ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

九回目の人生

我きたくせり


「大丈夫かマックス」
「ああそっちは?」
「帰りたい」
「そうか」
マックスの攻撃
ゴブリンに30のダメージを与えた
戦闘に勝った  経験値  マックス30 勝0

「え?何で?」
「運のせいでは?」
「チキショー辞めてえこの人生」



~魔王城~
九回目裏 バッター 魔王様
いったぁぁぁぁ  見事なホームランです


「取り合えずちょっとだけ歩けばすぐ道に出られるから」
「じゃあい   グシャ
「え?」


「何処からか野球ボールが飛んできましたね」
「何故!?何処から!?」
「恐らく魔王の見事なホームランかと」
「何でいつ勇者が攻めこうで来るか分からないのに何で悠長に野球してんの!?」
「魔王も暇なんですよ、勇者が誕生して1000年待ってるんですから」
「勇者なにしてんの!?」
「死にました」
「え?」
勇者が何で死んだのかはいずれ

「早く戻ってこいよ」


「行ってらっしゃいませ~」
行ってきまぁぁぁす

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く