ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

四回目の人生

今度こそは進む例えどんな危険があろうとも

「今回は神様がくれた神の奇跡があるどんな効果があるかはしらんがな」

そして一歩進む
ツルがあることを忘れて
「やべ」
見事にツルに引っ掛かり転ぶ
0ダメージ  神の奇跡にヒビが入った
「あれ?死んでないしかも0ダメージよしこれなら行ける」
喜んでいると
テレースライムレベル1が現れた
「スライム!?そうか同じところで死にまくってたから忘れていたがここは異世界だった」
勝は驚いた
スライムのターン
攻撃
0ダメージ  神の奇跡に更にヒビが入った
「こうなったら反撃だ」
勝のターン
攻撃
1ダメージ  スライムにダメージを与えた
スライムのターン
攻撃
0ダメージ  神の奇跡が砕け散った
「あれ?やばくない?スライムのHPなんあるの?あれ?もしかして?...
勝のターン
考え込んでいる
スライムのターン
攻撃
1ダメージ  勝を倒した 経験値をかくと



「スライムにすら勝てないだと!?」
「仕方ないですよだってステータスがオール1ですもん...運以外」
「もう死にたい..もう死んでるか」
「もう一回行きます?」
「あの~」
「はい?」
「町に飛ばすことは可能ですか?」
「できますが恐らく森より危険かと」
「それでも行きたいんです」
「分かりました頑張って下さい」
体が透けて来たZOE

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く