ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

三回目の人生

よしきた 今度こそは死なないように

「まずツルを避けて木の後ろに隠れる」

強風が吹いた

「よし後は、流石になないよな」
は!これはフラグなのでは?

案の定
森って危険だね
木の枝にかすりました
もうや    [クリティカル]380ダメージ


「ただいま」
「お帰りなさい」
「まだまだいくぞ!」
「そうですか」
「あの」
「はい?」
「何かアイテムありませんか?」
「そうですね、ではこれを」
テッテレテッテッテー神の奇跡をてにいれた
「効果は?」
「まあ取り合えず飛ばします」
あ~体が透けて行く


「ふふ面白いですね」 

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く