ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

六回目の人生

......空が青いな~


「どうしてこうなった!?」
今僕は空を飛んでいます
今~私の~願~い事が叶うな~らば
つば~さ~がほし~い
「だめだこれ」
ベチャ


「おい!説明しろ」
「本当にすみません」
「まさかもしかして俺の運のせいだったり?」
「はい、そうですねまさか飛ばす場所が狂うなんて」
「なんかすいません」
「いえいえもう一回行きます?」
「少し休憩」
「そうですか」

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く