話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

隻眼の賢者

河野原ぺこ@垢停止中

十六話 魔神の加護

 俺は師匠の手作りの全魔法が記述されている魔導書で魔法を覚えていた。そして一年位が経った頃、何故か明後日の王城でのパーティに招待された。

「行きたくない!」

「大丈夫!僕も付いて行くから。成輝君には悪い虫を付けさせないよ!たとえ神でも追い払ってやる!!」

「!?そういえば、王都の教会に行った事ないな••••••」

 ヤバイ。暗黒神様に定期連絡してないや••••••。まぁ、明後日に行こう。絶対怒られるけど••••••。

 二日後。

「よし!教会に行くか」

 師匠とはパーティ前に待ち合わせをしている。

「『テレポート』」

 今の俺は師匠が使っている魔法のほとんどを使う事ができる。指輪は取れないけど••••••。なんで解呪の魔法が魔導書に無いんだよ!

「よし。行くか••••••」

 俺は門番の人に道を聞いて教会まで歩いていく。

「あの〜お祈りしたいんですけど••••••」

 中には40歳位のシスターが居た。

「はい。それでは寄付金を頂きます」

 俺は金貨1枚取り出す。

「!?ありがとうございます!」

 さて、神様は怒っているかな?


「お!久しぶりだな」

 前会った時と変わらない暗黒神イギスが居た。周りを見ると転生した時の真っ白部屋に居た。

「お久しぶりです」

「怒っていないのか?」

「こちらのセリフです」

 そもそも何に怒る必要があるの?逆に来るのが遅くて怒っていると思っていた。

「君を森に転生させた事だ。君を道から10メートル位に転生させたがどちらに道があるか分からず真逆の方向に歩いて行ってしまったのだ。それに片目を失ってしまったではないか!それとあまり時間は気にしないからな」

 良かった〜。それにしても結構道と近かったんだな。

「それと、君に空間神がいなくて渡せなかったものを渡そう。時ノ眼と言うエクストラスキルだ。鑑定眼、魔力眼、時ノ眼があると派生スキル神眼になるのだ」

 だから師匠は神眼を持っていたのか••••••。こうして俺のステータスはこうなった。


•名前 左馬 成輝
•種族 魔人 7歳
•職業 魔術師Lv1427
•称号 転生者 賢者の弟子 創作者 魔力だけ神


•生命力 390000/390000
•魔力 ∞
•攻撃力 12000
•防御力 54200


•スキル 算術Lv7 物理概念Lv7 生物学Lv3 家事Lv3 魔力操作LvMAX 魔力感知LvMAX 火魔法LvMAX 氷魔法LvMAX 水魔法LvMAX 土魔法LvMAX 風魔法LvMAX 光魔法LvMAX 闇魔法LvMAX 影魔法LvMAX 暗黒魔法LvMAX 雷魔法LvMAX 回復魔法LvMAX 時空魔法LvMAX 呪縛魔法LvMAX 詠唱破棄 多重魔法LvMAX 剣術LvMAX 大剣術LvMAX 短剣術LvMAX 細剣術LvMAX 盾術LvMAX 斧術LvMAX 槍術LvMAX 弓術LvMAX 銃術LvMAX 体術LvMAX 魔導具作成LvMAX
•エクストラスキル 言語理解LvMAX 神眼LvMAX 暗黒神の加護LvMAX 高速成長LvMAX 魔法創造LvMAX 


 ヤバイよね。多分地上最強だと思う。レベルはダンジョンに入ったりしていたら上がった。創作者は魔法を創りまくっていたら出た称号。魔力だけ神は魔力が∞になった時に出た称号。暗黒魔法は影魔法LvMAXにしたら出たスキル。まぁ、全て高速成長のおかげなんだけどね。

「それじゃあ帰りますね」

「ちょっと待ってくれ」

 なんですか••••••。

「魔神が君に加護を与えたいらしいがどうする?」

「もちろん貰いますよ」

 確か、魔神の加護って全部の魔法の段階を上げる物だった様な?もらえるなら貰おう!

「魔神は君にちゃんと加護を与えた」

「そうなんですか?魔神様は会いに来ないんですか?」

「伝言で柊花の弟子になってくれたお礼だそうだ。魔神の加護がありほとんどの魔法の1段階を覚えておれば賢者の称号が手に入るぞ」

「そうなんですか!ありがとうございます。それでは帰りますね」


 まさか、魔神の加護がもらえるなんて思ってもいなかった。ステータスは••••••。


•名前 左馬 成輝
•種族 魔人 7歳
•職業 魔術師Lv1427
•称号 転生者 賢者 賢者の弟子 創作者 魔力だけ神


•生命力 390000/390000
•魔力 ∞
•攻撃力 12000
•防御力 54200


•スキル 算術Lv7 物理概念Lv7 生物学Lv3 家事Lv3 魔力操作LvMAX 魔力感知LvMAX 火魔法LvMAX 炎魔法Lv1 氷魔法LvMAX 氷雪魔法Lv1 水魔法LvMAX 海魔法Lv1 土魔法LvMAX 土地魔法Lv1 風魔法LvMAX 突風魔法Lv1 光魔法LvMAX 清光魔法Lv1 闇魔法LvMAX 影魔法LvMAX 暗黒魔法LvMAX 雷魔法LvMAX 雷光魔法Lv1 回復魔法LvMAX 治癒魔法Lv1 時空魔法LvMAX 時魔法Lv1 呪縛魔法LvMAX 呪殺魔法Lv1 詠唱破棄 多重魔法LvMAX 剣術LvMAX 大剣術LvMAX 短剣術LvMAX 細剣術LvMAX 盾術LvMAX 斧術LvMAX 槍術LvMAX 弓術LvMAX 銃術LvMAX 体術LvMAX 魔導具作成LvMAX
•エクストラスキル言語理解LvMAX 神眼LvMAX 暗黒神の加護LvMAX 魔神の加護LvMAX 高速成長LvMAX 魔法創造LvMAX 


 全ての2段階の魔法を覚えている。それにしても、お礼が加護••••••。しかも魔神の加護がLvMAXだし••••••。


「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く