この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第1部 4話

「うっ…うぐっ……ぐすっ……。生臭い…生臭いよぅ……」

一匹はめぐるんの魔法で消滅した為、残る二匹の巨大なカエルを引きずりながら、粘液まみれのアクシズがメソメソと泣いている。
私の力じゃカエル一匹すらビクともしないのに、流石腐っても一応元神だ。

「カエルの体内って、臭いけど良い感じに温かいんですね……。知りたくもない知識が増えました…」

同じく粘液まみれでそんな事を言っているめぐるんは、私の背中におんぶされていた。流石に男の子をおんぶするのはどうかと思ったが、めぐるんも抵抗が無いようだし、体重も軽いので女の私でもおんぶ出来た。
魔法を使う者は、魔力容量を超えて魔法を使うと、魔力の代わりに生命力を削る事になるらしい。
殆ど魔力が枯渇している状態で大きな魔法を使うと、命に関わる事もあるそうだ。

「今後、爆裂魔法は緊急の時以外は禁止だね。これからは、他の魔法で頑張ってよ」

私の言葉に、背中におんぶしていためぐるんが、私に掴まっている手に力を込めた。

「……使えません」
「……え?何が使えないの?」

めぐるんの言葉にオウム返しで言葉を返す。
めぐるんが、掴まる手に更に力を込め、自分の頭をグリグリと私の肩に押し付けてきた。

「……僕は、爆裂魔法しか使えません。他には、一切の魔法が使えません」
「……マジで?」
「………マジです」

私とめぐるんが静まり返る中、今まで鼻をぐすぐす鳴らしていたアクシズが、漸く会話に参加する。

「爆裂魔法以外使えないってどういう事だ?爆裂魔法を習得出来る程のスキルポイントがあるなら、他の魔法を習得していない訳がないだろ?」

……スキルポイント?
そういや、ギルドのお姉さんがスキル習得がどうのって言ってたなぁ。そんな私の顔を見て、アクシズが説明してくれる。

「スキルポイントってのは、クラスに就いた時に貰える、クラススキルを習得する為のポイントだ。優秀な者ほど初期スキルポイントは多くて、このポイントを振り分けて様々なスキルや魔法を習得するわけだ。
例えば、超優秀な俺なんかは、まず宴会芸スキルを全部習得し、それからアークプリーストの全魔法を習得して、更にポイントが余ったから近接格闘スキルまで取ったぞ」
「……宴会芸スキルって何に使うものなの?」

アクシズは私の質問を無視して先を続ける。

「クラススキルは、個人によって習得出来るスキルが限られてくる。例えば、水が苦手な人は氷結や水属性のスキルを習得する際、普通の人よりも大量のポイントが必要だったり、最悪、習得自体が出来なかったりする。
……で、爆発系の魔法は複合属性って言って、いくつもの属性の魔法が複雑に絡み合っている系統の魔法。
つまり、爆発系の魔法を習得出来るくらいの者なら、他の属性の魔法なんて簡単に習得できる筈なんだよ」
「爆裂魔法なんて上位のものが使えるなら、下位の他の魔法が使えないわけが無いって事か。……で、宴会芸スキルってのはいつどうやって使うものなの」

私の背中で、めぐるんがぽつりと言った。
「……僕は爆裂魔法をこよなく愛するウィザード。爆発系統の魔法が好きなんじゃない、爆裂魔法だけが好きなんだ」

その意味は私には分からないけど、アクシズは真剣な面持ちでめぐるんの独白に耳を傾けている。
……ズリズリとカエル引っ張りながら。
いや、そんな事よりも、私は既に宴会芸スキルとやらの方が気になってるんだけど。

「勿論他のスキルを取れば楽に冒険が出来るのでしょう。火、水、土、風。この基本属性のスキルを取っておくだけでも違うでしょう。
……でも、駄目だ。僕は爆裂魔法しか愛せない。例え今の僕の魔力容量では一日一発が限界でも。例え魔法を使った後は倒れるとしても。
それでも僕は、爆裂魔法しか愛せないッ!!だって、僕は爆裂魔法を使う為だけに、アークウィザードの道を選んだのだからッ!!」
「素晴らしい!素晴らしいぞッ!!その、非効率ながらもロマンを追い求めるその姿に、俺は感動したッ!!」

……マズい、どうもこの魔法使いは駄目な系だ。よりによってアクシズが同調しているのがその証拠だ。ハッキリ言って、これ以上問題児を引き取りたくない。

「そっか、多分茨の道だろうけど頑張ってね。お、そろそろ街が見えてきたね。それじゃあ、ギルドに着いたら今回の報酬を山分けさせて貰うよ。
うん、まぁ、また機会があれば何処かで会う事もあるでしょ。じゃあ、ギルドに着いたら解散、という事で」

その言葉に、私を掴んでいるめぐるんの手に力が込められた。

「ふっ……我が望みは、爆裂魔法を放つ事。報酬などあくまでオマケに過ぎず、何なら山分けでなく、食事とお風呂とその他雑費を出して貰えるなら、無報酬でも良いと考えている。
そう、上級職であるアークウィザードである我が絶大な力が今なら食費と諸々のみッ!!これはもう、長期契約を交わしても良いのではないだろうかッ!!」
「いやいや、その強力な力は私達の様な弱小パーティには向いてない。そう、貴方の力は私達には宝の持ち腐れだ。
私達の様な弱小パーティには普通の魔法使いで充分。ほら、私なんか初期クラスの冒険者をやってるぐらいだから」

私はそう言いながら、ギルドに着いたらすぐにコイツを捨てられるように、必死でしがみ付いてくるめぐるんの手をなんとか緩めようとする。
しかし、その私の手をめぐるんが掴んで離さない。

「いやいやいや、弱小でも駆け出しでも大丈夫だから。僕……じゃない、我も上級職だけど駆け出しだから。まだレベル6だから。
見捨てないでもう少し使ってくれれば、レベル上がれば魔法使っても倒れなくなるから。だ、だから…な?お、お願いだから、手を引き剥がそうとしないで欲しいです」
「いやいやいやいや、爆裂魔法一発しか使えない魔法使いとか、かなり使い勝手悪いし意味分かんないから。
くっ、魔法使いのクセに意外な握力をッ…!!こ、こら離しなさい、あんた多分他のパーティにも捨てられた口でしょ、というかダンジョンにでも潜った暁には、爆裂魔法なんて狭いダンジョンじゃ使えないし、いよいよ役立たずでしょ、ちょ、ちょっとねぇ離して、ちゃんと今回のクエスト分のお金はあげるからッ!!離してッ!!」
「見捨てないでッ!!もう何処のパーティも拾ってくれないんだッ!!ダンジョン探索の際には、荷物持ちでも何でもします、お、お願いだから、僕を捨てないでぇえッ!!」

背中から離れようとしないめぐるんが、捨てないでだのと大声で叫ぶ為か、あらぬ誤解をしている通行人達が此方を見てヒソヒソと噂していた。
既に街中に戻って来ている為、巨大なカエルを引きずるアクシズの姿もありやたらと目立つ。

「やだ…あの女、あの男の子を捨てようとしてる……」
「隣には、なんか粘液まみれのイケメンに、あんな巨大なカエル運ばせてるわよ」
「あんな年端もない男の子を弄んで捨てるなんて最低ね。見て?あの二人粘液でぬるぬるよ?一体どんなプレイしたのよあの女、女王様気取りかしら?」

……間違いなくあらぬ誤解を受けている。
アクシズがそれを聞いてニヤニヤしているのが憎たらしい。
そして、めぐるんにもそれが聞こえた様で。
めぐるんは口元をニヤリと歪め……

「どんなプレイでも我慢しますからッ!!先程の、カエルを使ったヌルヌルプレイだって耐えてみせま「よーし分かったッ!!これから宜しくねめぐるんッ!!」


† † † † † † †


「はい、確かに。ジャイアントトードを三日以内に五体討伐。討伐を確認致しました。ご苦労様でした」

冒険者ギルドに報告を終え、規定の報酬を貰う。
粘液にまみれたアクシズとめぐるんは、そのままだと生臭い上にまた私があらぬ誤解を受ける可能性があるので、とっとと大衆浴場へ追いやった。
カエルの死体の内一体は爆裂魔法で消滅した為、クエスト完了の報告はどうなるのかと思っていたが、この冒険者カードは、倒したモンスターの種類や討伐数が記録されていくらしい。
私とめぐるんのカードを見せると、受付嬢はなにやら機械を操作して、それだけでチェックを終えていた。
科学の代わりに魔法が発達した結果なんだろうけど、この世界の技術も強ち馬鹿には出来ない。

改めて自分のカードを見ると、そこには冒険者レベル6とある。一応あのカエルは中級の冒険者が狩る相手らしい。その為、4匹狩っただけで一気にレベル6にまで上がったのだろう。
ステータス欄の数値が多少は上がっているが、あまり強くなった実感は無い。

「……にしても、本当にモンスター倒すだけで、強くなるもんなんだなぁ…」

私は思わず呟いた。
この世界では、生き物を殺すと、殺した相手の力の一部を吸収するらしい。アクシズの話だと、魔力の溢れているこの世界では魂の記憶がうんたらかんたら。
まぁ、言っていた事の半分も理解出来なかったが、要は敵を倒すと経験値が入ると思っておけば良いらしい。
よくよく見ると、カードにはスキルポイントと書かれている欄が60と表示されている。

キマシタワー。
とうとう私もスキルが使えるわけだ。

「はい、ではジャイアントトード二匹の買い取りとクエスト報酬を合わせまして、十一万エリスとなります。ご確認下さいね」

十一万か。
あの巨大なカエルが一匹五千円程での買い取り。そして、カエル五匹を倒して十万円。
アクシズの話では、四人~六人でパーティを組んでクエストを行なうらしい。なので、普通の冒険者の相場だと、一日から二日をかけてあのモンスターと命がけで戦い、カエル五匹の取引と報酬で十二万五千円。
五人パーティだとして、一人当たりの取り分が二万五千円。

……割に合わない。
クエストが一日で済めば日当二万五千円。
これだけ見れば一般人にしては良い稼ぎに思えるかもしれないが、命懸けの仕事にしてはやはり割に合っていない気がする。
事実、今日なんてカエルがもう一匹湧いていたら私も食べられて、誰も助けることが出来なくなり、見事全員カエルに消化されるのを待っていただろう。
考えただけでもゾッとする。

一応他のクエストにも目を通すと、そこに並んでいたクエストは……。
『森に悪影響を与えるエギルの木の伐採、報酬は出来高制。迷子になったペットのホワイトウルフを探してきて欲しい。
息子に剣術を教えて欲しい。※要、ルーンナイトかソードマスターの方に限る。魔法実験の練習代探してます、※要、強靭な体力か強い魔法抵抗力……』

うん。
平和な日本に比べたら、異世界はハードモードです。
もう帰りたくなって来た。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く