話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界吸血鬼物語

橋本

攻略の始まり

 その後、日光が当たらないダンジョンの中でステータスを上げて何とか日光に当たりながらでも戦えるようになろうと思い、このダンジョンを探索する事にした。

僕は襲ってくるスケルトンやゴブリン、スライムを切り倒しながら階段を探していた。そしてしばらくして階段を見つけたとき
【レベルがあがりました】
と聞こえてきた。

(レベルが上がったか。そう言えば上昇率ってどのくらいなんだろう。)
名前  カケル



種族  吸血鬼族(純血種)

レベル 2/50

職業  

HP   5500/5500

MP  6500/6500

攻撃  3500

防御  4500

魔攻  5500

魔防  4500

俊敏  6500

知力  5000

運   1000

通常コモンスキル
危険察知レベル1


希少レアスキル
全言語理解


固有ユニークスキル
影魔法
????


伝説《レジェンド》スキル
魔導黙録アカシックレコードレベル1


種族固有吸血鬼族スキル
慧魔眼(看破眼 魅了眼 催眠眼 夜目 魔力視)
蝙蝠化
吸血
眷属化
不老不死
日光弱体
自己再生
MP自動回復
HP自動回復
血魔法



称号

異世界人 死を経験したもの 魔導の深淵を知る者



加護

魔神の祝福

割と上がるんだな。これなら進化しなくても大丈夫か?

(いや、一応進化はしておこう。日光弱体が消えるはずだしな。)

僕は階段を降りて下に進んでいった。

「異世界吸血鬼物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く