この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第2部 13話

と、言う訳で。

「明日はダンジョンに行きます」
「嫌です」
「行きます」

即答で拒否するめぐるんに私が更に即答すると、めぐるんが走って逃げようとしたので捕まえた。

私が首ちょんぱされてから一週間。
激しい運動が許される程度に回復したので、屋敷の広間で寛ぐ皆に、早速提案してみたのだが。
ダンジョン行きを、めぐるんが激しく嫌がっていた。

「嫌です嫌です、だってダンジョンなんて僕の存在価値皆無じゃないですか、崩れるから爆裂魔法なんて使えないし、僕もう本当に唯の一般人!」
「そんな事はあんたを仲間にする時に私が言った事でしょうが。そん時あんた、荷物持ちでも何でもするから捨てないでって言ったんだよ」

その言葉に、私に襟首を掴まれためぐるんは、観念したかの様に項垂うなだれた。

「……ハァ、分かりました。でも、本当に何も役に立てませんよ?本当に荷物持ちぐらいしか出来ません。……もしかして、まだこないだ、カズナのピーにピーした事を根に持ってます?」

諦めの表情に不安を滲ませ、めぐるんが言ってくる。それを安心させるかの様に私は言った。

「一週間も前の事を根に持つほどねちっこくないよ。確かに今回の提案は最初はめぐるんへの嫌がらせ目的だったけど、良く考えてみたら悪くない話だと気が付いたの。めぐるんへの逆襲はまた今度ね。
それに安心して、付いて来るのはダンジョンの入り口までで良いよ。ダンジョンへの道中、危険なモンスターと遭遇したらあんたの魔法で蹴散らして」
「へっ?入り口までで良いんですか?……いやその前に、カズナ、その台詞の前になんて言いました?」

めぐるんが、もう一度今の言葉をリピートしろと言ってくるが、それをスルーしている私に、

「でも、何でいきなりダンジョン行くなんて言い出したんだ?ダンジョン行くなら、盗賊は必須だぞ?最近見かけねぇけど、クリスは?」

アクシズがソファーに埋もれる様に深く腰かけ、ダラリと脱力しながら言ってくる。
この冬の間、コイツは暖炉の前の一番暖かい場所を占拠しながら、お酒でも飲むか、もしくはこんな感じで何をするでも無くダラダラしていた。

「クリスは、急に忙しくなったって言ってたね。暫くの間留守にするらしいよ。けど、ダンジョン探索に必要な、罠発見や罠解除スキルは既にクリスに教えてもらって習得済みだよ。
……クリスに教えて貰ったんだけど、ダンジョンの中ってのは季節により生息モンスターが変わるって事が無いみたい。と言う訳で、あまり強いモンスターが居ないダンジョンに潜り、あわよくば一獲千金を狙ってみようかなと思う」

この一週間、私もただ寝てたりジッポ作り続けていた訳じゃ無い。
残り40ポイントほど残っていたスキルポイントを、それぞれ15ポイントずつ消費し、罠発見と罠解除を覚えておいた。
この二つのスキルの罠の発見率や解除成功率は、スキルレベルと器用度、そして幸運の強さも左右される。
器用度は人並みな私だが、そこは持ち前の運の強さでなんとかなると信じたい。

変な連中とばかり関わったり莫大な借金背負ったりと、私が幸運が高いってのは、一体何の冗談かと思えてくるけど。

ソファーに腰掛け、足を組んで両腕をソファーの背に回し、やたらとけしからん筋肉を強調させているダクネスが、

「む、待って欲しい。私の大剣が冬将軍に折られてしまったからな。今新しいのを発注しているが、完成までにまだ時間が掛かる。これでは私も戦力になれないのだが……」
「あんたは最初から戦力に入れてないから大丈夫だよ」
「ッ!?」

ダクネスが目を潤ませながらも頬を染めるが、きっと興奮半分、傷付き半分なのだろう。
半分は喜んでいるみたいだし、構ってやるのが面倒だ。
話を進める事にする。

「二人に誤解が無いよう言っとくけど、ダンジョンに潜るのは私一人だよ。皆には、ダンジョンに行くまでの道中の警護をして欲しい」
「「「?」」」


† † † † † † † † † † †


街から半日ほど掛けて山へと歩き、その山の麓にある獣道を進んで行く。雪が積もり、枝が邪魔する険しい道を、一体どれだけ歩いただろう。

唐突に現れた、かなり頑丈な作りの一軒のログハウス。そのログハウスの表には、避難所と書かれた看板がぶら下げられている。
そしてそのログハウスの近くの、山の岩肌に、奥をうかがい知れない様な真っ暗なダンジョンの入り口が、ポッカリと口を開けていた。
入り口は天然の洞窟の様なダンジョンだが、その内部をそっと覗くと、綺麗に整備された階段がダンジョンの奥へと続いていた。



このダンジョンの名は、キールのダンジョン。

その昔、キールと言う名の稀代きだいの天才と呼ばれたアークウィザードが、一人の貴族の令嬢に恋をした。
たまたま街の視察をしていた令嬢に、それまではただ魔法にのみ打ち込み、色恋になど全く興味を示さなかったその男は、令嬢を一目見ただけで恋に落ちた。

だが、勿論そんな恋は実る筈がない。
身分の差とはそれほど大きいものだ。
それをよく理解していた男は、その芽生えた恋心を忘れるかの様に、ひたすら魔法の修行と研究に没頭する。
月日は流れ、男はいつしかこの国最高のアークウィザードと呼ばれていた。
男は持てる魔術を惜しみなく使い、国の為に貢献した。
男は多くの人々に称えられ。
そして、男は王城に呼ばれ、男の為に宴が催された。
そんな男に、王が言う。
その功績に報いたい。
どんなものでも望みを一つ、叶えよう。

男は言った。
この世にたった一つ。どうしても叶わなかった、望みがあります。



その時、キールと言うアークウィザードが何を望んだのかは知られていない。
その後の話では、キールと言うそのアークウィザードが、貴族の令嬢を攫ってこのダンジョンを作り、立て籠ったらしい。
その後、一体どうなったかは伝えられてはいないらしいが。
まぁ普通に考えて、一介の魔法使いがダンジョンに立て籠り、幾ら頑張ってみた所で勝ち目なんて無かった事だろう。
今となっては、そんなダンジョンの出来た経緯も半ば忘れられ、現在はこうして、駆け出し冒険者達の初めてのダンジョン探索の為の、良い練習場所になっている。

私はキールのダンジョンの入り口で立ち止まると、後ろに付いて来ている三人を振り返った。

「よし。それじゃあ、此処から先は私一人で行って来るから、あんたらはそこの避難所で待ってて。一日経っても帰って来ない様なら、街に戻ってキースやテイラーに助けを求めて。
……って言っても、今日は偵察と実験を兼ねてお試しで潜るだけだから、すぐ帰って来るよ」

私の言葉に、三人が不安そうな表情を浮かべた。
ダクネスが腕を組み。

「……本当に行くのか?一人でダンジョンに潜るなんてちょっと聞いた事がないぞ。カズナの考えを聞く限り、喧しい全身鎧の私が付いて行っても、邪魔になるだけだろうが……」

まぁ、確かにこんな例はないのだろう。

「……僕も、付いて行ってもかえって邪魔になるだけですが。……やっぱり考え直しません?」

めぐるんが、不安そうに。

「大丈夫だ、俺が付いてってやるから」

そして、そんな頼もしい事をアクシズが言っ……

「……いや、来なくて良い。というか、一人の方が都合が良いんだって」

私はアクシズに、此処に来るまでに説明した事をもう一度言う事にした。

「アーチャーの持つスキル、千里眼があれば暗視が可能になる。これは以前試したんだけど、光が全く無い完全な真っ暗闇でも、空間の把握、あと、置いてある物の形が分かる様になる。
つまり私一人なら灯りが要らない。冒険者の持つ灯りを目印にするタイプのモンスターには、見つからなくなる訳」

勿論それぐらいで一人でダンジョンに潜れるなら、世のアーチャー達が皆やっているだろう。
しかし。

「次いでに言うなら、私は盗賊スキルの敵感知と潜伏があるでしょ。闇に紛れて、暗視で地形を確認し、敵を察知したら迂回する。
潜伏スキルがあるから、もし迂回が出来ない状況でも、暗闇の中壁にでも張り付いてればやり過ごす事が出来る。……と、思う」

こればかりは、試してみない事には断言は出来ない。

ダンジョンに潜るとは言っても、別に討伐クエストを受けてる訳でもない。
モンスターを倒してもお金にもならないなら、モンスターと戦闘しないで済むならそれに越した事はない。

モンスターをやり過ごし、お宝だけを掻っ攫う。
やっている事はなんだかコソ泥みたいだけど、これは色んなクラスのスキルを同時に習得出来る、冒険者だけの数少ない特権だ。
こんな時にこそ少ない長所を生かすべきだろう。

私は荷物の中から、狩り人が使う消臭の為のポーションの小瓶を取り出した。
ダンジョンのモンスターは暗闇に慣れている事だろう。つまり、視力以外で敵を感知する能力にも長けていると予想出来る。
例えば獲物の匂いだとか。
もしくは音だけど、これは音で勘付かれる前に、私の敵感知の方が早く察知出来る事を祈っておこう。
蛇の持つ、熱を感知する様なピット器官だとか、コウモリの超音波によるソナーだとかはどうにもならないが、此処のダンジョンにはそういったモンスターは生息しないらしい。
このダンジョンに棲むモンスターの情報は、ギルドに通って事前に調査済みだ。
なんせ、先週死んだばかり。
エリス様にはちょっと会いたいが、私だって流石に何度も死にたくない。

私は自分の身体に消臭のポーションを振り掛けた。
これがどれ程の効果があるのかは知らないが、まぁ使わないよりはマシだろう。
それに、以前初心者殺し相手に潜伏スキルを使った時も、匂いを気にしてはいたが結局立ち去って行った。
つまり、潜伏スキルは匂い等も多少は誤魔化してくれるのだろうと思う。
今はあの時よりも潜伏スキルのレベルも上がっているのだ。
うん、行ける。
行ける筈だ。

そもそも今回はあくまで実験。
上手くいけば儲けもの程度に考えておけば良い。
今回挑戦予定のこのダンジョンは、私のレベル的に考えてかなり格下のダンジョンだ。
この探索方法が確立されれば、此処の様な格下のダンジョンではなく、今後は、他の旨みのあるダンジョンで稼いでいけば良い。

そもそも、此処は街から半日程度で着くような距離にあるダンジョン。
既にこのダンジョン内部は冒険者達に荒らされ尽くしている事だろう。

大丈夫。
たとえ敵に遭っても、このダンジョンで遭遇する相手なら、遅れを取る事は無い筈だ。

「じゃあ行って来るよ。寒いし、モンスターに遭遇するかもしれないから、そこの避難所でのんびり待ってて」

私は皆に手を振り、ダンジョンの入口から中へと降りていく。

と、後ろから誰かが付いて来る音がした。
そこには、付いて来るのが当然とばかりに、平然とした顔のアクシズの姿。

「……あんた、私の話聞いてた?一人で行動した方が良いんだって。あんた、一緒に付いて来ても真っ暗で何も出来ないでしょ」

その私の言葉に、アクシズが余裕そうな表情でフフンと笑う。
叩いてやりたい。

「おいカズナ。この俺が誰だか忘れてないか?アークプリーストとは仮の姿。ほら、言え。めぐるんとダクネスは頑なに信じようとしねぇけど、ほら俺の職業言ってみろ」

「……トイレの神様でしょ?」
「違うわ、水の神様だろ!せめて宴会の神様で止めておけよ!」

正直なんの神様でも良いんだけど、一体コイツは何が言いたいんだろう。

「俺は仮にも神様だ。本来神の目には、全てを見通す力がある。カズナがこの世界に来る前の事。俺、カズナの事を知ってただろ?
地上に降りて力が弱まってはいるが、神様らしい力の一つや二つ、まだちゃんと残ってんだぞ?全てを見通すなんて事は出来なくなっても、闇を見通すぐらいはチョロいぜ!」

胸を張るアクシズに、私はどんどん不安になる。
潜伏スキルは触った相手にも発動するけど、正直どんなポカやらかされるのかが不安でならない。
どうしよう、どう断わろう。

しかし、そんな私にアクシズが言った。

「ダンジョンの中にはな、大抵アンデッドがいるものなんだ。そして彼らは、生者の生命力を目印にやって来る。
つまり、アンデッドモンスターには潜伏スキルなんて通用しない。なら、この俺が付いてってやるしかねぇだろ!」

もう、本当に嫌な予感しかしなかった。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く