話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第2部 1話

私がこの世界に来て、数ヶ月が経った。

その間、様々なスキルを習得したり、屋敷を安値で手に入れたり。こつこつスキルを使い続け、習得したスキルレベルも順調に上がっている。
初級属性魔法と不死王の手、片手剣修練は、使用頻度が高いからか、スキルレベルはそれぞれ、レベル11、9、10に。
潜伏、敵感知、窃盗スキルはスキルレベルが5まで上がった。

鋼鉄製の胸当てと篭手こてとすね当てを身に付け、切れ味が鈍くなってきた小剣は、鍛えた鋼鉄製の、私の注文で刀っぽい形にしてもらった、片刃の剣に買い換えた。
腰にはダガーを差して、弓と矢を背中に背負った状態が今のスタイルだ。

アーチャーのキースに教わった、遠視と暗視が可能になるスキル、千里眼。
そして、遠距離武器の飛距離が劇的に伸び、長距離狙撃が可能になるスキル、狙撃。
ここ暫くで私はレベルが22になり、スキルポイントに余裕が出来た私は、この二つのスキルも習得していた。

「よし、良い位置だね。それじゃ仕掛けるよ!」

木の上で、狙撃スキルでの長距離狙撃体勢に入った私は、仲間に今から仕掛ける合図を出す。

「良いぞ、コッチは何時でも大丈夫だ!」

アクシズが私の登っている木の下で、腕を組み、仁王立ちで見下ろすかのように私の標的を見つめている。

「ん、アクシズの支援魔法もかけて貰ったし、これなら何匹でも耐えれる」

大剣をズンと地面に突き刺し、それの柄に両手をかけて堂々と立つダクネスの姿が頼もしい。

「撃ち漏らした時は任せて下さい。今日はいつもより良い感じで魔力を練れてます。近づいて来たら纏めて吹き飛ばしてあげますよ」

めぐるんが、杖を振りかざし余裕を持って佇んでいる。

攻撃的なスキルが無い為、あまり攻撃に参加出来ないアクシズを除き、レベルが20を越え、装備も充実した私達は、今や駆け出しではなく一人前の冒険者だ。

「よし、それじゃ始めよっか!じゃあ手筈通りに行くよ!まず私が、王様ランナーと姫様ランナーを狙撃!
王様ランナーと姫様ランナーさえいなくなれば、リザードランナーの群れは放っといても解散するそうだから、後のリザードランナーは放っとく。
狙撃に失敗してコッチに襲って来たら、ダクネスが耐えてる間に私が王様と姫様ランナーを続けて狙撃。
それすら失敗したなら、囲まれる前にめぐるんの爆裂魔法で纏めてぶっ飛ばして、撃ち漏らしたヤツを私が上から撃破。アクシズは全体の援護をお願い。……じゃあ、いくよ!」

スキル千里眼により、遠く離れたリザードランナーの群れを捕捉する。
そこには、他のリザードランナーとは二回りも大きいヤツが1匹。頭にトサカの様なツノを生やし、他のリザードランナーを侍らせる様に従えていた。

「ねぇアクシズ、頭にトサカみたいなツノのあるリザードランナーがいる。コイツが姫様なのは分かったけど、王様はどれなの?」


リザードランナー。
普段であれば特に危険の無い、草食性の二足歩行のトカゲなんだけど。
姫様ランナーとか言う大きなメスの固体が発生すると、このリザードランナー達は途端に厄介な生物に変貌する。
この姫様とやらに率いられたリザードランナーは、どんどん集って群れを成し、そして群れの中では、姫様ランナーとのつがいになれる権利を勝ち取る順位決めが始まる。
その順位決めの仕方が独特で……。

走るのだ。
二足歩行で、とてつもない速さで走るのだ。
まるで、昔流行ったエリマキトカゲみたいに。

しかも連中は、同種族で並んで走って実力を測るのではなく、他種族の足の早い生物を見つけては、勝負を挑み、並んで走り、抜き去っていく。
そして、抜き去った数が一番多い者が見事姫様ランナーと番になれ、そしてソイツは群れを従える王様ランナーと呼ばれる存在になる。
何故姫様なんだ、王様との番なら女王ランナーか王女ランナーじゃないのかとか、リザードランナーって呼ぶのなら、王様ランナーじゃなく普通にキングランナーとか呼べよってのは、突っ込んだら負けなのだろう。

このリザードランナーとやらの訳の分からない生態を説明された時には、私はいよいよこの訳の分からない世界が嫌になったものだ。
この世界ではモンスターまでもが非常識なのかと悩んだが、馬や騎竜、騎鳥等に乗っている人達にとっては他人事ではない。

普段は大人しいリザードランナー達だが、駆けっこ勝負の為ならば、相手が馬だろうがドラゴンだろうが物怖じせずに蹴る。
蹴って、そのまま逃げるのだ。
リザードランナーの蹴りは凄まじく、当たり所が悪ければ骨折程度では済まない。
そして、姫様ランナーが現れたとの報告を受け、ギルドからリザードランナーの群れの解散クエストが発注されたのだが……。

「どれが王様かなんて、俺には分かんねぇよ。王様ランナーってんだから、一番偉そうなのが王様なんじゃねぇの?」

どうやって偉そうなトカゲを見分ければ良いんだと言いたいがけど、アクシズに聞いた私が馬鹿だった。
姫様ランナーは特徴があるから分かるのだが、駆けっこ勝負で勝ったトカゲの見分け方なんて……。
と、姫様ランナーがくっついて離れない、一匹のトカゲを見つけた。
そうだ、姫様と番になるとか言ってたね、なら姫様と仲の良いヤツが王様ランナーだ。
私はそのトカゲに狙いを絞ると、弓をキリキリと引き絞り…………!

「そうだ、任せろカズナ、俺に考えがある!駆けっこ勝負で一番になったのが王様ランナーなら、王様ってのは一番速い訳だ!
神聖魔法の一つに、敵を寄せ付けない魔法の対になるヤツで、モンスター寄せの魔法がある!これで呼んで、一番に此処に着いたランナーが王様だ!」

遠くから安全に王様を狙い撃ちする為にどれが王様かを知りたかったのだが、アクシズが、敵を誘き寄せて王様を選別すると言う、本末転倒な事を言い出した。

「お前は何を言っているんだ。神には火を見ると油を注がなきゃ気が済まない習性でもあるの?もう王様の目星は付けた。お願いから余計な……」
「『フォルスファイア』!」

私が説く間も無く、アクシズが魔法を唱えていた。
アクシズの手に青白い炎が灯り、その火を見たモンスターではない私ですら、何だかアクシズを殴りたい衝動にかられる。
余計な事しやがってと言う感情の所為も少しはあるが、この衝動の大半は魔法の力だ。

勿論その炎はリザードランナー達にも遠目に映ったらしく、トカゲ達が甲高い奇声を上げてアクシズ目がけて駆けだした。

「「「速ッ!?」」」

私とダクネス、めぐるんが、走ってくるトカゲの速さに驚愕する。
めぐるんが慌てて爆裂魔法の詠唱を始めるが、この速さでは魔法が完成するまでに攻めかかられるだろう。
ダクネスがめぐるんの前に立ち、私は弓を構えてアクシズに怒鳴る。

「このオタンチンッ!!毎度毎度何かやらかさないと死ぬ病気なのあんたはッ!?王様と姫様さえコッソリ討ち取れれば無力化出来るのに、何で態々呼び寄せるのッ!!」
「な、何だよいきなり!俺だって役に立とうとしてやってる事なんだから怒るなよ!ああ、分かったよ!どうせこの後の展開なんていつもの事だろ!
きっとあのランナー達に酷い目に合わされて泣かされるんだろッ!!分かってんだよいつもの事だッ!!さぁ殺すなら殺せぇええッ!!」

私に怒られた事に開き直り、ヤケクソになったアクシズが叫び、不貞腐れた様に地面に大の字に寝転がる。

「この馬鹿、せめて支援と回復ぐらいして!そんな所に寝ないで、本当に踏まれて死ぬよ!」

私は叫びながら、此方に凄まじい速さで駆けて来る王様ランナーに弓を絞って狙いを定め、狙撃スキルで狙い撃つ。
狙いは違わず、王様ランナーと予想した、群れの真っ先をひた走るリザードランナーの眉間に矢が突き立った。
狙撃スキルの命中率は、スキルレベルと器用度、そして幸運の高さに依存される。
弓なんてロクに扱った事のない私でも、スキルを使えば持ち前の運の強さでソコソコ当たる。
王様を討たれた事で他のトカゲが怯むかと思えば、トカゲ達は何故か益々いきり立った。

「ちょっとアクシズ、いつまでもふて寝しないで!王様っぽいの倒したのに、かえって凶暴になってるよ!」

アクシズが大の字に寝そべったまま。

「王様を先に倒すと、新しい王様ランナーに成れるチャンスが出来たトカゲ達がはりきり出すぞ。倒すなら姫様ランナーから倒さないと」
「そんな大事な事は先に言ってよぉおお!」
「ちょ…ッ!!無理、魔法が間に合わな……!」
「ふははははッ!!来ぉおおいッ!!」

それぞれが叫ぶ中。
リザードランナーの群れが、めぐるんの前に嬉々として立ち塞がるダクネスに突っ込んできた。

ちょっとレベルが上がった程度で、一人前とか調子に乗ってすいませんでした。




「おっ、ようカズナ!……って、ボロボロだなおい。リザードランナーの群れを解散させるクエストだったか。失敗したのか?」

ギルドに帰った私達の姿を見て、最近めっきり仲良くなったキースが声を掛けてくる。

「いや、一応クエストは完了したよ。ボロボロなのはいつもの事だね」

私とダクネスは、それぞれ比較的軽症のめぐるんと、ボロボロになって気を失っているアクシズを背負っていた。
ダクネスは流石に硬く、リザードランナーに一番蹴られまくっていたのに平気な顔だ。
めぐるんは一撃だけ蹴りを喰らっていた様だが、それほど深い怪我は無い。
問題は、高いステータスと神器の羽衣のお陰で、ダクネスに次ぐ防御と耐久を持つアクシズだった。
普段は多少の攻撃を受けても大した怪我はしないんだけど、今回は開き直ってあんな所に寝転んでいた為、トカゲ達に踏まれまくり蹴られまくり、途中から泣いて助けを求めていたが、こればっかりは自業自得としか言い様がない。
結局、ダクネスがめぐるんを守りながら耐えている所を、私が姫様ランナーを木の上から狙撃して群れを解散させたのだが、今回はどうにも手こずった。

今日の報酬は10万エリス。
四人で割れば日当2万5千か。
アクシズとめぐるんの負傷を考えれば、割に合わない話だ。

ううむ、やっぱり冒険者稼業は儲からないなぁ……。


† † † † † † † † †


報酬を受け取り屋敷に帰った私達は、目を覚ましたアクシズの手で傷を癒した後、屋敷の広間に集まる事に。
ちょっと今後の事で皆に話したい事がある。
私より先に広間に来ていたダクネスとめぐるんは、広間に元から備え付けられていたソファーに寝転び、寛いでいた。
のんびりとアクシズを待っていると、アクシズが何かを持って広間に慌ただしく駆け込んで来る。

「カズナぁあああ!聞いてくれ!まただ、またやられたッ!!見ろよこれッ!!」

アクシズが涙目で突き出してきたのは、空になったお酒の瓶。

「はいはい、また貴族のなんたらさんが現れて、あんたのお酒を飲んだんだね。分かった分かった」
「おい信じてないだろ!何度言ったら分かるんだよッ!?本当にこの屋敷にはその子が住んでるんだってば!」

いつぞやの悪霊騒ぎの時に、アクシズが霊視したと言い張っている貴族の少女。
それが、たまに取って置きのお酒を飲んでいくとアクシズが文句を言ってきて困っている。
きっとコイツは、そんな訳の分からない事を言って私にお酒代をせびりたいだけに違いない。

「じゃあ、あんたには見えるって言うんなら、さっさとその子を成仏させてあげれば良いじゃん」

その言葉に、アクシズがモジモジと指をもにょらせ、困った様な顔をする。

「だ、だって、冒険者にこの屋敷に住んでもらって、毎日冒険話を聞くのが夢だったって言われたら、もうちょっとだけこの世に居させてあげたいじゃねぇか……」

珍しくそんな事を言いよどむアクシズの様子に、私は少しだけ、ひょっとしたらアクシズは本当の事を言っているのかも知れないという気になる。

「……今、その女の子はどうしてるの?今も私達の話を楽しそうに聞いてる?」

もし、そうなのだとしたら。
独り言になってもいい。
寝る前に、その日あった冒険話でも…………。

「俺にしか姿が見えないのを良い事に、カズナの後ろでヒゲダンスみたいな踊りを踊って、カズナが邪魔で手が出せねぇ俺を挑発してる」
「そんな陽気な地縛霊が居てたまるか!」

一瞬信じかけた私が馬鹿だった。
いや、今はそんなしょうもない話をする為に皆に集まってもらった訳じゃない。

私とアクシズとの訳の分からないやり取りを、いつもの事だとのんびりと寛ぎながら聞いている、ダクネスとめぐるんに向き直った。

「拠点は手に入った、レベルも上がって装備も揃った。冒険家業も良いんだけど、次の目標として、私はお店的な物を出したいと思うんだけど」


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く