話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第1部 6話

私がギルド内の酒場に戻ると、大変な騒ぎになっていた。

「アクシズ様、もう一度!お金なら払うので、どうかもう一度花鳥風月を!」
「ばっか野郎、アクシズさんには金より酒だぁ!ですよねアクシズさん!クリムゾンビア奢りますから、ぜひ花鳥風月をもう一度!」

めんどくさそうな様子のアクシズの周りに、何故か人だかりが出来ていた。

「ああもう、芸って物はな?われたからって何度もやる物ではないんだよッ!!良いジョークは一度きりに限るって、偉い人が言ってたぞ!ウケたからって同じ芸を何度もやるのは三流の芸人だッ!!
そして俺は芸人じゃないから、芸でお金を受け取る訳にはいかないんだ!これは芸を嗜む者の最低限の覚悟にして、それに花鳥風月は元々お前らに披露するつもりだった芸でもなく……あッ!!おいカズナ、やっと戻ってきたな、お前のおかげでえらい事に……って、どうした?ソイツは」

人だかりを面倒そうに押しのけて、私の隣で涙目で落ち込んでいるクリスにアクシズが興味を抱く。
私が説明するより早く、ダクネスが口を開き、ボソボソと呟いた。

「……ん。クリスは、カズナに誰にも知られたくない大事なものを奪われた上に、有り金毟られて落ち込んでいるだけだ」
「ちょっと何口走ってんの言い方なんとかしてよ、待ってよちょっと待って。間違ってないけど、ホント待って」

私は、クリスが幾らでも払うから厚底ブーツを返してほしいと泣いて頼んできたので、自分の厚底ブーツの値段は自分で決めろと言っただけだ。
そして、提示する値段に満足しなかったら、もれなくクリスの厚底ブーツは街の冒険者達に見せつけながら身長のことを言いふらして周る事になる、と。
泣きながら自分の財布と私の財布を差し出したから交換に応じたまでで、ダクネスの言い方だとだいぶ語弊があるというか、周りが大きな勘違いをしてしまう。
ダクネスの言葉に軽く引いてるアクシズとめぐるんの視線が気になるが、やがてクリスが落ち込んでいたその顔を上げた。

「公の場でいきなり大事なものを奪われたからって、いつまでもメソメソしててもしょうがないな!よし。ダクネス、俺悪いけど、臨時で稼ぎの良いダンジョン探索に参加してくるよ!大事なものを人質にされて有り金失っちゃったしね!」
「ちょ、待ってよ。なんか既に、アクシズとめぐるん以外の他所の冒険者達の目まで男女問わず冷たい物になってるからホントに待って」

周囲の男女の視線に怯える私に、クリスがクスクス笑い、
「このくらいの逆襲はさせてくれよ?それじゃあ、ちょっと稼いでくるから適当に遊んでてなダクネス!じゃあ、いってみようかな!」

そう言いながら、クリスは冒険仲間臨時募集の掲示板に行ってしまった。

「えっと、ダクネスさんは行かないの?」

自然と私達のテーブルに座ったままのダクネスに、私は疑問に思って尋ねる。

「……ん、私は前衛職だからな。前衛職なんて、何処にでも有り余っている。だが、盗賊はダンジョン探索に必須なクラスの割に、地味だから成り手のあまり多くないクラスだ。クリスの募集は幾らでもある」

なるほど、そういやアクシズもアークプリーストは人気クラスで引っ張りだこだって言ってたし、クラスによって優遇されたりとか色々あるのだろう。
やがて、ほどなくしてすぐに臨時パーティが見つかったのか、数名の冒険者達と連れ立って入り口から出て行くクリス。
クリスは、出掛けに此方に向かってヒラヒラと手を振って行った。

「もうすぐ夕方になりそうな時間帯なのに、クリス達はこれからダンジョン探索に向かうの?」
「ダンジョン探索は、出来ることなら朝一で突入するのが望ましいです。なので、ああやって前の日にダンジョンに出発して、朝までダンジョン前でキャンプするのさ。
ダンジョン前には、そういった冒険者を相手にしている商売すら成り立っているしな。それで?カズナは、無事にスキルを覚えられたのかい?」

めぐるんのその言葉に、私はニヤリと不敵に笑った。

「ふふん、まぁ見てなよ。行くよ、『スティール』ッ!!」

私は叫び、めぐるんに右手を突き出すと、その手にはしっかりと黒い物が握られていた。

そう、半ズボンである。
めぐるんは必死に前を隠そうとしているが、後ろががら空きなので、黒猫柄のパンツが丸見えだ。

「……なんです?レベル上がってステータス上がったから、冒険者から変態にクラスチェンジしたんですか?……あの、スースーするのでズボン返してください……」
「あ、あれッ!?お、可笑しいな、こんなはずじゃ……ランダムで何かを奪い取るってスキルの筈なのにッ!!」

慌ててめぐるんに半ズボンを返し、いよいよ私への周りの視線が冷たい物になっていく中、それは突然起こった。

『緊急クエスト!緊急クエスト!街の中にいる冒険者の各員は、至急冒険者ギルドに集まって下さいッ!!
繰り返します。街の中にいる冒険者の各員は、至急冒険者ギルドに集まってくださいッ!!』

それは、街中に響く大音量のアナウンス。
魔法的な何かで音を拡大しているのだろう。

「ねぇ、緊急クエストって何?モンスターが街に襲撃に来たの?」

ちょっと不安気な私とは対称的に、ダクネスとめぐるんはどことなく嬉しそうな表情だ。ダクネスが、ボソボソと小さな声で言ってきた。

「……ん、多分キャベツの収穫だろう。もうそろそろ収穫の時期だしな」
「はい?キャベツ?その、キャベツって名前のモンスターかなにか?」

私が呆然とそんな感想を告げると、何故かめぐるんとダクネスが私を可哀想な人でも見るかのような目で見つめてきた。

「キャベツとは、緑色の丸いやつです。食べられる物です」
「噛むとシャキシャキする歯ごたえの、美味しい野菜の事だ」
「そんな事は知ってるよッ!!じゃあ何?緊急クエストだの騒いで、冒険者に農家の手伝いさせようっての、このギルドの連中は」

最近まで土木工事やってた私が言うのもなんだが、私はここに農業しに来た訳じゃない。
冒険をしに来たんだ。

「あー……カズナは知らないんだろうけどな?ええっと、この世界のキャベツは…………」

アクシズが、何だか申し訳無さそうに私に言いかけ、それを遮る様に、ギルドの職員が施設内に居る冒険者に向かって大声で。

「皆さん、突然のお呼び出しすいませんッ!!もう既に気付いている方もいるとは思いますが、キャベツですッ!!
今年もキャベツの収穫時期がやってまいりました!キャベツ一玉の収穫につき千エリスです!既に街中の住民は家に避難して頂いております。
では皆さん、出来るだけ多くのキャベツを捕まえ、此処に収めてください!くれぐれもキャベツに逆襲されて怪我をしない様お願い致します!」

……今、この職員なんつった。

その時、冒険者ギルドの外で歓声が巻き起こった。
何事かと、人混みに混ざり様子を見に行く私の目に、街中を悠々と飛び回る緑色の物体の姿が飛び込んでくる。
呆然とその訳の分からない光景に立ち尽くしていると、いつの間にか隣に来ていたアクシズが呟く。

「この世界のキャベツ達は飛ぶんだ。味が濃縮してきて収穫の時期が近づくと、簡単に食われてたまるかとばかりに。
街や草原を疾走する彼らは大陸を渡り海を越え、最後には人知れぬ秘境の奥で誰にも食べられず、ひっそりと息を引き取ると言われている。
それならば、俺達は彼らを一玉でも多く捕まえて美味しく食べてあげようって事だ」
「……私、もう馬小屋に帰って寝てても良いかな」

呆然と呟く私の隣を、勇敢な冒険者達が気勢を上げて駆け抜けてゆく。彼らもまた、今この瞬間を必死に生きるキャベツ達に感化された、熱き漢達なのだろう。

うん、私が思っていた異世界じゃない。
凄く、日本に帰りたい。


† † † † † † † † †


私はギルドの中で出されたキャベツ炒めをかじりながら、呟いた。

「何故、たかがキャベツの野菜炒めがこんなに美味しいの。納得いかない、ホントに納得いかない」

無事キャベツ狩りが終わった街中では、あちこちで収穫されたキャベツを使った料理が振舞われていた。
物凄くやり切れなかったが、一応お金にはなるのでキャベツ狩りに参加した私だったが、何だか軽く後悔している。
私はキャベツと戦う為に異世界に来た訳じゃない。

「しかし、やるなダクネス!お前、流石クルセイダーだな!あの鉄壁の守りは、流石のキャベツ達も攻めあぐねていたぞ」
「ん……そ、その、アクシズの回復魔法も凄かった……。アクシズは最初こそ、からかう様に空中を漂うキャベツを追いかけ、足元が疎かになって転んで泣いていたが……。
その後、多くの冒険者グループに強力な回復魔法を飛ばして大活躍だったではないか。私など、ただ固いだけの男だ。
私は器用度も低く、素早さも無い。だから、剣を振るってもロクに当たらず、誰かの壁になって守る事しか取り柄が無い。
……その点、めぐるんも凄まじかった。キャベツの群れを追って街に近づいてきたモンスターの群れを、爆裂魔法の一撃で吹き飛ばしていたではないか。他の冒険者達のあの驚いた顔といったら無かったな」
「ふふ、我が必殺の爆裂魔法の前において、何者も抗う事など叶わず。……それよりも、カズナの活躍こそ目覚しかったな。魔力を使い果たした僕を素早く回収して、背負って帰ってくれたし」
「……ん、突出した私がキャベツやモンスターに囲まれ、袋叩きにされている時も、カズナは颯爽と現れ、襲い来るキャベツ達を収穫していってくれた。助かった、礼を言う」
「確かに、潜伏スキルで気配を消して、敵感知で素早くキャベツの動きを捕捉ほそくして、背後から強襲するその姿はまるで鮮やかな暗殺者のごとしでした」
「やるなカズナ!俺から、『華麗なるキャベツ泥棒』の称号を授けてやろう」
「やかましいわッ!!そんな称号で私を呼んだら引っぱたくからねッ!!……ああもう!どうしてこうなったッ!!」

私は頭を抱えたままテーブルに突っ伏した。
緊急事態である。

「……ん。では皆、これから宜しくな。名はダクネス、クラスはクルセイダー。一応両手剣を使ってはいるが、火力は期待しないでくれ。
なにせ、器用度が低過ぎて攻撃が殆ど当たらん。だが、壁になるのは大得意だ。相方のクリスが帰ってくるまでの間になるとは思うが、宜しく頼む」

そう。仲間が一人、増えました。

アクシズがキャベツ狩りで得た報酬で早速クリムゾンビアをあおりながら。

「ふふん、ウチのパーティもなかなか豪華な顔触れになってきたんじゃないか?アークプリーストの俺に、アークウィザードのめぐるん。そして、防御特化の上級前衛職、クルセイダーのダクネス。
四人中三人が上級職なんてパーティ、そうそう無いぞカズナ!お前、凄くツイてるぞ?感謝しろよ?」

一発しか魔法が使えない魔法使いに攻撃が当たらない前衛職、極上の馬鹿で運が悪くて間の悪いプリーストだけどね!

キャベツ狩りの最中、何故かダクネスと意気投合したアクシズとめぐるんが、ダクネスをパーティに誘おうと言い出したのだ。
私だって、普通の仲間だったなら特に断る理由も無い。
だってイケメンだし。
だがこのダクネス、全くと言って良いほどに攻撃が当たらない。
相当なイケメンなのだが。
何でも、スキルポイントを防御系のスキルに全振りしている為、両手剣修練などの攻撃スキルを一切取っていないらしい。
見てくれはクール系のイケメンなのに、本当に勿体無い。
しかもこのクルセイダー、何故かやたらとモンスターの群れのど真ん中に突っ込みたがるのだ。

弱者を守るクルセイダーとして、他の者を守りたい気持ちが人一倍強いのは良い事なのかもしれないが……。

「んっ……ああ、先ほどの、キャベツやモンスターの群れにボコボコに蹂躙じゅうりんされた瞬間は堪らなかったな……。
このパーティでは本格的な前衛職は私だけの様だから、遠慮なく私を囮や壁代わりに使いまわしてくれ。何なら、危険と判断したら捨て駒として見捨てて貰ってもいい。
……ああッ!!そっ想像しただけで、む、武者震いが…ッ!!」

駄目だ。
コイツも駄目だった。
そう、アクシズやめぐるんと同調していた時点で警戒するべきだった。
頬をほんのり赤く染めて、フルフル震えているダクネスを、私は泣きたい気持ちで眺めていた。
こんなクール系の美形なのに、私の目にはもう唯のドMにしか映らない。

「それではカズナ。多分……いや、間違いなく足を引っ張る事になるとは思うが、その時は遠慮なく強めで罵ってくれ。これから、宜しく頼む」
「……この世界にマトモなイケメンはいないのか」

私は最弱な初期クラスの冒険者。

そんな貧弱クラスにして元引きこもりな駄目な私が、何故かこのパーティでリーダーやってます。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く