話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

目が覚めたら悪役令嬢になっていたので最強のヴィランズになってみたかった(失敗)

堀尾狸逢

ついに元(まだ)婚約者との再会!①

 完全に口調が怖くない感じになっちゃったけど、まぁ仕方ないわ。とにかく今は子供たちの教育が優先!
 
「お嬢様、わかってるかと思いますけれど、明日にゼロラ様が挨拶にやってまいります」
 
 カイムの世話をしつつ、マベルがこっそりと私に耳打ち。
 ……ん?

 ゼロラ様……ゼロラ・ガファノフ・ヒリュニコン。クリスティーナの婚約者ね。
 いや、明日私はゼロラに婚約破棄を突き付けられて私たちは元婚約者になるんだわ。
 
というか、ゼロラに会うのは六月。私がこの世界にやってきてからもう一か月たったのね! 人生はあっという間だわ。すっかりお嬢様言葉も板についてきて、本当に貴族になった気分だ。ちゃんとなりきらないといけないんだけどね。偶に眠っているクリスティーナが暴れだす感覚はあるけど、抑えることも最近はできている。

 確か……ゼロラに会うのは五年ぶりくらいかしら? あの頃からヒステリー気味で、我儘だったから嫌気がさしているはず。明日もさっさと破棄を伝えて帰るはずだわ。
 好都合じゃないの! 今大事なのは子供の教育。余計なことはせずにさっさとお帰りになればいいんだわ!

「目が覚めたら悪役令嬢になっていたので最強のヴィランズになってみたかった(失敗)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く