ある日、僕は異世界に転移した

   それにしても、どうしたものか。

    何故自分がこんなところにいるか?というのも大きな疑問なのだが、それよりも今は「これからどうするか?」を考えなければならない。

"救助?"

    いや、それはあまり期待出来ないのではないか。誰かに連れてこられたとしても、あまり素敵な招待とはいかないだろう?
何かの犯罪に巻き込まれている可能性もある。もっとも僕なんか誘拐しても、なんのメリットもないんだけどね。

   問題は、2つの選択のどちらを選ぶかだ。一つは、ここにとどまり救助あるいはここへ連れてきた人間の帰還を待つ。もう一つは、ここから移動して、森の脱出口あるいは小屋、集落なんでもいいから他の人に会うのを目指す。

    今はまだ日が明るい。しかし、森の中の夜は案外早く訪れるものだ。このままここでしっとしていて夜を迎えるのはちょっと不安だ。となると、歩いて移動して、まずは今日の寝ぐらを探すのが得策ではないか。うまくいけば山から降りられる可能性もあるだろうし。

    そう判断した僕は、とりあえず樹々の間から顔を出している太陽の見える南方向に向けて歩き出した。このまま歩いて運良く川などが見つかれば、帰還ルートも見つかるかもしれない。そんな期待も込めての移動だ。

     僕は、帰り道を探索するにあたって、一つルールを決めた。もしかしたら、目が覚めた地点というのは、あとあと重要になってくる可能性がある。僕を連れてきた人間が戻るとすれば、その場所だからだ。
なのでまず15分歩いて何も見つからなければ、一度最初の地点に戻る。そして今度は別の方向を探しに行く。これを繰り返すのだ。

     この方法だと、あまり遠くまで行けないが、出発地点を中心に放射状に地形を確認できる。時間的にみて、夜になるまで、8回ぐらいはできるのではないか?

     しかし、2回、3回と繰り返したものの、何も成果が得られなかった。果てしなく続くと思われる森の奥深さに、諦めそうになる。そして、7回目に入ろうとする頃、周りが少し暗くなり始めた。予定より時間がかかってしまい、予想外に早く夜になってしまいそうだ。

"これはまずい"

僕は、今度こそ何か見つかってくれ、と祈る気持ちで、7回目に北東方向に歩き出した。足が重くなってきた。疲れもピークに達している。そしておよそ15分後、ついに僕は発見した。

「家だ!」

「ある日、僕は異世界に転移した」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く