話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第2部 10話

「泊ーめーてー」

クリスが大きなリュックを背負い、屋敷に来た。

結構な雪が降った。
雪が降ると、もう冬の冒険者はやる事がない。
正確には、駆け出し冒険者にとって冬の討伐は危険すぎるから誰もやらないのだ。

雪が積もるこの季節、馬小屋は堪えたのだろう。私もスキルを教えて貰ったし、それにダクネスの友人だ。
寒くなったらクリスを泊めてやっても良いかと、以前からダクネスに頼まれていたのだ。

「部屋は使ってないのが大量にあるから、適当な部屋を使うと良いよ」

私は屋敷の広間にて、ガチャガチャと胸当て等の装備を身につけながら言った。
私の言葉に、クリスが大喜びで背負っていた荷物を降ろす。友人が暫く泊まる事になり、なんとなくダクネスが嬉しそうだ。

荷物を降ろしたクリスが、クエストの支度をしている私の姿を見て言った。

「いやー、悪いね!冬の間、家事とか手伝うよ!……あれ?キミ、この寒いのにクエストなんかに行くの?」

私は腰に愛剣を差しながら、ギリッと歯を食いしばり。

「莫大な借金背負ったからね!背負ったからねッ!!」

思わずいつもより大声で返していた。

私の隣では、既に準備を終えためぐるんが、自分の杖を乾いた布で磨きながら、深々とため息を吐く。

「……まぁ、ダクネスのお父さんの尽力で、支払いは、ある時払いで良いって事になりましたし。……それにしても、理不尽な話です」

それにダクネスが、重い鎧をガチャリと鳴らし。

「手柄を横取りされた事がよほど腹に据えかねたのだろうな。器の小さいあの雌豚領主は、ベルディア討伐の為に、大金使って腕利きの冒険者や傭兵を雇い集めていたらしいし。
手柄を攫っていったカズナへの逆恨みと嫌がらせ……。後は人を集めるのに金を使ったから、褒賞を出し渋ったのだろうな」

私は篭手こてを付ける手を思わず止めて、

「何ソレ酷い。……って言うか、領主を知ってる口ぶりだね。まぁ、ララフィードだしね、そりゃ領主ぐらい面識あるか」
「ラ、ララフィードと呼ぶな!……私の父は、今は半分隠居の身だが国でも名の知れた重臣だからな。
今もこの街でのんびりしてはいるが、領主の相談役と言う肩書きになっている。だもので、今でもたまに困った事があると、その領主が家に来るのだ」

ほぉ。
あのお父さん、息子の教育には大失敗した様だけど、仕事の面ではあんな感じでも出来る男なんだ。
そういや国の懐刀がどうとか、めぐるんが言ってたね。

「……お坊っちゃま、お父様のお力添えで借金の方もなんとかなりませんかね?」
「お坊っちゃまと呼ぶな。……ならんな。父は極力あの雌豚領主には借りを作りたがらない。今回色々と尽力してくれたのも、父なりのカズナに対する礼らしい。これ以上の借りを作ると、また……」

……?

「また?何?」
「……また私を婿にくれと頼みに来るだろうな。私は、領主に何度も何度も求婚されていてな……。ううむ、家に相談に来る度に、厭らしい目で私を見てくる。
あの下卑た目つきとでっぷり太った身体、それでいて性欲も強く金に汚いと言う、貴族のお手本の様な奴だ。
なんせ、父が相談役としてここに留まっているのも、王に頼まれ、その領主が不正をしないかの監視も兼ねているぐらいだからな。
……とんでもない下衆で、ちょっとだけ私の好みに合わない事もないのだが、父が頑なに見合いを拒んでなぁ……」

つまりダクネスがお見合いしても良いと思えるぐらいにロクでもなく、典型的な駄目な貴族か。
まぁ、ダクネスのお父さんのお陰で、支払うのはお金が出来たらで良いって事になった訳だし。
そもそも、要らなくなって廃棄したから廃城って言うんだし、それを魔王幹部に乗っ取られた時点で、私達が城を攻撃したってしょうがない話でしょ。
こんなもの言い掛かりに近いんだから、屋敷は勿体無いけど、いざとなったら他の国に逃げちゃおうか。
てか、借金六千万ってアホか。
ロクな領主じゃなさそうだが、バックレたって借金ぐらいで、まさか命まで取りには来ないだろう。

…………来ないよね?

「ねぇ、その領主ってねちっこい?執念深かったりする?」

それにダクネスがフフッと笑った。

「執念深いな。私がまだ子供の頃から、ずっと事ある毎に近づいて来ては口説いてきた。カズナもショタコンだそうだが、コイツは凄いぞ。
子供はもとより、子を何人も持つ妻帯者まで、欲しい男は全部手に入れるという悪評がある。私との結婚も諦めてはいまい。私と結婚すれば、我が家の家格が付いてくるのだ。
父に何度も断わられて、私に対する愛憎が凄いらしいぞ。……そんなのにもし捕まったらどうなってしまうのか、考えただけでゾクゾクするな!」
「ショ、ショタコンじゃないから……ッ!!私は子供が好きなだけだから!……って、ねぇ変態、もしかしてウチのパーティにあんたがいるのもあるから、こんな理不尽な要求突きつけられてるとかは無いよね?そこまで恨まれてはいないんでしょ?」
「………………」
「ちょっと黙らないでよ。なんとか言ってよ、ねぇ」

それには答えず、ダクネスが、誤魔化す様に言ってきた。

「……今回の件で、お前がいつもより一割り増しぐらいで可愛く見える」
「あんたの好みを知ってるから、ちっとも褒め言葉に聞こえねぇよ!」

私とダクネスのそんなやり取りを見ていたクリスが言った。

「……なんかキミ、知らない間に随分とダクネスと仲良くなったんだね?」

頬の傷をポリポリと掻いて、面白くなさそうに言うクリス。
そこに、なんだか楽しそうに自慢の杖をキュッキュと磨き続けるめぐるんが、余計な一言を。

「まぁ、なんせ先日、ダクネスのお父さんに、息子を宜しく頼むと言われたぐらいの仲ですし」
「なななな、なんだとぉおッ!?」

よし、落ち着け。
クリスが目を白黒させて私を凄い勢いで見る。そのクリスに向けて、私はどうどうと手で抑えた。

「落ち着こう、落ち着いて話をしよう。実は……」

と私が説明する前に、ダクネスが勝手に喋り出す。

「実は昨日の事なんだが……。カズナに、無理やり好きでもない女と結婚させられそうになってな。私はソイツと戦いなんとか女に負けを認めさせたのだが……。
その後カズナが、痣だらけで上半身裸のあらわな私にこの寒空の下、水をぶっ掛けた後昏倒させ……。目が覚めたら、何故か父がカズナを認めていた」
「よし、表に出ろ、決闘だ!」
「ちちちち、ちがー!大体合ってるけど、大分違う!」

怒り狂うクリスの誤解を解くのに、えらく時間が掛かった事は省略する。




キッチリと装備を整え、準備を怠っていないかを確認。なんせ、今日受けるクエストはいつもとは訳が違う。

「ねぇ、そろそろソイツ起こして」

準備を整えた私は、めぐるんとダクネスに言った。
二人の視線は、広間に備え付けられていた明々と燃える暖炉の前。
そこに広間の真ん中に置いてあったソファーを勝手に移動させ、気持ち良さそうに眠りこけるアクシズの姿。
コイツは、寒くなってきてから部屋に戻らず、お酒を此処に持って来て、一日中暖炉の前を占領している。
それにクリスが近寄り、起こそうとする。

「アクシズさんアクシズさん?皆クエストに出掛けるみたいですよ?起きて下さ……、あーあー……」

クリスがアクシズをユサユサと動かすと、それにともないアクシズが口の端から涎を垂らした。それを甲斐甲斐しくハンカチで拭いてあげるクリス。
なんだろう、馬鹿な子供の世話をしている母親を見ている気分だ。
口元を拭いてもらい、その感触でアクシズが目を覚まし起き上がる。

「……はれ?お前誰?……っていうか、何か見た事ある……。なんだか懐かしい様な……」

寝ぼけた事を言うアクシズに、

「ちょっと忘れないでよ、クリスだよクリス。会った事あるでしょ、ダクネスの親友の」
「ハ……ハハ……。どうも……」

私がアクシズに説明すると、クリスが困った様にポリポリと頬の傷跡を掻いた。
私はよし、と気合を入れると立ち上がる。

「それじゃあ、クリス、まぁ暖かくなるまで好きに屋敷は使ってちょうだい。じゃあ、働いて来るから留守番お願い」
「はいよー。では気をつけて。行ってらっしゃい!」




ギルドに着いた私達は、真っ直ぐにクエストが張り出されている掲示板に向かう。
ギルドの中は飲んだくれ冒険者で賑わいを見せるにも関わらず、掲示板の前は閑散かんさんとしていた。
寒い上に危険なクエストしか無いとなれば、皆仕事などしたがらないのだろう。

「どれどれ……っと。……おお。報酬は良いのばかりだけど、本気でロクなクエストが残って無いね……」

縄張りを広げてきた白狼の群れの討伐200万エリス。冬眠から覚めてしまった一撃熊が牧場に出没、討伐なら300万、追い払うなら50万。
狼の群れなんて無理だね。
大型犬より大きくて速いのが大量に襲って来たら、まずやられる。
狼なんて群れで狩りをする生き物だし、柔らかそうなめぐるん辺りを狙われたら防ぎきれない。

熊は論外。
私とめぐるんが攻撃喰らったら、首を撫でられただけで即死だろう。
しかも一撃熊とか物騒な名前のヤツに関わりたくない。
後は…………。

……おお?

「ねぇ、この雪精討伐って何?名前からしてそんな強そうにも思えないんだけど」

雪精討伐。
一匹10万エリス。
今まで倒してきたモンスターの中でも随分高い報酬だが、名前的には狼やら熊ほど強くは感じられない。

「雪精は基本的にとても弱いです。雪深い雪原に多く居ると言われ、剣で斬れば簡単に四散させる事が出来ます。ですが……」

めぐるんの言葉に、私はその張り紙を剥がし取る。

「雪精討伐?雪精は、特に危害を与えて来る訳じゃ無いけど、一匹倒す毎に春が半日早く来るって言われるモンスターだ。それを受けるなら俺も準備してくる」

張り紙を剥がした私に、アクシズがちょっと待ってろと言い残して何処かに向かう。
めぐるんは雪精クエストを受ける事に文句は無さそうだ。
と、ダクネスがポツリと呟く。

「雪精か……」

昨日あれから、強いモンスターと戦いたがっているダクネスは、雪精クエストは嫌がるかと思っていたが、何故かちょっと嬉しそうだ。

……?
ちょっと疑問に思いながらも、私達はアクシズを待って、雪精討伐に出発した。


† † † † † † † † † †


街から離れた所にある平原地帯。
そこが、今は一面真っ白に輝いていた。

そして、きっとこれが雪精なのだろう。
そこかしこに、白く淡い、手の平ぐらいの大きさの丸い塊が漂っていた。
見るからに危険は無さそうだ。
しかし、こんな特に害も無さそうな物の討伐で、何故十万エリスもの褒賞が貰えるのだろう。

コイツを一匹倒す毎に春が半日早く来るだとか言っていたから、春に来て欲しい人達が高額の報酬を掛けているのかも知れない。

クエストは、報酬が高額でも、必ずしも対象のモンスターが強いとは限らない。

強さは普通で、人自体には危害は与えないが、畑の農作物を食い荒らすモンスター。
弱いが、積極的に人を襲う、好戦的なモンスター。

こう言った二つの場合、弱くても積極的に人を襲うモンスターの方が、大概報酬が大きくなる。
雪精の報酬の高さも気になるが、私はそれよりももっと疑問に思う事がもう一つ。

「……あんた、その格好どうにかならないの」

私は、虫網と小さな小瓶を幾つか抱えた、冬場に蝉取りにでも出かけていく馬鹿な子供の様な格好のアクシズに、呆れて言った。
そんな私に、アクシズが、ハァ?と言った、馬鹿を見る様な目で私を見た。
この野郎。

「全く。良いか?これで雪精を捕まえて、この小瓶の中に入れて置くんだ!で、そのまま酒と一緒に箱にでも入れて置けば、いつでもキンキンのクリムゾンビアーが飲めるって考えだ!
つまり、冷蔵庫作ろうって訳!何か作ろうってのはカズナだけじゃないんだぞ?どうだ?頭良いだろ?」

……何かオチが読めそうだけど、本人が勝手にやる事なので好きにやらせておこう。




「めぐるん、ダクネス!ソッチに逃げたのお願い!ああもうっ、チョロチョロと!」

普段はゆっくり漂っているクセに、攻撃すると突然素早い動きで逃げる雪精。
コイツに当てるのはなかなか困難だ。
まぁ、一匹十万なんて高額な褒賞が付いているのだから、これぐらいは当たり前なのかな?
私は三匹目の雪精を仕留め、ホッと息を吐いた。

「四匹目の雪精取ったぁあ!カズナ、見てくれ!大漁だ!」

嬉々としたアクシズの声にそちらを見ると、アクシズは虫網で捕まえた雪精を、小瓶にキュッと詰めていた。
……私も剣より虫網の方が良かったかな。
…………もしあんまり討伐出来なかったら、アイツの持ってる雪精も討伐してしまおう。

「カズナ、僕とダクネスで追い回しても、すばしっこくて当てられません……。爆裂魔法で辺り一面ぶっ飛ばして良いですか?」

ダクネスと二人で追い回し、杖で叩き、漸く一匹仕留めためぐるんが、荒い息を吐きながら言ってきた。
白狼とか一撃熊とかが寄って来ないかとも考えたが、敵感知スキルで常時注意して、反応があれば逃げれば良いか。

「よし、お願いめぐるん。纏めて一掃しちゃって」

その言葉にめぐるんが嬉々として呪文を唱え……

「『エクスプロージョン』ッッ!!」

何週間も時間は掛けたとはいえ、廃城すらも崩壊させた爆裂魔法が雪原の真ん中に放たれる。
冷たく乾いた空気をビリビリと振動させて、轟音と共に白い雪原のど真ん中に、茶色い地面を剥き出させたクレーターを作り上げた。
めぐるんが、すぐさま自分の冒険者カードを確認する。

「八匹!八匹やりましたよ。レベルも一つ上がりました!」

おお、やるなぁ。
と言う事は、私が三匹、めぐるんが九匹。

……アクシズの分も取り上げると、合計十六匹で、百六十万エリス。
四人で割って、一人四十万か。
まだ一時間も経っていないのにこの稼ぎ。
何これ、冬の討伐美味し過ぎるでしょ。

なんでこんな弱くて美味しい雪精討伐を誰もやらないの?

……そんな私の疑問に答えるかの様に。
私達の前に、突然それが現れた。

「……ん、出たな!」

ダクネスがソイツを見て、大剣を構えて嬉しそうにほくそ笑む。
突如湧き上がる様に出現したそれは、敵感知スキルで逃げるどころの話では無かった。

「あ……ああ……、ヤ、ヤバい、ヤバい……。カズナ、カ、カズナ……!」

めぐるんが、杖を両手で握り、小さく震える声で呟く。

「……カズナ。何故冬になると、冒険者達がクエストを受けなくなるのか。その理由を教えてやる」

アクシズが一歩後ずさり、そして、それから僅かにも目を逸らさずに。

私達の視線を集めるそれは、ズシャリと一歩、前に出る。

「カズナ。お前も日本に居たんだし、昔から、この時期になると天気予報やニュースで名前ぐらいは聞いただろ?」

それは全身を白く染め上げた重厚な鎧姿で、私達に途方も無い殺気を浴びせつける。
日本人である私は、それを一目見て、もうアクシズが言う前に何なのかを把握した。
その馬鹿げた姿にもうアクシズの言葉を待つまでも無いが、それでも私はジッと待つ。

「そう、雪精達の主にして、冬の風物詩とも言われている……」

日本式の白く重厚な鎧兜に、同じく真っ白で、素晴らしくキメ細やかな陣羽織。
そして、白い総面を付けた鎧武者が、おぼろげな、白い冷気を漂わせる刀を握り立っていた。

アクシズが、真面目な顔で呟いた。

「…………そう、冬将軍の到来だ」
「馬鹿ッ!!このクソッタレな世界の連中は、人も食べ物もモンスターも、皆揃って大馬鹿だッ!!」

恐ろしく斬れそうな抜き身の刀を煌めかせ、冬将軍が襲い掛かってきた!


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く