この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第2部 2話

「そういや、前もそんな事言ってたな。でも店を出すったって、何の店を出すつもりだ?商売の経験なんてないだろ?
此処に来る前は、近所の小学生にゲームの腕を自慢して喜んでる様なショタヒッキーだったんだし」
「おっと、コイツは一本取られたね!ねぇ、あんたの着てる羽衣だか神器だかを寄越して。売っ払ってお店の開業資金の足しにするから。自分で脱がないなら、スティールでひん剥いてやる」

アクシズの挑発に、私は慌てて逃げようとするアクシズに、スティールを唱える構えを見せる。

「まあまあ。えっと、カズナは何か商売の当てでもあるんですか?まぁ、カズナの幸運が高いのは知ってますし。
商売人に必要なのは機転でも知恵でもなく、騙されて仕入れてしまったガラクタを、流行の品に変えてしまえるほどの強運だ、ってのは、一文無しの状態から世界に名だたる大富豪になった大商人の格言ですが……。アクシズも言いましたが、お店って、何の店を出すつもりで?」

めぐるんの言葉に、ダクネスの後ろに隠れて私のスティールに怯えるアクシズは、とりあえず置いておく。

「あんたらには言っておくけどさ。私、この国の人間じゃないんだよ。細かい事は省くけど、凄い遠くの国って言うか。
で、だ。私の国にあった便利な物ってのは、この国って言うか、少なくともこの街には無い。なので、それら便利グッズをお手軽に作って売り捌こうって思ってね」

私の言葉に、ダクネスが首を傾げた。

「便利グッズ?……例えばどんな物だ?」
「うーん、沢山あるけど……。例えば、この街にはライターなんて物は無いでしょ?ガスライターは無理だとしても、この街にはオイルとかはちゃんとあるのに、ジッポとか使ってる人は見た事無い。
ティンダーなんて着火魔法があるから誰も発明しないのかも知れないけど、お手軽に火を起こす道具って見かけないよね」
「おおっ、言われてみれば」

私の言葉に、アクシズがポンと手を打った。

「「ジッポ?ライター?」」

何かに納得した様なアクシズとは対称的に、ダクネスとめぐるんが首を傾げた。
そして、ダクネスが懐から何かを取り出し。

「こういった、火打石ではいかんのか?火なんて誰でも起こせるだろうに」

そう言って、カンカンと火打石を叩いて火花を散らす。

「そんな、藁とかに一生懸命火花を散らして、時間かけてフーフーするやり方じゃなくてさ。言ってみれば、子供だろうが誰だろうが簡単に使えるティンダーの魔法みたいな物だよ。
ティンダーって、誰でも使える訳じゃないでしょ?しかも、攻撃力が無い初級属性魔法は習得する人が少ないって聞くし。ねぇアクシズ、あんたならライターの便利さが分かるよね」

私の言葉にアクシズがコクコク頷く。

「分かるぞ、火打石って時間掛かるんだよな。野外でキャンプする事が多い冒険者は勿論、一般家庭の奥様まで、ライターは幅広く売れると思う」

私とアクシズの言葉に、めぐるんが考え込む。

「まぁ、本当にティンダーの魔法みたいに一瞬で火が点けられるのなら、それは誰でも欲しがるとは思いますが。でも、そんな便利な魔道具を買う人なんて、一部の上流階級の人しかいませんよ?一つ何十万エリスで売る気かは知りませんが……」
「いや、私の国じゃ一つ百エリスぐらいで売ってるんだよ、そんな便利グッズが」
「えッ!?」

めぐるんが驚くのも無理は無い。
この世界では魔道具の類は非常に高い。
部屋を涼しくするクーラーみたいな魔道具があるんだけど、これが一つ数百万からするとか。
当然そんな物は貴族だのと言った、上流階級の連中しか持ってない。

「ジッポぐらいなら、火打石とオイルは既にある訳だし、あの火花を散らすシュッてする部分を作れればなんとかなると思わない?」
「あの、シュッてする部分か。あれぐらいなら、カズナが鍛冶スキルでも取って来れば何とかなるんじゃないか?」

シュッとする部分と言っても、ライターやジッポの現物を知っているアクシズと私だけにしか通じない話だが、鍛冶スキルとやらを取ればなんとかいける様だ。

現在の私のレベルが22。
千里眼と狙撃スキルの習得にそれぞれ15ポイントずつ使ったけど、今の私のスキルポイントの残量はまだ70ポイントもある。
鍛冶スキルがどれだけポイント喰うのか分からないが、スキルポイントは充分足りるだろう。
となると、鍛冶スキルを教えてくれる奴を探さなければいけないのだが……。
その事を三人に相談すると、

「……ん、心当たりがある。私の鎧をオーダーメイドした所の主人なら、頼めば教えてくれると思う。ちょっと行って頼んでみようか」
「僕の杖をマナタイト製に改造して貰ったあそこですね?僕も顔馴染みですから一緒に行きますよ。そして、僕からもお願いしてみます」

ダクネスとめぐるんが鍛冶スキル習得の交渉を買って出てくれた。
私も一緒に行って頼むべきなのかもしれないけど、スキルを覚える前に、私もちょっと寄りたい所がある。

「それじゃ、二人に頼んでも良い?私はちょっとアクシズと一緒に行く所があるんだよ」

私のその言葉に、アクシズがキョトンとしながら自分の顔を指差した。

「……俺?」


† † † † † † † † † † †


「なぁなぁ何処行くんだ?って言うかカズナ、店を出すって前から言ってたけど、冒険者辞めるの?」

私の後ろを付いてきながらアクシズが言う。

「違がわい。せっかく異世界に来たんだし、冒険者稼業は勿論続ける。そもそもそれがしたくてこの世界に来た訳だし。
でも、出来れば安全で怖くないクエストね。つまり、私にとって冒険稼業は趣味。ぶっちゃけ、こんな割に合わない仕事を本業にはしたくない。
モンスターの返り血と泥に塗れて命がけの仕事をして、その日の稼ぎが数万円ってどんだけブラックなの。
私は魔王だとか言った物騒なのを何とかしたいとは思わないし、冒険者として大成功したいとも思わないし、そもそも、出来るとも思えないしね。
日本で得た知識と技術で濡れ手に粟で楽して稼いで、たまにちょろっと冒険して、そんな感じのぬるま湯人生を送りたい。ただ、それだけだよ」

私のしみじみと実感の込もった本音に、何故かアクシズが関心した様な顔をした。

「はー……流石長年ヒッキーやってた訳じゃないな、何ていうか凄く後ろ向きでいて、でも悪くない考えだ。
特に、濡れ手に泡で楽して儲けるって所には共感が持てる。……それは良いんだけど、一体何処に向かってんの?」

褒めているのか分からないアクシズの言葉を聞きながら、私は目の前の目的地であるマジックショップを指差した。




「おらぁあ!出て来いアンデッド!お前に引導渡しに来てやったぞッ!!」

叫びながら、アクシズがウィズのお店のドアを蹴り開けた。

「な、何ッ!?強盗!?ヤクザ!?……ヒィッ!!ア、アクシズ様ッ!!」

なんだか強盗やヤクザよりも恐れられている感じのアクシズ。
突然のアクシズの襲撃に怯えるウィズに、遅れてお店に入った私は敵意が無い事を示す様に笑いかけた。

「やっほーウィズ、久しぶり。今日はちょっと相談したい事があって来たんだ」
「お前の墓石にはなんて彫るのかって相談だ!」

訳の分からない事を口走るアクシズは無視して私はウィズに相談を持ちかける。
と言うのも、私が鍛冶スキルを取ったとしても、いきなりお店を出すお金も無く、商品を作っても置いて貰える場所が無い。
そこで、ちょっとの間ウィズの店の空いている所で置かせて貰えないかと思った訳だ。

「ウィズにちょっと、頼みたい事があるんだよ」
「頼みってのは他でもない、今からサクッと成仏してくれって事だ!」

私は喧しいアクシズを押しのけ、ウィズに事の次第を説明する。
ある便利な道具を作るから、良ければ置かせてもらえないかと。売れた場合は、勿論ウィズのお店にも利益は払う。
置いてもらえるかどうかは物を見てからで良い、と。

「どうだろ、こんな事頼めるのはウィズぐらいしか居なくてさ」
「つまりカズナが言っているのはこういう事だ、これからこの店は俺達が経営するからとっとと店の権利書をいだいッ!!」

いつまでも喧しいアクシズの股間に金蹴りゴールデンキックをお見舞いして黙らせ、私はウィズに頭を下げて頼み込んだ。
お店の床に股間を押さえて踞るアクシズに怯えながらも、ウィズが優しげな微笑を浮かべ。

「そんな事ならちっとも構いませんとも。寧ろ商品が増えるのは願ったりです。宝島の時の利益で借金の大部分は何とかなったんですが、元々あまり繁盛しているお店では無かったもので……。何を売る気かは知りませんが、期待してますよカズナちゃん」

にこりと笑いながらアッサリと承諾してくれたウィズに、私も思わず笑みが零れる。
お店の床に踞るのがいなければ、もう少し良い雰囲気になったものを。

……と、ウィズが少し表情を曇らせた。
それは、何かを言うべきか言わないべきかと迷っている様な顔だ。

「……?どうしたの?気になる事があるなら言ってね?無理に頼んでる訳じゃないから、もし何か、思う所があるんなら……」

私の言葉に、ウィズが慌てて手を振った。

「い、いえ違うんです!その、カズナちゃんが作った物を置いてくれってお話は、私としても有り難いんです!そうではなくて、その……アクシズ様の事なんですが……」

そう言って、ウィズが困った様に口籠る。

「……?コイツがどうかした?ああ、これから商品を置いて貰う事になったらアクシズがちょこちょこ顔出しに来ると困るとか?コイツが怖いなら、なるべく此処には来させない様にするけど」

こんなんでも一応神だ。
アンデッドとしてはやはり、気が気ではないのかも知れない。

「……い、いえ、そうではなく……。来て頂いても良いんですが、いつも此処に来る度に、アクシズ様が店のお客さんに、此処の商品はこの女店主がとても人に言えない様な製法で作った物ばかりだから、買わない方が良いと吹き込んで……」
「ねぇ、どう言う事」

詰問きつもんする私の低い声に、アクシズが床で踞りながらビクリとする。

「い、いえ!それはもう良いんです!何故か不思議な事に、それからウチの店の聖水とかが男の冒険者の方々に凄く売れ出したので、その事は別に……」

……それは、売れて良かったですねと言うべき所なのだろうか。それより、リッチーが聖水とか売ってて大丈夫なんだろうか。
と言うか、そもそもこの街の冒険者達は色々と大丈夫なんだろうか。

「それよりも、その……。アクシズ様がウチの店の商品をあちこち触るもので、呪術用の薬やネクロマンシーに使う秘薬等が片っ端から浄化されていってしまいまして、かなりの商品が駄目に……」
「どういう事駄目神ぃいいいッ!!」

この馬鹿はちょっと目を放した隙に、ちょこちょこウィズのお店に嫌がらせに来ていたらしい。
私はアクシズを引き起こすと、その頭を掴んでウィズに向かって下げさせようとした。

「ウィズ、ごめん!商品の分は私が責任持ってコイツからお金を巻き上げて弁償させる!ほら、あんたもちゃんとごめんなさいしなさい!」
「待てよカズナ!嫌だ!何で神がリッチーに頭下げなきゃいけねぇんだッ!!大体、触った穢れた水を浄化しちまうのは俺の体質なんだからしょうがねぇだろ!
植物が日の光を浴びたら光合成するみてぇに、俺が水に触れたら浄化しちまうんだよ!こればっかりはしょうがねぇよ!」

いや、そもそも商品に勝手に触るなよ。
私は、首に力を込めて頑なに頭を下げようとしないアアクシズの代わりに、深々と頭を下げる。
なんか不動産屋といい、最近色んな所にコイツの所為で謝らされてばかりいるなぁ。
まるでアクシズのお母さんみたいな気分だ。

「あ、頭を上げて下さい!良いんです、過ぎた事は!ただ、これからは、出来れば商品を浄化しないで欲しいってだけで……!
アクシズ様には、墓地の迷える霊達を空に還して頂いたりと、随分とお手を煩わせてしまっておりますから……!」

そう言って、慌てて頭を下げてくるウィズ。
その真っ直ぐなウィズの言葉を聞いて、最近まで墓場の霊の浄化を手抜きし、街に悪霊騒動を引き起こしたアクシズが目を逸らした。


…………もうあんた、ウィズと職業交換してもらえよ。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く