話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第2部 8話

「た、大変だ!カズナ、大変なんだ!」

それはベルディアを討ち取って四日目の朝の事。
私達が屋敷の広間でゴロゴロしていると、屋敷に突然、一人のイケメンが飛び込んで来た。
それは紳士的なイメージを与える高そうな漆黒のモーニングコートを着ながら、シルバーグレーのネクタイを結び、長い金髪を綺麗に纏めて片方の肩から流した、何処かの貴族みたいな人だ。
そんな格好だが、大変けしからんガタイの良いセクシーな身体をしている。
そんな人が、私の名前を叫んでいた。

「……あんた誰?」
「んん…ッ!?くっ……!カズナ!今はふざけている場合じゃ無い!そういったプレイは後にしてくれ!」

目の前の紳士的なイケメンが、頬を赤くしながら言ったそのロクでもない発言で、漸く気付いた。

「なんだ、ダクネスか。そのコスプレはどうしたの?何か新しいジャンルでも開拓中なの?」
「違うッ!!コ、コスプレじゃない!とにかく、まずはこれを見てくれ!」

そう言って、ダクネスがバンとテーブルに一枚のアルバムを叩きつけた。
ソファーでゴロゴロしていた私とアクシズとめぐるんは、どれどれとそれを見る。
アルバムと言うか、これは……。

「……何これ?おお?なんだこの美女は、ムカつく」

清純そうで凛とした美女が写っていたそれを、私は思わず無意識の内にビリッ……と。

「ああッ!?な、何をするんだッ!!そんな事したら、見合い写真を返して断わる事が出来なくなるだろうがッ!!」

ハッ!?

「あれ?ごめん、つい!何故だろう、自分でも手が無意識に……。って言うか、お見合い写真?」

私はアルバムを手に首を傾げた。

暫く部屋に閉じ込もっていたダクネスが、漸く出てきたのが昨日の事。
そのまま、ちょっと家に行って来ると言って、今朝まで帰って来なかったんだけど……。

「そうだ!普段なら、見合い話が持ち上がった瞬間に全てぶち壊して来たのだが!私が三日ほど部屋に閉じ込もり、世間から離れている間に、あっと言う間に見合いの段取りが組まれていたッ!!私が引き込もる原因を作ったカズナの所為だぞ、どうしてくれる!」

狼狽えるダクネスが、オロオロしながら言ってくる。

「ちょ、待ってよ、私は日頃あんたらに苦労掛けられてるストレスをここぞとばかりに晴らしただけで。まぁ涙目で、本気で恥ずかしがるあんたを見て、楽しくなかったと言えば嘘になるけど……ああッ!!コ、コラッ、止めなさい!
でも、お見合いが嫌なら断われば良いでしょ、今アルバム直してあげるから。アクシズ、悪いんだけどご飯粒持って来てくれない?」
「はいはーい」

私はバタバタと駆けて行くアクシズを見送って、涙目で私の首根っこを掴み上げ振り回そうとするダクネスを落ち着かせようと、テーブルの上の飲み物を勧めた。
テーブルの上には朝から、アルコールが弱い物とはいえお酒類が置かれている。

「……なんだ?朝から酒を飲んでるなんて珍しいな、アクシズでもあるまいし」

そのダクネスの言葉に、チビチビと果実酒を舐めながら、めぐるんが上機嫌で。

「実は、ダクネスが閉じ込もってる間にギルドから通達が来まして。今日の夕方、ギルドに領主さんの使いが来て、ベルディア討伐の報酬が貰えるそうなんですよ。
戦闘に参加したこの街の冒険者全員に貰えるそうで、街の冒険者達はお祭り騒ぎです」

そう、仮にも魔王軍の幹部だったベルディア。
そのベルディア討伐と言う事で、この地方の領主が腕利きの傭兵や冒険者を集め、さぁベルディア討伐だと意気込み、この街へ行こうとしていた矢先に、それをこの街の駆け出し達で倒してしまった。
大手柄を上げられると意気込んでいた領主としては随分と複雑な思いだろうが、それでも評価しない訳にはいかないのだろう。

今の季節はもう冬に入り始めている。
冬は、冒険者達はあまり仕事はせず、じっと街に篭り大人しくしている。
冬になると、討伐対象のモンスターがあまり活動しなくなるからだ。
僅かに活動するモンスターはと言えば、少ないエサを求め、狂暴性が増している肉食系の、割に合わないとびきり危険なモンスターばかりだ。
本来なら冬を前にし、お金を蓄えておきたい所だったのだが、ここ最近ベルディアが現れた事による勅令ちょくれいクエストのせいで、他のクエストを受けられずにいた懐の寂しい冒険者達。
そこに、領主から今回の勅令クエストの報酬が出るとなれば、それは浮かれるのも仕方が無い。

「……む、私が引き込もってる間に、そんな楽しげな事になっていたのか」
「そういうこと。あ、今日のお昼ぐらいからギルドで宴会があるよ。アクシズがやたら張り切ってた。
……でも、アイツ虫取り網と虫籠持って、昨日から不審な行動取ってたんだよね……。なんか、アクシズの部屋からケキョケキョ鳴く声が聞こえたり、何かが暴れる音がしたり。
……犬やら猫やらも、放っとくと何でも家に持って帰って来るからね。アクシズが変な生き物拾って来ない様に注意しないと」

私のその言葉に、何故かダクネスが泣きそうな顔を浮かべた。

「カズナ……どうしよう。その……見合いが、今日のお昼からなんだ。宴会があるのに本当に申し訳無いんだが、一緒に来ては貰えないか?」




「……つまり、こういう事ですか?ダクネスのお父さんが、危険な冒険者稼業を辞めさせたくて、隙あらば勝手にお見合いをセッティングしてくると。で、ダクネスとしてはまだまだ結婚はしたくない、と」

めぐるんが、チビチビお酒を舐める様に飲みながら言った。

テーブルではアクシズが、持ってきたご飯粒で私がちょっと破ってしまったアルバムの部分を丁寧に修復していた。
破った私がやろうとしたんだけど、なんか楽しそうに、やたら器用に修復していくので任せている。
コイツは、どうでも良い様な事では本当に多芸だなぁ……。

「……ん、そうだ。正直言って、私は今の暮らしに満足している。この稼業を続け冒険者として名が売れれば、やがて邪悪な魔道士や魔王軍の手の者に目を付けられ、抵抗虚しく捕まり、とんでもない目に合わされてしまうかもしれない。
それはもうきっと凄いもので、手枷足枷を付けられ、あられもない姿で……ッ!!や、やめろぉお……ッ!!」
「あんたはもう引退して、婿に行った方が良いんじゃないかな」

自分の想像に浸り、赤い顔でモジモジし出したダクネスから、私はちょっとだけ距離を置く。
めぐるんが、チビチビ舐めていたコップを置き、不思議そうに言った。

「でも、そんなに嫌なら断われば良いじゃ無いですか。政略結婚でもあるまいし、ダクネスが相手を気に入らないと一言言えば済む話じゃないんですか?」

その言葉に、ダクネスが俯き。
腕を胸の前で組み、悩んだ末に意を決した様な面持ちで言ってきた。

「その……。わ、私は本名を、ダスティネス・フォード・ララフィードと言う。その……そこそこ大きな貴族の息子だ」
「「「ええッ!?」」」

私達三人が驚くのを、ダクネスがちょっと寂しげな顔をして表情を陰らせた。
きっと、今までも名前を名乗り、こうやって驚かれる様な事があったのだろう。

「ダスティネスって……!そこそこじゃなく、滅茶滅茶大きな貴族じゃないですかッ!!この国の懐刀とまで言われている、あのダスティネス!?この街に居を構える!?」

驚きの声を上げるめぐるんに、ダクネスが小さな声で。

「……そうだ」

それに続いてアクシズが言った。

「なに!?じゃあ、ダクネスの家の子になれば毎日ゴロゴロ贅沢三昧出来るって事か!?」

見当外れな事を口走るアクシズに、ちょっと戸惑った声でダクネスが。

「そ、そうだ……、い、いや、まず家は養子は今の所必要としていないから……」

戸惑うダクネスに、私は一番大事な事を突っ込んだ。

「ダクネス、あんた……!普段、うむとか、ああ、とかそうだな、とかそんな口調なのにッ!!本名はララフィードなんて貴族っぽい名前だったのッ!?」
「ラ、ララフィードと呼ぶなぁ……ッ!!」

ララフィードが赤い顔で、涙目になって大声を上げた。驚きのあまり立ち上がっていためぐるんが、改めてソファーに座り直し。

「ふぅ……。まぁ、確かに驚きましたがダクネスはダクネスですし。僕にとっては超硬いクルセイダーで大事な仲間。まぁそれだけの事ですよ」

めぐるんの言葉に、ダクネスが少しだけ嬉しそうな表情を浮かべ。

「………ん、これからも宜しく頼む」

そう言って、安心した様に微笑んだ。
アクシズが、そんな二人を見て嬉々として自分を指差す。

「……なぁなぁ、俺もビックリする事言って良いか?その、こないだは二人共信じなかったけど、俺……。実は、本当に神なんだ!」
「「そうなんだ、凄いね!」」
「信じろよぉおッ!!」

グスグス言いながらご飯粒で破れたアルバムを修復する作業に戻るアクシズ。
そんな三人を見ながら、私は一人考えていた。

なるほど、これで納得いった。
ダクネスが場違いなコスプレしてる理由も、理由も無しにお見合いを断われないという事も。
となれば、これは確かにギルドの宴会どころじゃない話だ。
放っておけば、ウチの大事なクルセイダーが婿に行ってしま…………。
……ん?
…………んん?

「これ持っていけばお見合い断われるのか?はい、これ。どうだ?完璧だろ?」

誰かがこれを見ても一体何処が破れていたのかが分からないぐらいに完璧に修復されたお見合い写真のアルバムを、アクシズは得意気な顔で、はいと私に手渡した。

待てよ、ダクネスが婿に行く?
それはつまり、ウチのパーティから攻撃が当たらないクルセイダーが寿退社すると言う事だ。
寿退社。
そう、つまりはめでたい事だ。
別にいらない子としてパーティから追い出す訳じゃ無い。
別に、ダクネスの事が嫌いだとか言うんじゃない。可笑しな所は多々あるが、悪い奴じゃない。
しかし先行きも不安な私のパーティで、貴族の息子のダクネスを冒険者として縛り付けても良い物だろうか?
いや、良くない。
ダクネスが結婚すれば、きっとダクネスの両親も安心する。私も何だかんだ言ってダクネスの事が心配だ。
断言出来る。
有り得ないが、もし万が一私達が魔王の城にでも行ったなら、コイツは間違いなく魔王に捕縛されたがり、足を引っ張り出すだろう。
そうこれはつまり……ッ!!

皆が幸せになれる訳だ!

「ああ……。一応理由が必要だが、それを丁重に相手に返して、こういった理由があるのでと謝ればなんとか……。そこで、出来れば誰かに付いて来て貰いたいのだが……」

私の手に渡された、修復されたアルバムを見たダクネスが、少しだけホッとした様な表情で、私達にそんな事を頼んできて……。

「これだぁあああああああああッ!!」
「「「あああああああッ!?」」」

私はアルバムを真っ二つに裂いていた。


† † † † † † † † † † †


「じゃあ行って来る!ごめんなダクネス、ギルドの職員に頼まれてて、俺、どうしても外せないんだ。昨日からの芸の仕込みもあるしな!」

ギルド職員に宴会奉行として指名されている宴会を司る神様は、ダクネスに申し訳なさそうな顔で謝った。
私としても、この展開は大変都合が良い。
あの宴会を司る神様がいると、間違いなくお見合いはぶち壊されるだろうから。
アクシズは私から貰ったお小遣いを上機嫌で握り締め、何度も振り返りながらギルドの宴会へと出掛けて行った。
せっかくアクシズが修復したお見合いのアルバムを私が勢いで再び破ってしまった際、アクシズがグズり出し、その機嫌を直す為に宴会での軍資金としてお小遣いをあげたのだ。
それに多少お金を持っていれば、その分ギルドの宴会に長く居てくれるだろうと言う打算もある。

アクシズを見送りながら、私は背後に強烈な視線を浴びていた。それは、涙目で無言で私を睨みつけるダクネスの視線。
そして同じく、無言で冷たい目で見てくるめぐるんの視線。

こ、怖いです。

「ま、まぁ落ち着いて。これは、今後の為でもあるんだから」

私の苦し紛れの言い訳に、ダクネスが未だ涙目ながらも。

「……どう言う事だ?」

私はダクネスとめぐるんに、懇々こんこんと説明した。
つまり、ずっと冒険者をやって行くのなら、この際一度お見合いをやってみてはと言う事を。
どうせ今回断わったとしても、すぐ次の話を持ってくる。それに、家に三日帰らなかっただけでこれほど素早くお見合い話をセッティングされてしまったのだ。
今後、何日も街を出て遠出する様なクエストもあるかもしれない。
その度に今回みたいな騒ぎになるの?
それなら、一度お見合いをしてみて、それをぶち壊してしまってはどうかと言う提案だ。
ダクネスの家の名が傷付かない程度で。
しかし、相手からこの話を断わらせる様に持って行く。
するとどうだ、ダクネスの両親も、次から持ってくるお見合いの話は慎重にもなるだろう。
何度もお見合いをしてその度他家に断わられるとあっては家の恥だ。
無論、私とめぐるんの二人も、使用人と言う形でお見合いに付いて行っても良い。
そして、然り気なくダクネスが相手に嫌われる様にフォローするのだ。

そんな私の話を聞いていた二人は。

「そ、それだカズナッ!!それで行こう!それが上手くいけば、もう一々見合い話が持ち上がる度に父を張り倒しに行かなくて済む!」

お、お父さん可哀想に……。

「なるほど、確かにそれなら、今後は安心して長期に渡るクエストも受けられますね。やるじゃないですかカズナ。
僕は単に、手の掛かるのが一人婿に行ってくれればその分新しいメンバー入れて、楽が出来る!みたいに考えてたのかと思いました」

めぐるんの言葉にビクリとする。

「ち、違うよ?ダクネスみたいな優秀なクルセイダーを、今更手放せる訳がないでしょ?」

そういや、紅魔族は頭の良い種族って言ってたね。
今後、めぐるんには警戒しとこう。




「ほ、本当に?本当に良いのかララフィード!本当に、見合いを受けてくれるのか!と、父さんを殴りに来たのでは無いのか?」

ララフィード、もといダクネスのお父さんが、ダクネスの手を握り興奮して言って来た。

此処はこの街にあるダクネスの実家である屋敷の中。
そこで、ダクネスがお見合いを受ける事をお父さんに報告したのだが。

「本当です父上。私は此度こたび、このお見合いを受けようかと思います」

そのダクネスの言葉を聞いた私とめぐるんが、思わず顔を俯かせた。
普段と全然違う言葉遣いのララフィードお坊っちゃまに、私が笑いを堪えて肩を震わせていると、お坊っちゃまが顔を赤くして私を睨む。
そんな私達を見て、お父さんが不審に思ったようだった。

「ララフィード、この二人は?」

その言葉に、ダクネスが私とめぐるんに手を向けて、

「この方々は、私の冒険仲間です。今回の見合いに、臨時のメイドと執事として同伴させようかと」

それに、お父さんが顔をしかめて難色を示した。

「……むぅ。だが、それは……」

これはいけない。
私はズイと一歩前に出ると、背筋をピンと伸ばし、手を前に組んでお辞儀した。

「初めまして。私は日頃ララフィード様にお世話になっている、冒険者のサトウ・カズナと申します。
この度は、このお見合いが無事成功した暁にはララフィード様とは、私達は身分の違いからもう会えなくなるでしょう。
ならば最後に、無理を承知で傍に控え、大切な仲間を任せられる相手かを拝見したく存じます」

そんな台詞を、一度も噛む事無くスラスラと言って、そのままゆっくりと頭を上げた。
今の私は超有能な出来る女だ。
お坊っちゃまを無事婿に送り出せるなら、どんな事でも出来る気がする。

そんな突如豹変した私に、ダクネスとめぐるんがポカンと見ていた。



「カズナ様、此方がメイド服になります。サイズは合うかと思いますが、試してみて下さいませ」

私はメイドさんから服を受け取り、部屋の中で着替えを済ます。
うん、調度良い。

「大丈夫みたいです」

私の言葉を聞いて、メイドさんは一礼して去って行った。

お父さんに無事臨時のメイドとして雇ってもらえた私は、完全なメイドの格好で、部屋の外で私を待っていたダクネスの元へ。
そこには既に、執事服を着ためぐるんがいた。
普段前髪を綺麗にパッツンと切り揃えている黒髪のめぐるんは、執事服が意外に似合っていた。
ショタと言ったら怒られるだろうが、まだ幼さを残した愛らしさと元々整っていた顔立ちのカッコ良さから、その二つの魅力が相まってとても様になっている。

「凄いよめぐるんカッコ良いよ。その姿でギルドに行ったら、多分誰も頭の可笑しい爆裂小僧だとは気付かないよ。似合ってる」

私の褒め言葉に、めぐるんが微妙に嫌そうな顔をした。

「褒めてるのか馬鹿にしてるのかどっちなんですか?因みに今は杖を持っていないので、魔法を唱えても威力が半減してるのが残念ですが……」
「や、やめてよ、褒めてるんだよ珍しく!……じゃあ、準備は良い?ララフィードお坊っちゃま」
「ラ、ララフィードお坊っちゃまは止めろ!せめて、人前ではララフィード様だけにしてくれ!」

ダクネスが恥ずかしそうに食って掛かる。

お見合いはこの屋敷で行なわれる。
相手も貴族のお嬢様だ。
私は先ほど、ダクネスのお父さんに頼まれた。
頼まれてしまった。
息子が相手に粗相をしない様助けてやってくれないか、と。
そして、更にこうも言われてしまった。
お見合いが上手くいったなら、報酬を出させて貰おう、と。

私とお父さんは元々利害が一致する上に、しかも報酬というオマケまで付いてくる事になってしまった。
これは嫌でもやる気が出てくる。
お見合い相手が、余程ロクでもない奴だったら私も邪魔する側に回ってやろうかと思ってたけど、ちょっとぐらい嫌な奴でも多めに見てしまいそうだ。

屋敷玄関の前に使用人達がズラリと並ぶ中、ダクネスとお父さんの両名が玄関前の真ん中に立つ。
私とめぐるんはダクネスの両側に控える様に。そういやダクネスのお母さんはどうしたんだろうと思ったが、今は気にしないでおく。
相手は間も無く来るそうだ。

「しかし……。お前が見合いを受けてくれるなんて、本当に嬉しいよ……。相手は本当に良い人だ。幸せになるんだぞララフィード」

にこやかに笑いかける親父さん。
だがそれに、ダクネスがキッパリと。

「嫌です父上。私は、見合いを受けるとだけ言ったのです。フフフ……もう今更遅い。ぶち壊してやる。見合いなんて、ぶち壊してやるぞ!フハハハハ!」

もう演技する必要は無くなったとばかりに、ダクネスが本性を現した!
それを見たお父さんが私達の真意に気付き、青い顔をして……

「ま、まさかそこの二人も、最初からそれが目的で……!」

お父さんが怯えた様に私を見る。
駄目だなぁ、ダクネスの奴頭に血が昇って、家の名前を傷つけない程度にって所を忘れてる。
もう形振なりふり構わないつもりだろう。ならもう、私もこれ以上演技する必要は無い。

「……ララフィード様、その様な、はしたない言葉使いはお止め下さい」

私の言葉にダクネスとお父さんがハッと此方を見た。

めぐるんは、貴族のお見合いと言うこの状況の緊張の為か、青い顔で先ほどから言葉も発せず固まっている。
私の発言の真意をみ取り、ダクネスはみるみる顔をしかめ、逆にお父さんは目に涙を浮かべ、まるで私を救いの女神かという様な目で見だした。

「カズナ、き、貴様……ッ!!どう言うつもりだ、裏切る気か!」
「裏切るも何もありませんよララフィード様、今の私はダスティネス家の臨時メイド。ララフィード様が幸せになれる事が私の望みです」

私の言葉にお父さんが、おお……と呟く。

「カ、カズナさんと言ったね!この見合いが成功しなくても……、せめて、ララフィードが粗相をしない様にフォローしてくれるだけでも良い!報酬はたっぷり弾む!だ、だから……」

私はお父さんが全てを言う前に、左足を引き右足を少し曲げ、背すじをピンと伸ばし、少しだけ腰を落とし頭を下げた。
オタクの知識を甘く見てはいけない、メイドのお辞儀作法なんていうマニアックなものも、キッチリ覚えている。

「お任せ下さい旦那様。このカズナ、全身全霊を持って、ララフィード様を……」

その時だった。
玄関のドアがガチャリと開き、そこからあの写真の美女が現れる。
周りにはお付きの者を引き連れて。
ダクネスが、先手必勝とばかりに腕を組み、お見合い相手を睨みつけながら言い放つ!

「貴様がこの私の見合い相手か!我が名はダスティネス・フォード・ララフィード!私の事はダスティネス様と呼」
「あら危ないララフィード様!頭の後ろに刺す虫が止まっておりますッ!!」

私はダクネスの後頭部を思い切り引っぱたいた!


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く