ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話

(´・ω・)

一回目の人生

きたきたきた!!何て綺麗な世界だ
木が一杯生い茂ってる空気が美味しい

「じゃあ行くか」ツル

たった一歩歩き出した俺は盛大に転んだ
20ダメージ
.....


「ね?」
「ね?じゃないですよ。転んでも死ぬなんて」
「恐らく咳をしただけでも死んでしまうのでは?」
「そんな~」
「でも、次がある」
「そうですねでは、もう一度」
そう言うとまた体が透けてきた

「ステータスが運以外1でしかもその運が0を越えて-99999999の俺が頑張る話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く