話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

隻眼の賢者

河野原ぺこ@垢停止中

四話 魔法の才能

「成輝君の部屋でやるからね。ちょっと待っててね」

 そう言うと師匠は時空魔法?か空間魔法?で一つの丸い水晶を取り出した。

「この水晶で魔法適性を調べるよ。魔法適性って遺伝的な所があるからね。まぁ君はこの前来たみたいだからね。何もかも知らない他人の身体に魂を入れられたか知らないよね」

 聞いてると師匠には親が居たように感じるんだが••••••。

「もしかして、師匠には親が居たんですか?」

「そりゃあもちろん。産まれた時から前世の記憶があったよ。え、もしかして居ないの?」

 とりあえず、肯定して置く。すると師匠が「そんな訳ないよな。でも、加護を与えたのが暗黒神イギスだったらあり得るか••••••」と呟いていた。暗黒神様何をしたんですか••••••。

「あの〜。師匠どうしたんですか?」

「多分ね。暗黒神イギスが成輝君の体を一から創ったんだと思う••••••」

 うん、そんな事言っていた。

「結構凄い事ですよね」

「そりゃあもちろん。暗黒神イギスって世界中の神の中で一位二位を争う程魔力量があるんだよ。だからそんな事が出来るんだよ」

 結構偉い神だった!どうしよう色々変な事を結構考えていた••••••。

「さて、その話は置いといて、そろそろやりますか」

「どうすれば?」

「水晶に手を置いてね。その後魔力を少し流してね」

 水晶に手を置いて『ステータス』を使った時みたいに魔力を流す••••••。なんか十一色に光始めた。

「やっぱりね••••••。暗黒神が創り出した体だもんね••••••。まぁ、何がともあれ全属性の魔法が使えるから良かったね。それじゃあ魔力操作の練習でもしますか」

「よろしくお願いします」

「オッケー。じゃあ最初に魔力を手に集めて」

 魔力を手に流し込むようにして••••••。

「一発で成功したね。成輝君って結構才能ある?次はね、その魔力を足まで持っていこうか」

 結構キツイ。魔力に対しての集中力がめっちゃいる。それに結構気持ち悪い。身体の中をヒルやミミズが移動してるような感じがする••••••。

「お〜。上手上手これを晩ご飯まで続けてね。時々『ステータス』を見てやってね。多分、成輝君は才能があるからLvMAXまで行けると思うよ。晩ご飯までにLvMAXになったらリビングに居ると思うから来てね」

 そう言うと師匠は出ていった。


◇◇◇


 師匠が出ていってから三時間位がたった。めちゃくちゃ気持ち悪い。とりあえず。

「『ステータス』」


•名前 左馬 成輝
•種族 魔人 6歳
•職業 魔術師Lv1
•称号 転生者 賢者の弟子

•生命力 340/340
•魔力 99999999/100000000
•攻撃力 330
•防御力 320

•スキル 算術Lv7 物理概念Lv7 生物学Lv3 家事Lv3 魔力操作LvMAX 魔力感知LvMAX 火魔法Lv1 氷魔法Lv1 水魔法Lv1 風魔法Lv1 土魔法Lv1 光魔法Lv 闇魔法Lv1 雷魔法Lv1 回復魔法Lv1 時空魔法Lv1 呪縛魔法Lv1
•エクストラスキル 言語理解LvMAX 鑑定眼LvMAX 魔力眼LvMAX 暗黒神の加護LvMAX 高速成長LvMAX


 うん。LvMAXになった、ついでに魔力感知もLvMAXになってた。高速成長様々だな、多分。とりあえず師匠の所まで行こうか。

 リビングに行くと何かを創っている師匠が居た。

「お、意外と早かったね。後二時間位掛かると思っていたよ」

「高速成長様々だよ」

「とりあえず、これが出来たら成輝君にプレゼントするよ」

 そう言うと作りかけの指輪を見せてきた。

「何ですか、それ?」

 師匠は自慢げに

「魔導具だよ。効果は『所有者の魔力供給が途切れたら綯々 柊花に報告が届く』と『テレポート場所設定』、『綯々 柊花に所有者のダメージ申告』が付与された指輪だよ後三十分位掛かるから待ってて」

「分かった」

 なんか魔法じゃないものも入っていた様な気がするけど無視して、俺はこの家を散策する事にした。リビングと玄関が繋がっており、リビングから多数の部屋へ繋がっている事が分かった。結構空き部屋がある。

「出来たー!」


 俺はすぐに師匠が居るリビングヘ行った。

「手を出して」

 どうやらはめてくれるらしいが。

「どうして右手の薬指にはめようとしているんですか!」

 右手の薬指は婚約指輪をはめるところだ。また、左手の薬指は結婚指輪をはめるところだから絶対にはめさせない!

「いいじゃない。減るもんじゃ無いし」

「減るんですよ!精神的に!」

 師匠が泣きそうな顔で

「僕の事、嫌い?」

「そんな事ありませんけど••••••」

 師匠が嬉しそうな顔をして

「じゃあ付けて!」

「分かりました」

 押し負けた••••••。後で付け替えればいいか。

「あ、それ所有者には取れない様に呪縛魔法も付与されているからね」

「呪われてるじゃないか!」

「大丈夫、生活に支障は無いから」

「畜生ー!本当に取れねー!」

 どう考えても師匠の圧倒的勝利であった。


「隻眼の賢者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く