この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第1部 5話

「ねぇ、スキルの習得ってどうやるの?」

軽くホームシックにかかっていた私だけど、スキルポイントを得た事を思い出して少しだけ前向きになり、お風呂から帰って来た二人に尋ねた。
二人には今回のクエストで得た報酬の内アクシズに4万、めぐるんに3万を渡していた。
めぐるんは食費だけで良いとか言い出したけど、何だか駄目人間を養う義務が発生しそうでちゃんとした報酬を払う事になった。
私の親を見てきた身としては、何もしない引きこもりを養う大変さは分かっているつもりだ。
カエルは二日かけて狩ったので、初日は参加しなかっためぐるんはちょっと安めの3万。
私とアクシズが4万ずつで、合計してちょうど今回の報酬11万だ。

二人は今、私の前でカエル定食をがっついている。アクシズに至ってはキンキンに冷えたクリムゾンビアを一気飲みして、こめかみを押さえていた。
……一応男二人に女一人の逆ハーパーティっぽいのに、色気の欠片も無いなぁ。

「スキル習得?そんなもの、ギルドカードに出ている現在習得可能なスキル欄を……。ああ、カズナのクラスは初期クラスの冒険者だったな。
冒険者は、誰かにスキルを教えてもらうんだよ。まずは目で見て、そしてスキルの使用方法を教えてもらう。すると、カードに習得可能スキルって欄が現れるから、スキルポイントを使ってそれを取るといいさ。
そして、一度習得したスキルは使えば使うほどに鍛えられ、スキルレベルが上がっていく。頑張ってスキルを鍛えていけば、冒険者でも本職のスキルに匹敵する力が得られる筈さ」

なるほどな。
というか、確か以前受付のお姉さんが、冒険者は全てのスキルが習得可能だって言ってたな。
という事は……

「……つまりめぐるんに教えてもらえば、私でも爆裂魔法が使えるようになるって事?」
「その通りッ!!」
「うわぁッ!!」

私の何気ない発言に、意外な食いつきを見せるめぐるん。

「その通りだよカズナッ!!まあ、習得するスキルポイントは馬鹿みたいに食うが、冒険者はアークウィザードを除き唯一爆裂魔法が使えるクラス。
爆裂魔法を覚えたいなら幾らでも教えてあげよう。というか、それ以外に覚える価値あるスキルなんてないよッ!!さぁ、供に爆裂の道を歩こうじゃないかッ!!」

顔が近いッ!!ちょ、それ以上近づいたら唇が当たって…いやぁああ言いたくないッ!!

「ちょっ落ち、落ち着いてッ!!っていうか、スキルポイント60しかないんだけどこれで習得出来るもんなの?」

たぎるめぐるんでは話にならない為、アクシズに聞く。

「冒険者が爆裂魔法を習得しようと思うなら、100や200じゃきかないぞ。冒険者レベルが50を越えるまで一切スキルポイント使わないで貯めていれば、もしかしたら習得できるかもな」
「待てるかそんなもん」
「!」

私の一言にショックを受けたらしいめぐるんは、しょんぼりと項垂れながらカエル肉をかじりだした。
しかし、私の就いているクラス、冒険者は、全スキルを習得可能って所が唯一の利点なんだから、せっかくなら多彩なスキルを覚えていきたい。

「ねぇアクシズ、あんたなら沢山使えるスキル持ってるんじゃない?何か、お手軽なスキルを教えてよ、習得にあまりポイント使わないで済んで、それでいてお得な感じのヤツ」

私の言葉に、アクシズはジョッキを握りながら暫く考え込む。

「しょうがないなぁ。言っておくが、俺のスキルは半端ないぞ?ホイホイと誰にでも教えるようなスキルじゃないんだからな?」

やたら勿体つけるアクシズだが、教えてもらう立場なのでここはじっと我慢。
神妙に頷きながら、アクシズがスキルを使う所を観察する。

「じゃあ、まずはこのコップを見てて。この水の入ったコップを自分の頭の上に落ちないように乗せる。ほら、やってみろ」

私はアクシズに続いて、同じように自分の頭にコップを乗せた。すると、アクシズはどこから取り出したのか、一粒の何かの種をテーブルに置くと。

「さぁ、この種を指で弾いてコップに一発で入れるんだ。すると、あら不思議!このコップの水を吸い上げた種はにょきにょきと…」
「誰が宴会芸スキルを教えろって言ったッ!!」
「ええッ!!」

めぐるんに続いてなにやらショックを受けたらしいアクシズも、ショボーンとしながらジョッキの中身をちびちび啜る。
何を落ち込んでいるのかは知らないけど、目立つから頭の上のコップを下ろして欲しい。

「あっはっはッ!!面白いね君!ねぇ、スキルが欲しいんだろ?盗賊スキルなんてどうだい?」

それは、横からの突然の声。見れば隣のテーブルには二人のお兄さんが居た。
私に声を掛けてきたのは盗賊風のお兄さん。頬に小さな刀傷がある、背が低めでちょっとスレた感じだが、明るい雰囲気のイケメンだ。
その隣には、ガチガチのフルプレートメイルを着込んだ金髪ロングのお兄さん。冷たく、取っ付きにくい印象の酷薄こくはくそうなイケメンだった。
二人とも、私より一つ二つ年上だろうか。この世界にはイケメンが多いな。
引きこもり歴が長い私はドギマギしながらも、なんとか冷静を装ってみる。

「盗賊スキル?えっと、どんなのがあるんでしょう?」
私の質問に、上機嫌で。
「盗賊スキルは使えるよー。罠の解除に敵感知、潜伏に窃盗。持ってるだけでお得なスキルが盛り沢山だよ。
君、まだクラス冒険者なんだろ?盗賊のスキルは習得にあんまりポイントもかからないしお得だよ?どうだい?今なら、クリムゾンビア一杯でいいよ?」

安いなッ!!
と思ったが、よく考えればスキルを教えた所でこのお兄さんにはデメリットなんてない。
本気で私が盗賊スキルを教えて欲しければ、そこらの他の盗賊に頼んでも良いワケだし。

「よし、お願い!すいませーん、コッチの人にクリムゾンビアお願いしますッ!!」


† † † † † † † † †


「まずは自己紹介しとこうか。俺はクリス。見ての通りの盗賊だ。で、コッチの無愛想なのがダクネス。コイツのクラスはクルセイダーだから、君に有用そうなスキルはちょっと無いと思うよ」
「はい!私はカズナって言います。クリスさん、宜しくお願いします!」

冒険者ギルドの裏手の広場。私とクリス、そしてダクネスの三人は、今は誰もいない広場に立っていた。
因みに私の連れ二人は、なにやらテーブルでへこんだままだったので置いてきた。

「では、まずは敵感知と潜伏をいってみようか。罠の解除なんかは、こんな街中に罠なんてないからまた今度な。じゃあ……ダクネス、ちょっと向こう向いてて?」
「……ん、分かった」

ダクネスが、言われたとおりに素直に向こうを向く。すると、クリスがちょっと離れた所にある樽の中に入り、上半身だけを出す。
そして向こうを向いているダクネスの頭に、何を思ったのか石を投げた。そのまま樽の中に身を隠す。
……ひょっとして、これが潜伏スキルだとか言う気だろうか。

「……………」

石をぶつけられたダクネスが、無言のままスタスタと、ポツンと一つしかない樽へと向かって歩いていく。

「敵感知…敵感知……!ダクネスの怒ってる気配をピリピリ感じるッ!!なぁダクネス、分かってると思うけどこれはスキルを教える為に仕方なくやってる事だからお手柔らかにああああああああ、やめてくれえええええええええええ!」

隠れていた樽ごと、ダクネスに横に倒されてそのままゴロゴロと転がされ、クリスが悲鳴を上げている。
……これで本当にスキルを覚えられるんだろうか。




「さ、さて。それじゃ俺のイチオシのスキル、窃盗をやってみようか。これは、対象の持ち物を何でも一つ奪い取るスキルだ。
相手がしっかり握っている武器だろうが、鞄の奥にしまい込んだ財布だろうが、何でも一つ、ランダムで奪い取る。
スキルの成功確率は、スキルレベルとステータスの幸運に依存する。強敵なモンスターと相対した時とか、モンスターの武器を奪ったり、もしくは大事に取っといたお宝だけかっさらって後は逃げたり。色々と使い勝手の良いスキルだよ」

暫く樽ごと転がされ、目を回していたクリスが復活した。
窃盗スキルは、確かになかなか使えそうな感じだ。しかも、成功率が幸運依存って事は、私の唯一高いステータスを活かせるって事だ。

「じゃあ、君に使ってみるからね?いってみよう!『スティール』ッ!!」

クリスが手を前に突き出し叫ぶと同時、その手に小さな物が握られていた。
それは……。

「あッ!!私の財布ッ!!」
私のなけなしのお金が入った薄い財布。
「お、当たりだね!まぁ、こんな感じで使うわけさ。それじゃ、財布を返……」

クリスは、私に財布を返そうとして、そしてにんまりと笑みを浮かべた。

「……ねぇ、俺と勝負してみない?君、早速窃盗スキルを覚えてみなよ。それで、俺から何か一つ、スティールで奪っていいよ。
それが、俺の財布でも俺の武器でも文句は言わない。この軽い財布の中身だと、間違いなく俺の財布の中身や武器の方が価値があるよ。
どんな物を奪ったとしても、君はこの自分の財布と引き換え。……どう?勝負してみない?」

いきなり面白い事を言い出すお兄さんだ。
しかし、と私は考える。
私は幸運が高いらしい。
で、相手からは何か一つ奪ってもいい。
つまり、スキルに失敗したら何も貰えないって事じゃないだろう。

……やってみるか。

なんというか、こういった賭け事みたいなヤツは如何にも荒くれた冒険者同士のやり取りみたいで憧れるッ!!
私は自分の冒険者カードを確認すると、そこに習得可能スキルという欄が新しく表示されているのを確認した。
そこを指で押してみると、4つのスキルが表示される。
敵感知15ポイント、潜伏15ポイント、窃盗15ポイント、…………宴会芸『花鳥風月』40ポイント。
……最後のはアクシズのやってたコップに種を入れる宴会芸かな?何で宴会芸のクセに大層な技名と結構なスキルポイントを食ってんの。

私はカードの中のスキル、窃盗、敵感知、潜伏を習得する。60あったスキルポイントが消費され、残りスキルポイントが15になる。
なるほど、こんな感じでスキルを覚えるのか。

「早速覚えてみたよ。そして、その勝負乗ったッ!!何盗られても泣かないでよ?」

言って右手を突き出す私に、クリスが不敵に笑って見せた。

「良いね君!そういうノリのいいヤツって好きだよ!さぁ、何が盗れるかな?今なら財布が敢闘賞かんとうしょう。当たりは、魔法が掛かってるダガーだ!コイツは40万エリスは下らない一品だからね!
そして、残念賞はさっきダクネスにぶつける為に多目に拾っといたこの石だよ!」
「ああッ!!きったないッ!!そんなの有りッ!?」

私はクリスが取り出した石を見て、思わず抗議の声を上げた。
自信満々だと思ったら、こういう事かッ!!
確かにゴミアイテムを多く持っておけば、大事なアイテムが盗られる確率も減り、スティール対策にはなる。

「これは授業料だよ君、どんなスキルも万能じゃない。こういった感じで、どんなスキルにだって対抗策はあるもんなんだよ。一つ勉強になったね!さぁ、いってみよう!」

畜生、確かに良い勉強にはなった!
それに、心底楽しそうに笑うクリスを見ていると、騙された方が悪い気にすらなってくる。
ここは日本じゃない、弱肉強食の異世界だ。騙される甘っちょろいヤツが悪いのだ。
それに、勝負の分が悪くなったってだけで、まだ残念賞に当たるとは決まってない。

「よし、やってやるッ!!喰らえ、『スティール』ッ!!」

私が叫ぶと同時、私が突き出した右手には何かがしっかりと握られていた。私の幸運が高いって言っていたのは本当らしい。
一発で成功しやがった。
私は自分が手に入れた物を広げ、マジマジと見ると……。

「……なにこれ?」

それは、一対のブーツだった。
……よく見ると厚底ブーツのようだ。

「あのー……」
「ん?」

クリスがしゃがみこみ自分の足をさすりながら、恥ずかしそうに言ってきた。

「それ、返してもらえませんか?」

……どうやら、彼は身長が低いのを気にして厚底ブーツを履いていたらしい。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く