ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

八回目の人生

人間がごみのよ


「あの~」
「うお!びびった」


説明中( ´,_ゝ`)

「へ~便利だな」
「そうですよね」
ガサガサ
ゴブリンが現れた
「あのすみません名前は?」
「俺はマックス宜しくな」
テッテレテッテッテー仲間マックスが出来た
ゴブリンの攻撃  魔法ロックアイスを放った
マックスは弾いた


俺は少し予想はしてたんだよ。あれ?その角度はあかんて


「弾いたやつに当たったぜ、流石俺」
「喜んでる場合ですか?」
「YES!!!」
「もう一回飛ばしますね」
待ってろマックス


「ん?あ!やべ彼奴に当たったか、まあすぐ帰ってくるからいいか」

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く