ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

休憩がてらの神様とのお喋り

「神様~」
「はい?」
「聞いてくださいよ~」
「何ですか?」
「少し前のことなんですけどね私必ず冬に来る最強の敵と戦って負けたんですよ」
~~~~
俺は、勇者上原  勝今最強の魔物と戦っている、パーティーは世界中の中で俺が集めた三人三時間以上のその戦いはいっこうに終らない
しかし回復役である賢者がやられた瞬間急変した
また一人また一人と倒れていくそんな中残った俺は、あっけなく倒された
そう、その最強の魔物に


「もう、勝たら毎年毎年友達呼んでは皆で≪こたつ≫で寝るんだから本当しょうがない子」

その魔物の名前はこたつ
そして今年もぬくぬくとこたつに負けた

「ていう話です」
「ふふふ何ですかその話」
「笑ってくれて何よりです。」
「では、私もいやこれは30話ぐらいにしましょう」
「気になりますね。あそうだこたつってあるんですか?」
「こたつありますよ、最近寒くなってきたからそろそろ出しますか」
「いや、夏ですよ?」
「冗談です。では、飛ばしますね」
「え?ちょっ
意識がもうろうとしてきた...

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く