話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この素晴らしい世界にTSを!

月兎。

第1部 3話

「アレだな、二人じゃ無理だ。仲間を募集しよう」

街に帰還した私達は、真っ先に大衆浴場に行って汚れを落とした後、冒険者ギルドにてカエルのモモ肉の照り焼きを食べながら作戦会議をしていた。
この冒険者ギルドという所は、冒険者達の待ち合わせや溜まり場としても使われている為に、酒場も併設されている。
今日はカエル二匹の肉が手に入ったので、ギルドへのカエル肉販売でそこそこの小遣いにはなった。といっても、土木作業のバイトの給料と稼ぎはあまり変わらない。
しかし、ちょっと硬いがカエルが意外にイケるのが驚いた。この世界に来たばかりの頃はトカゲやカエルに抵抗があったが、食べてみると意外とイケる物が多い。
目の前の男に関しては、どんな物でも一切の躊躇なく最初からモリモリ食べていたが。

「でも、仲間といっても駆け出しでロクな装備もない私達と、組んでくれる人なんかいると思う?」

口いっぱいにカエルのもも肉を頬張ったアクシズは、手にしたフォークを左右に振った。
「ふぉのふぉれがいるんだはら、なかああんて「飲み込め、飲み込んでから喋れ」

口の中の物をゴクリと飲み込み、
「この俺がいるんだから、仲間なんて募集かければすぐだ。なんせ、俺はアークプリースト様だぞ?
あらゆる回復魔法が使えるし、補助魔法に状態異常治癒魔法、蘇生魔法だってお手の物。何処のパーティも喉から手が出るほどに欲しい筈だ。
カズナのせいで地上に降とされ、本来の力からは程遠い状態とはいえ、仮にもかm……、アクシズ様だぞ?チョロっと募集かければ「お願いですから連れてってください」って輩が山ほどいる筈だ!分かったら、カエルの唐揚げもう一つよこせ」

そう言って、私のお皿から唐揚げを奪い取る自称神を、私は不安気に眺めていた。




翌日の、冒険者ギルドにて。

「……来ねぇなぁ」

アクシズが、寂しそうにションボリと呟いた。求人の張り紙を出した私達は、冒険者ギルドの片隅にあるテーブルで、既に半日以上も待ち続けている。
別に、張り紙が他の冒険者に見てもらえていない訳ではないらしい。
私達以外にもパーティ募集をしているっぽい冒険者達もそこそこいるが、その人達は次々と面接を行い、何やら談笑した後連れだって行った。

誰も来ない理由は分かっている。アクシズの問題児っぷりが、既に噂になっているのだ。
証拠に、最初は私達の募集の紙を見た連中が、嬉々として此方のテーブルに来ようとして、アクシズを見てコソコソと帰っていくのを何度も見ている。
だが、流石にこのまま誰も来ないのではここにいる意味が無い。
仕方ない、アクシズの悪い噂が消えるまで、また暫く土木作業のバイトでも……。
私がそう思っていた時だった。

「募集を見て来たんだが、面接はここでいいのかい?」

声をかけてきたのは、気だるげな、とろんとした眠そうな赤い瞳、そして黒い髪の男の子。
黒マントに赤い服と半ズボン、片足ニーソでもう片方が包帯、オレンジのブーツに杖を持ちトンガリ帽子を被っている、典型的な魔法使いの格好だった。
信じられないぐらいに整った、人間離れした顔立ちのその美少年は、歳は十三、四といった所かな?
黒髪ショートでもみあげだけ少し長く、前髪をぱっつんと切り揃えたその少年は、気だるげな声で言ってきた。

「我が名はめぐるん。アークウィザードにして、最強の攻撃魔法、爆裂魔法を操る者」
「……冷やかしにきたの?」
「ちっ違わいッ!!」

男の子の自己紹介に思わず突っ込んだ私に、その子は慌てて否定する。
いや、めぐるんってなんだ。

「…その赤い瞳。もしかして、お前紅魔族?」
アクシズの問いに、その子はコクリと頷いた。
「如何にも。我は紅魔族随一の魔法の使い手、めぐるん。……あの、図々しいお願いなのですが、出来れば何か食べさせてくれませんか……」

めぐるんと名乗る少年は、そう言って悲しげな瞳でじっと見てきた。
それと同時に、めぐるんのお腹が鳴る。

「…ええと、カズナに説明すると、彼ら紅魔族は、生まれつき高い知力と強い魔力を持ち、大抵は魔法使いのエキスパートになる素質を秘めている。……そして、大抵変わった名前を持っているんだ」

なるほど、別に私をからかっている訳じゃないのか。

「変わった名前とは失礼な。僕から言わせれば、人族の名前の方が余程変わってると思うのだよ」
「……因みに、両親の名前を聞いても良い?」
「母はゆいゆい、父はひょいざぶろー」
「……とりあえず、この子の種族は質の良い魔法使いが多いんだよね?仲間にしても良い?」
「おい、僕の両親の名前について言いたい事があるなら聞こうじゃないか」
「良いんじゃねぇか?冒険者カードは偽造は出来ないんだし、彼は上級職のアークウィザードで間違いない。カードを見ても、高い魔力が記されてる。魔力容量は普通だけど、これは期待出来ると思うぞ。
もし彼の言う通り本当に爆裂魔法が使えるのなら、それは凄い事だ。習得が極めて難しい爆発系の魔法の、最上級の魔法だからな」
「おい、彼ではなく、僕の事はちゃんと名前で呼んで欲しい」

抗議してくるめぐるんに、私は店のメニューを手渡した。

「まぁ、何か頼むといいよ。私はカズナ。コイツはアクシズだよ。宜しく、アークウィザード」
めぐるんは何か言いたそうな顔をしたが、無言でメニューを手に取った。


† † † † † † † † † † †


「爆裂魔法は最強魔法。その分、詠唱時間が結構かかる。呪文が完成するまで、あのカエルの足止めを頼む」

私達は満腹になっためぐるんを連れて、あのジャイアントトードにリベンジにやって来ていた。平原の遠く離れた場所には、一匹のカエルの姿。カエルは、此方に気付いて向かって来ていた。
しかし、更に逆方向からも一匹のカエルが此方に向かう姿が見える。

「遠い方のカエルを魔法の標的にして。近い方は……ほら、行くよアクシズ。今度こそリベンジだよ。あんた、一応は元なんたらなんでしょ?たまには元なんたらの実力を見せてみてよ!」
「元って何だよッ!?ちゃんと現在進行形で神だ俺はッ!!アークプリーストは仮の姿だッ!!」

涙目で私の首を絞めようとしてくる自称神を、めぐるんが不思議そうに。
「……神?」
「……を、自称している可哀想な人だよ。今後もたまにこういった事を口走る時があると思うけど、出来るだけそっとしておいてやって」

私の言葉に、同情の目でアクシズを見るめぐるん。半泣きになったアクシズが、拳を握ってヤケクソ気味に、近い方のカエルへと走った。

「クソッ!!打撃が効き辛いカエルだけど、今度こそ神の力を見せてやるッ!!見てろよカズナッ!!今の所活躍してない俺だけど、今日こそはッ!!」

そう叫んで、見事カエルの体内へ侵入する事に成功したアクシズが、カエルのお腹の中から一匹のカエルを足止めしてくれている間に、めぐるんの呪文が完成した。

「喰らうがいい、我が必殺の爆裂魔法をッ!!『エクスプロージョン』ッ!!」

閃光が走った。
めぐるんの杖の先から放たれたそれは、遠くから此方に接近してくるカエルにぶつかると……ッ!!
目も眩む様な光と轟音ごうおんと共に、カエルは爆裂、四散した。凄まじい突風になぎ倒されそうになりながらも、私は足を踏ん張り顔を庇う。
煙が晴れると、カエルのいた場所は半径十メートル以上にも渡ってクレーターが出来ており、その爆発の凄まじさを現していた。

「凄い…これが魔法かぁ……」

私がめぐるんの魔法の威力に感動していると、今の轟音と衝撃からか、一匹のカエルが地中から這い出してきた。
地球ではカエルは地に潜って冬眠するが、この世界のカエル達は、冬眠など関係なく、日頃から地中に潜って生活しているのかもしれない。
カエルはめぐるんの近くに這い出そうとしているが、起きたばかりなのか、その這い出す動作は非常に遅い。
今のうちにめぐるんと共にカエルから距離を取っておき、めぐるんの先程の魔法で消し飛ばしてもらえばいいだろう。

「アークウィザード!一旦離れて、距離をとってから攻撃を……」

そこまで言いかけて、めぐるんの方を向くと同時。私はそのまま動きを止める。
……そこには、めぐるんが倒れていた。

「ふっ……我が奥義である爆裂魔法は、その絶大な威力故に、消費魔力もまた絶大。……要約すると、最大魔力容量を超えた魔力を消費したので、身動き一つ取れません。
近くからカエルが湧き出すとか予想外、ヤバい食われる。すいません、ちょっ助け……」


私は、アクシズとめぐるんが身をていして動きを封じたカエル二匹にトドメを刺し、何とか『三日以内にジャイアントトード5匹討伐』のクエストを完了させた。


To be continued…

「この素晴らしい世界にTSを!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く