山のゴースト達を、広範囲に渡って浄化する今の姿は、それは間違いなく神様だ。

と言うか、私はダンジョンを舐めていた。

確かに、暗視と潜伏のコンボは非常に使える。大概のモンスターはこれでどうにでもなりそうだ。
しかしアクシズの言っていた通り、暗く、寒いダンジョンで長く苦しんだアンデッドには、生者がよほど眩しく映るのだろうか。
先ほどから私達は、かなりの数のアンデッド達を浄化していた。
私だけで来ていたなら、アンデッド達に成すすべもなく袋叩きにされていただろう。

ダンジョンでは、これほどアンデッドモンスターと遭遇するものだとは知らなかった。
自分の認識の甘さを深く反省する。

浄化を終えたアクシズが暗闇の中、良い仕事をしたとばかりに息を吐く。

「ご苦労様。助かったよ、私一人で来てたら危ない所だった」

私の労いを受けたアクシズが、満更でも無さそうに。

「あれ、俺の評価が漸く真っ当になってきた?……それにしても、お宝は何処だろうな。まぁ荒らされ尽くしたダンジョンだし、あんまり期待はしてないけどな」

私達は今、ダンジョンのかなり奥まで潜っている。奥とは言っても、このダンジョンの造りは一階層構成だ。
ただ、その広さが広範囲に渡っている。
この暗闇の中でも昼間の様に見えると言うアクシズが、ダンジョンの壁に曲がり角の度にチョークで印を付けていた。

本来ならダンジョン探索とは、罠を警戒しモンスターにも神経を尖らせて、松明に火を付け、マッピングでもしながら恐る恐る進むものなのだろう。
しかし闇の中でも問題なく進める私とアクシズは、先頭に立つ私が敵と罠を探知しながら、ドンドンと奥へと進んでいた。
この探索方法の有用性は確認出来た事だし、もう引き返しても良いんだけど。
ここまで来たら、何かお宝とまでは言わなくても、金目の物の一つも見つけたい所だ。
私は前方にある部屋に敵の気配や罠が無い事を確認すると、音を立てない様に部屋の中に入る。

部屋を見回し……。

「……ちぇっ、ロクな物が無い」
「なぁカズナ、なんか今日は、この探索方法といいその台詞といい、俺コソ泥の気分なんだけど」

言わないでよ、私もちょっとそんな気分なんだから。
なんだか、真面目に頑張って少しずつ少しずつ探索している同業者の方達に、ちょっと後ろめたい。

「……ん?なぁカズナ、あそこ。あそこに何かあるぞ」

と、アクシズが部屋の隅に、遠目に何かを見つけた様だった。
アクシズの闇を見通す力だかは、私の千里眼スキルよりも優秀みたいだ。
アクシズと共に部屋の隅に行くと、そこには……

「おい、宝だ宝!宝箱だ!やったわぞカズナ、今回のダンジョン探索は大当たりだ!」

嬉々として、宝箱に近寄ろうとするアクシズ。
それを私は慌てて止めた。

「ちょっ、待って待って。あんた、こんな何度も探索されたダンジョンに、唐突に宝箱が置いてあって可笑しいと思わないの?……うん、やっぱり敵感知スキルにビンビン来てる」

それは、その宝箱の方から気配がしていた。
なるほど、よく聞くミミックってヤツかな?

「あー……。それじゃアレは、ダンジョンもどきか。残念だけどしょうがねぇな」

そう言って、アクシズがポンと何かを宝箱の近くに放った。
それは、先ほど使い、空になった消臭のポーションの小瓶。ポンと放られ、宝箱の傍に放物線を描いたそれは……

バグンッ!

床に触れた瞬間に、突然その小瓶と宝箱ごと、周囲の壁と床が蠢き丸呑みにする様に包み込んだ。
今まで唯の床や壁だと思っていた部分が、取り込んだ小瓶を咀嚼する様に、まるで生き物の様に動いている。

「き、気持ち悪ッ!!何コレ!」

ダンジョンもどきとか言ってたな。

「名前の通りのモンスターだ。歩いたりする事は出来ないが、体の一部を宝箱や金に擬態させて、その上に乗った生き物を捕食するんだ。場合によっては体の一部を人間に擬態させて、冒険者を襲う様なモンスターも捕食する」

モンスターまで食べるのか。
タ、タチ悪いなぁ。
そういやギルドで、ダンジョン擬きには気をつけろって言われてたな。敵感知スキルがあれば簡単に分かるとは言われてたけど。
しかし、ダンジョンの中にもちゃんとこうして生存競争が成り立っているらしい。

この世界は、相変わらず世知辛い。




「『ターンアンデッド』!」

アクシズの魔法で、ゾンビがその身体を消失させた。
もうどれだけのアンデッドを退治したのか。
サーモグラフィみたいに見える、千里眼スキルによる暗視で進んでいて良かった。
普通に灯かりを点けて進み、これだけのゾンビ達に遭遇していたなら、私はもうとっくに泣いて帰っていただろう。
それぐらいに、トラウマになっても可笑しくない数のアンデッドと遭遇していた。

「……ねぇ、幾らなんでも可笑しくない?ちょっとアンデッドの量が多過ぎでしょ。こんなの、アークプリーストが居るパーティじゃなかったらとても攻略なんて出来ないよ?結局お宝らしいお宝は見つからなかったけど、そろそろ帰る?」

此処は駆け出し連中が練習代わりにしているダンジョン。
しかしこれだけの量のモンスターを、駆け出しが相手に出来るとは思えない。

今の所魔法をガンガン撃っているにも関わらず、アクシズは疲れる様子は見せていない。
流石は一応神様と言った所か。
今日一日で、私のアクシズへの評価はかなり上昇していた。
しかし、いくらアクシズが居るとは言え流石にそろそろ引き返すべきだろう。

アクシズが言った。

「そうだなぁ。お宝は無かったけど、アンデッドを沢山浄化出来たし俺的には満足した。……でも待てよ?なんか、まだその辺にアンデッド臭がする」

私の敵感知には反応しないけど、今日のアクシズは絶好調らしい。

既にダンジョンの奥深くまで来ていた私達だが、アクシズが行き止まりの壁に近づき、マタタビか何かに興奮した猫みたいに、辺りに向かって執拗にクンクンしだした。
罠感知にも敵感知にも、以前反応は無い。
しかし、今日の絶好調なアクシズが言うのだ。
この先には何かがあるのかもしれない。


私とアクシズが手探りで行き止まりの壁を調べ出して、十分以上が経過した。
一行に何も見つかる様子も無く、諦めて帰ろうとしたその時だった。

突き当たりの壁の一部が、クルリと横に回転し、突然開く。
私達が何かした訳じゃ無い。
それは、向こうから開いたのだ。

その奥からは、くぐもった低い声が聞こえてきた。

「……そこに、プリーストが居るのか?」




部屋の中は、小さなベッドと箪笥、そしてテーブルと椅子があるのみだった。
そこのテーブルの隣の椅子に、ソイツが腰掛け、佇んでいる。

「やぁ、初めましてこんにちは。いや、外の時間は分からないから、今はこんばんわかな?」

暗視スキルでは、相手の輪郭しか見えない。
私はその挨拶をしてきた相手に一言断わり、ジッポを取り出し灯を点けた。

ソイツは、干乾びた皮が張り付いた骸骨だった。
それが、目深にローブを被っている。

「私はキール。このダンジョンを造り、貴族の令嬢を攫って行った、悪い魔法使いだ」



その昔、キールと言う名のアークウィザードが、一人の貴族の令嬢に恋をした。

たまたま街の視察をしていたその令嬢に、男は一目で恋をした。
しかし、その恋が実らない事を知っていたその男は、ひたすら魔法の修行に没頭した。
月日は流れ、男はいつしか、国一番の最高のアークウィザードと呼ばれていた。
男は持てる魔術を惜しみなく使い、国の為に貢献する。
男は多くの人々にたたえられ。
そして、男は王城に呼ばれ、男を称える宴が催された。
そんな男に、王が言う。
その功績に報いたい。
どんなものでも望みを一つ、叶えよう。

キールは言った。
この世にたった一つ、どうしても叶わなかった望みがあります。
それは、虐げられている愛する人が、幸せに成ってくれる事。



「そう言って、私は貴族の令嬢を攫って行ったのだよ」

目の前の骸骨が、そんな事を自慢げに語った。
……なるほど。

「つまりあんたは、悪い魔法使いじゃなくて良い魔法使いだったって事?その貴族の令嬢は、親にご機嫌取りの為に王様の妾として差し出され、でも王様には可愛がられず、正室や他の妾とも折り合いが上手くいかず。で、虐げられてる所を、要らないんなら俺にくれと言って、あんたが攫ってったと」

私の言葉に骸骨が、カタカタと喉の部分の骨を鳴らした。

「そう言う事だな。で、その攫ったお嬢様にプロポーズしたら二つ返事でオッケー貰ってなぁ。お嬢様と愛の逃避行をしながら、王国軍とドンパチやった訳だ。
……いやぁ、あれは楽しかったな。おっと、因みにその攫ったお嬢様が、そこにいる方だよ。どうだ、鎖骨のラインが美しいだろう」

骸骨が指す方を見ると、小さなベッドに白骨化した骨が、綺麗に整えられて横たわっている。

……どうすんのこれ。

私の隣では、アクシズが目の前の骸骨に今にも掴みかからん勢いで、目を爛々と輝かせていた。
きっと浄化させたくてさせたくて、しょうがないのだろう。

「で、だ。そこの男に、ちょっと頼みがあってね」

骸骨が、そんな事を言ってきた。

「頼み?」

骸骨はコクリと頷く。

「私を成仏させてはくれないか。そこの彼は、強い力を持ったプリーストなのだろう?」


† † † † † † † † † †


アクシズが、普段よりも朗々と魔法の詠唱を行なう中。
元は偉大な魔法使いだったその男は、ベッドに横たわるお嬢様のその腕の骨に手を置いた。

お嬢様の方はとっくに成仏しているらしく、本来はこの骸骨を浄化出来るだけの大きさの魔法陣で良いのだが、アクシズは気合を入れて浄化の魔法陣を拡大し、その魔法陣はお嬢様の骨はおろか、部屋中をも覆い尽くしていた。

この男はお嬢様を守り戦っていた際、重傷を負い、そのままお嬢様を守り抜く為に、人をやめてリッチーに成ったらしい。

不覚にもちょっとだけ格好良いと思ってしまった。
普段、お店の経営不振に嘆くリッチーを見ているせいで、相対的にコッチのリッチーが格好良く見えてしまうのだろうか。

お嬢様は、このダンジョンで最期を迎えたらしい。
彼女は、幸せだったのだろうか。

「いや、助かるよ。アンデッドが自殺するなんてシュールな事は流石に出来なかったしねぇ。
ジッと此処で朽ち果てるのを待ってたら、とんでもない神聖なる力を感じたもんだからね。思わず私も、長い眠りから覚めるってものさ」

部屋を満たす柔らかな光に包まれ、骸骨がカタカタと笑う。

アクシズが、唱え続けていた詠唱を終えた。
そして、私が今までに見た事も無い優しげな表情で、骸骨に笑いかける。
これは一体誰だろう。
私が自分の目を疑っていると、アクシズが優しげな声で言った。

「神の理を捨て、自らリッチーと成ったアークウィザード、キール。水の神アクシズの名において、貴方の罪を許します。
……目が覚めると、目の前にはエリスと言う不自然に靴底が高いブーツを履いた神がいるでしょう。
例え年が離れていても、それが男女の仲でなく、どんな形でも良いと言うのなら。彼にこう頼みなさい。再びお嬢様と会いたいと。きっと、望みを叶えてくれるだろう」

真剣な話、これは一体誰だろう。
私があまりのアクシズの変貌にオロオロしていると、キールと言った骸骨は、光の中、深々と頭を下げた。


「『ターンアンデッド』!」


光が消え、再び暗闇に閉ざされる部屋の中。
そこには、あのリッチーの姿も、そして何故かお嬢様の骨も、消えて無くなっていた。
私とアクシズは、何とも言えない雰囲気の中静まり返る。

私はアクシズに静かに言った。

「……帰ろっか」




ダンジョン入口へと帰る中、私は暗闇の中、モンスターに見つかるかもしれない事も気にせず、無言のアクシズに語り続けていた。

「ねぇ、あのアンデッド、またお嬢様に会えるかな?」
「……分からない。まぁ、エリスなら何とかしてくれるだろ」

そっ気ないアクシズの返事に、私はそっか、と一言呟いた。
そして、そのまま話題を変える様に。

「そういや、あのリッチー良い人だったね。もう要らないからって、箪笥にしまってた財産くれたよ。どれぐらいの価値があるのか知らないけど、街に帰ったら山分けね」

それに、ピクリとアクシズの肩が僅かに揺れた。

「……そうだな。彼らの分まで、大事に使ってあげよう……」

アクシズのその声は、先程よりもちょっと大きく、そして元気になっていた。

…………。
私は、地上に戻ってアクシズが元気になってから聞こうと思っていた事を、今此処で聞く事にした。

「……ねぇアクシズ。キールって、アイツが言ってたけどさ」

再び出たキールの名前に、

「……なんだ?」

ちょっと沈んだ声でアクシズが返した。

「あの人さ。とてつもない神聖な力を感じて目覚めたって言ってたけどさ。
……このダンジョンで、今日やたらとアンデッドと出会うのって、別にあんたと一緒に居るからじゃ無いよね?」
「ッ!?」

アクシズが私の質問に、その場にビクッと立ち止まる。
そして、搾り出す様な声で。

「そ、そそそ、そんなー、そんな事はない……と、思うぞ……?」

とてつもなく曖昧な返事を返してきた。

「…………」

私は無言で、そんなアクシズとジワジワと距離を取る。
そんな私を見て、アクシズが私にジリジリと距離を縮めて来た。

「……なぁカズナ。なんでそんなに距離を取るんだ?何時モンスターが襲って来ても良い様に、俺達もうちょっと近くに居るべきじゃ無いか?
そ、それに!分かってるか?俺がチョークで付けてきた印は、カズナの暗視で確認出来ないだろ?」

そのアクシズの言葉に、私は、クッ!と一瞬悔しげな顔をしてしまった。
それを好機と見て取ったのか、更にアクシズが口早に。

「フフッ、そうだ!俺だけこんな所に置いて行こうとしたって、そうは行かねぇぞ!そう、この状況ならお互いの立場は五分五分だ。
……いや、帰り道を知り、アンデッドも倒せる俺が居なかったらカズナは一人じゃ帰れない!寧ろ俺の方が有利な状況じゃねぇか!?
そこら辺を良く理解したら、今日は俺を、神様らしくアクシズ様と呼び、俺の華麗な活躍を街の皆に……!」

アクシズが何かを喚く中。
ダンジョンの闇の中から、何かの遠吠えが聞こえて来た。
調子に乗って騒ぐアクシズの声に反応したのだろう。敵感知で確認しても、間違いなく此処に向かっている。

「…………」

私は無言で、そのままピタリと壁に張り付き、闇に溶け込む様に潜伏する。

「おいカズナ!待ってくれ!なぁ、何一人で潜伏してるんだ?ごめん、ごめんって、俺が悪かった!悪かったから、俺にも潜伏スキル使ってくれよ!ごめんカズナ!なぁ、お願いだよカズナちゃぁああんッ!!」




アクシズが泣き出した頃に潜伏スキルに混ぜてやった。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く