話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第1部 17話

「卑怯者!卑怯者卑怯者卑怯者ォオオッ!!」
「最低だ!最低だよこの卑怯者!正々堂々と勝負しろよ!」

ミツルギの仲間の、二人のイケメンによる私への罵倒。
それを私は甘んじて聞いていた。

「あ…ああ……貴女って…人は……。こ、これで勝って満足なの…ッ!?」

私の新しいスキルで、身動きが取れなくなったミツルギに小剣を突きつけながら。

『不死王の手』
それがウィズに教えて貰った新しいスキル。
ポイントを30ほど消費して、貯めてたスキルポイントが全部無くなったけど、その価値はあった。
というか、有用過ぎるスキルだ。
効果は、素手でも武器越しでも、触れた相手に、毒、麻痺、昏睡、魔法封じに弱体化の状態異常を引き起こすもの。
状態異常の効果はスキルレベルに依存する。
そして、状態異常を引き起こす確率は幸運依存。
まさに、幸運だけ高い私にうってつけのスキルだ。

ミツルギは、今はどうやら麻痺の状態異常に陥っている様だった。
まだ私のスキルレベルが1なだけあって、完全に身動きが取れない訳ではないのだろう。
しかし明らかにその動きが緩慢になっていた。

「私の勝ちって事で。何でも一つ言う事聞くって言ってたよね?それじゃこのまま魔剣を貰っていきますね」

私の一言に、ミツルギが驚愕する。

「なッ!?ば、馬鹿を言わないでッ!!それに、その魔剣は貴女には使いこなせない。その魔剣は私を持ち主と認めたのよ、私以外には魔剣の加護は効果が無い」

自信たっぷりに言ってくるミツルギに、私はアクシズの方を振り向いた。

「……マジで?この戦利品、私には使えないの?せっかくチートアイテム取り上げたと思ったんだけど」

「マジだ。残念だが、魔剣グラムはあの痛い子専用だ。装備すると尋常じゃない膂力りょりょくが手に入り、石だろうが鉄だろうがバッサリ斬れる魔剣だけど。カズナが使っても、ちょっと良く斬れる剣ってだけだ」

なんだ、良く斬れる剣ってこと。
なら貰っておこう。

「じゃあね、それじゃまた何処かで会う事もあるかもしれないけど、これは貴女が持ちかけた勝負なんだから恨みっこ無しだよ。……それじゃアクシズ、ギルドに報告に行こう」

そう言って踵を返す私に、ミツルギの仲間の青年が武器を構えた。

「ちょ、ちょっと待てよッ!!」
「キョーカの魔剣、返して貰うぞ。こんな勝ち方、僕は認められない」

その二人の青年に、私は膝蹴りする素振りを見せた。

「別に良いけど、男女平等主義者の私はイケメン相手でも金蹴りゴールデンキックをお見舞い出来る公平な女だよ。女だからって甘く見ないでね?
と言うか、イケメン相手なら、この公衆の面前で私のスティールの餌食にしてくれる。リア充爆発しろ」

私の膝蹴りする素振りを見た二人のイケメンは、違う意味での身の危険を感じ取ったのか、股間を抑え不安気な表情で後ずさった。

「「「…………」」」

そんな私を、無言でジッと見ている後ろの仲間達の視線が痛いです。

「ま…待って……。まだよ、私はまだ終わっちゃいない……ッ!!」

麻痺を喰らった筈のミツルギが、痺れる身体をなんとか動かし、怯んでいる二人の青年の前に庇う様に立ち塞がった。イケメン二人の立場が男女逆になってるけどそれで良いのか、男として。

……あれ、理不尽な喧嘩売られたのは私なのに、何故か私が悪者みたいな雰囲気に。

ミツルギは脂汗をかきながら、懸命に手足を動かした。
負けられない、負けられない戦いが此処にあるとかブツブツ言いながら。
私はそんなミツルギを……。

「……えいっ」

小剣で突いた。
ほっぺたに軽く傷を負わせるように、小剣の先でツンツンする。
更なる状態異常を引き起こす為だ。

「きゃああああッ!?な、何これ、力が抜けるッ!?」

痺れてロクに動けない所を私の小剣で何度も突つき回されて、ミツルギが悲鳴を上げた。
力が抜けると言う事は、『不死王の手』の最悪の状態異常、弱体化が発動したのだろう。

弱体化。
効果は、レベルの減少。
某有名RPGでお馴染みの、レベルドレインというヤツである。
……この際だ、今後逆恨みされて絡まれても厄介だ。
コイツ、レベル1にまで下げてやろう。

「ちょッ!?お、お前キョーカに何してんだッ!?」
「ねぇ、止めて!止め…ッ!!ねぇ、ホントに止めて!止めてって!お願い止めて!」

ミツルギを突つき回す私を二人の青年が止める頃には、ミツルギは昏睡状態に陥り地面に寝転がっていた。
ミツルギが首からぶら下げている冒険者カードを確認すると、そこにはソードマスターレベル1の表示。
これでよし。

「……私はこの女は生理的に受け付けないが、さ、流石に気の毒だ…」
「……多分、レベル37まで上げるのって、魔剣持ちだとは言っても相当な時間が掛かった筈だぞ」
「カズナ、その新スキル本気で怖いんで、スキル発動中は近くに寄らないで下さいね」

私の後ろの仲間達が、流石に憐れんだ様に深く眠るミツルギを見ていた。




多分毒に侵されてるから、早めに治療した方が良いよとの私の言葉に、二人の青年が慌ててミツルギをお姫様だっこして連れて行ったその後。
私達は借りてたオリを引きずりその場を後にし、漸くギルドへと帰って来た。
報酬は全部アクシズにあげると決まったので、クエストの完了報告はアクシズに任せ、私とダクネスとめぐるんは夕食を食べていたのだが……。

「な、何でだよおおおおおッ!!」

喧しいアクシズの声が響き渡る。
アイツは、とにかく騒ぎを起こさないと気が済まないのだろうか。
私は生姜焼き定食を頬張りながら受付カウンターの方を見る。そこでは、涙目になったアクシズが職員に掴みかかっていた。

「だから、借りたオリは俺が壊したんじゃないって言ってるだろッ!?ミツルギキョーカって女がオリを捻じ曲げたんだってば!それを、何で俺が弁償しなきゃいけないんだ!」

なるほど、そういやミツルギがオリを曲げてアクシズを助けようとしてたんだっけ。
アクシズが、その壊れたオリの請求を受けているらしい。
暫く粘っていたアクシズだったが、やがて諦めたのか、報酬を貰って私達のテーブルへトボトボとやってきた。

「今回の報酬、壊したオリの金を引いて、10万エリスだって……。あのオリ、特別な金属と製法で作られてるから20万もするんだってさ……」

ショボーンとしているアクシズに流石にちょっと同情する。今回に関しては、アクシズはとんだとばっちりだ。

「何だったんでしょうねあの女は。なんか勝手にアクシズを助けたがってましたが、余計なお世話と言うべきか……。
しかし、それにしてもカズナはエグい攻撃ばかり考えますね。スティールで武器を奪う発想は今までにもまぁありましたが、斬りかかられながらスティールされたら、相手はたまったものではないですよ。
どんな熟練の戦士でも、今手元にある武器なり盾なりで対処するもんです。いきなり持ってる物を取り上げられるぐらいなら、あのミツルギとか言う人も最初から素手で戦っていた方が、身をかわすなり何なり、まだ対処は出来たでしょうね」

めぐるんが呆れた様に呟く中、テーブルに着いたアクシズはメニューをギリギリと握り締め、

「あの女、今度会ったら絶対ビビビンタ食らわせてやるッ!!流石に女を殴るのは男として最低だからな、ゴッドブローは勘弁しといてやるよ!そしてオリの弁償代払わせてやるッ!!」

アクシズが悔しげに喚く中。

「此処に居たのねッ!!探したわ、佐藤和奈ッ!!」

ギルドの入り口に、その話題のミツルギが立っていた。
教えてもいない私のフルネームをいきなり叫んだミツルギは、私達の居るテーブルにツカツカと歩み寄り、バンとテーブルに手を叩きつけた。

「佐藤和奈!貴女の事は、他の冒険者に聞いたらすぐに教えてくれたよ。貴女は結構有名なんだね。ある盗賊の青年は、奴はとんでもないものを盗みましたって言ってたし、あるマジックショップの店主のお姉さんは、ヤクザみたいな人の飼い主だって言っていた。
ある魔法使いの女の子は、何でも出来るカズナちゃんだとか。ある戦士風の男は、貴女はとてつもない苦労人だとか……。……貴女は、一体何なの?」

何なんだと言われても。

「私のレベルを1にしてくれたみたいね。レベルドレインなんてスキル、どのクラスにおいてもそんなスキルを教えられる職業なんて、私は知らない。貴女、一体何者なの?」

真剣な表情で私に詰め寄るミツルギに、アクシズがゆらりと立ち上がり、ミツルギの前に出た。

「……アクシズ様。私はいずれまたレベルを上げ、そしてその少女から魔剣を取り戻し、必ず貴方を迎えに行きます。貴方を守るに相応しい女になって。その時は、私と同じパーティぶふッ!?」
「「ああッ!?キョーカ!」」

アクシズに無言でビビビンタを食らい、ミツルギがふらついて倒れた。
慌ててミツルギに仲間の二人の青年が駆け寄るが、何故ビビビンタされたのか分からないといった表情のミツルギに、アクシズがツカツカと詰め寄り、そのミツルギの胸ぐらを掴み上げた。

「おいお前オリ壊した金払えよ!お陰で俺が弁償する事になったんだからな!30万だぞ30万、あのオリ特別な金属と製法で出来てるから高いんだってさ!ほら、とっとと払えよッ!!」

さっき、あのオリ20万って言ってなかったっけ。
ミツルギは両頬を押さえ、尻餅をついた体勢で、アクシズに気圧されながら素直に財布からお金を出した。
気を取り直したミツルギが上機嫌でメニューを片手に店員を呼ぶアクシズを気にしながら、私に悔しそうに言ってくる。

「……あんなやり方でも、私の負けは負け。そして何でも言う事を聞くと言った手前、こんな事を頼むのは虫が良いと言うのも理解してる。
……けど、お願い!魔剣を、返してもらえないかな?あれは貴女が持っていても役には立たない物だよ。貴女が使っても、そこらの剣よりは斬れる程度の威力しかない。
どうかな?剣が欲しいのなら、お店で一番良い剣を買ってあげてもいい。返してくれないかな?」

本人も言っているが、また随分と虫の良い話だ。
いくらいらない奴とはいえ、アクシズは、一応この世界への移住特典として私にくっ付いてきたオマケな訳だ。
それはつまり、私もミツルギの持つ魔剣相当の特典を賭けたって事になる。
魔剣に相当してるのかと言われれば黙るしかない訳だけど。

私はウキウキしながら注文した料理を待っているアクシズに、ワザとらしく話しかけた。

「アクシズさーん、アクシズさーん!魔剣1本のお値段って、おいくら万円?お店で一番良い剣と、どっちが高い?」
「そりゃあ魔剣に決まってるじゃん。魔剣1本の値段なんて、下手しなくても屋敷が建つぞ。この街で一番良い剣なんて、魔剣を売って屋敷を買ったお釣りで余裕で買えるよ」

そりゃ凄い!

「と言う事は、これを売り払ってしまえばミツルギに態々買って貰わなくても自分で買えちゃう訳か。しかも、最近欲しかった拠点まで付いて」

私の言葉にミツルギの顔が青ざめた。
そりゃそうだろう、一度売ってしまえばもうミツルギの手元に戻ってくる保障なんてない。

「ままま、待ってちょうだい!うん、そうだね、そうだよ。確かにちょっと値段が安過ぎた。よし、剣だけじゃなく、最高の装備一式揃えさせて!それも、貴女だけじゃなく貴女のパーティメンバー全員の分!」

迂闊な事を口走ってばかりのミツルギ。

「ねぇ皆聞いた!?お金に糸目は付けなくて良いよ、考えうる限り最強の装備をオーダー出来るよ!なんせ、今は宝島フィーバーで希少鉱石がこの街には溢れてる!
私、最高純度の希少鉱石で作ったフルアーマーが欲しい」
「私もそれが欲しい。しかもミスリル銀をふんだんにコーティングした、小さな城でも買えてしまいそうなヤツだ」
「僕は総マナタイト製の杖と、マナタイトをふんだんにあしらったローブが欲しいです。あと特に意味はないけど、ミスリル銀で出来た腕輪が欲しい。絵的にカッコいいから」
「めんどくさいから、俺はこの街で最高値の希少鉱石をありったけ使った、大型の鎧か何かで良いぞ。貰ったら、もれなく売り飛ばすから」

私達四人の好き勝手な無茶な注文に、ミツルギが涙目になる。馬鹿め、考え無しに適当な事を口走るからだ。

「そ、そんな無茶な……!わ、分かった。有り金!私の有り金を置いて行く。それで、魔剣グラムを返して!どう?これで文句無いでしょ!」

半ばヤケクソ気味に言ってくるミツルギに、私はミツルギではなく三人に聞き返した。

「ねぇ皆、今何か聞こえた?」
「俺には、有り金と所持アイテム、それと装備している鎧一式差し出すから返して下さいと聞こえたな」
「僕もそう聞こえましたね。あと、今日一日語尾に、ごめんなさいッ!!を付けて生活するからと聞こえました」
「……ん、あと、鎧一式を脱いだ状態で土下座して謝るのでどうか許して下さいと聞こえたな」

ミツルギは、泣きながら着ている鎧を脱ぎだした。

「貴方達、私をこんな目にまであわせたんだから、今後どうなるか覚えてなさいよごめんなさいッ!!」


† † † † † † † † † †


「ところで。アクシズが神だとか何とか言っていたが、何の話だ?」

ミツルギが肌着で土下座して、泣いて帰って行ったギルド内にて。
あの騒ぎでギルド内の冒険者達の好奇の視線を遠巻きに浴びる中、ダクネスが言ってきた。
……まぁ、あれだけ神だ何だと言ってればなぁ。この際だ、めぐるんとダクネスには言ってしまっても良いかな?

私がアクシズに視線をやると、アクシズはコクリと頷いた。そして、アクシズは珍しく真剣な表情で、ダクネスとめぐるんに向き直る。
ダクネスとめぐるんも、その雰囲気を察し、真剣に聞く姿勢に入る。

「今まで黙ってたけど、お前達には言っておく。……俺はアクシズ。アクシズ教団が崇拝する者にして、水を司る神。そう、俺こそが、神アクシズなんだ」

「「って言う、夢を見たんですね」見たのか」
「違う!何で二人共変にハモってんだよ!」

……まぁ、こうなるよねぇ。




私達は、未だキーキー騒いでいるアクシズを連れて不動産屋にやって来ていた。

因みにミツルギの装備やアイテムは売り払った。ミツルギの持ち金も含めると結構な一財産になった。
これなら、もしかしたら小さい家の一つも買えるかもしれない。
…………そう、簡単に考えてました。

「無理ですね」

不動産屋の店員が、一言で切り捨てた。
身も蓋もない一言に、アクシズがすかさず食って掛かる。

「何でだよ!これだけ金があれば、屋敷とまではいかなくても小さい家の一つは買えるだろ!俺達が冒険者だからって足元見てると、俺達の知り合い全員にある事無い事言い触らして、悪評って名前の天罰食らわせるぞ!」
「や、止めて下さい!別に我々も、意地悪してる訳では無いんですよ。単純に、売れる物件が無いんです」

噛み付くアクシズに、店員が宥める様に言ってきた。

「……どういう事だ?」

ダクネスが先を促すと、店員が途方に暮れた顔で説明を始めた。

「実はですね………」




「悪霊?」

という事らしい。
最近この街の空き家には、何故か様々な悪霊が住み着きまくっているのだと言う。
冒険者ギルドにも相談したのだが、こんな事は初めてで対処のしようが無いとの事。
なんせ、悪霊の討伐クエストを出して退治しても、またすぐに新しい悪霊が住み着いてしまうのだと言う。

「悪霊を、払っても払っても、幾らでも新しいのが湧いて住み着いてしまうんですよ。それで、今は物件を売るどころではなく、物件の除霊をするので精一杯でして」

店員が、疲れた表情でため息をついた。
他の客にも同じ様な説明を何度もして、疲れ果てているのかもしれない。
まぁ、そういう事なら仕方ない。
冒険者ギルドが絡んでいるのなら、今は無理でもじきに解決はするだろう。
それまでは、段々寒くはなってきたが、まだ暫くは馬小屋で……。

私がそう考えた時だった。

「ふふん。お前、運が良いな」

アクシズが自信たっぷりに店員へと笑いかける。
何だろう、嫌な予感がヒシヒシとする。
アクシズは、腕を組んで胸を張り。

「悪霊なんて舐めた連中、アークプリーストのこの俺の手に掛かればお茶の子だ!まぁ、この俺に任せとけよ!」


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く