話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第26話 一方その頃1

*中央国家ファルシニア。その街の真ん中にあるナルア城にこの日の夜、緊急で国の技術者や大臣が集められた。集められた者たちは皆集められたことに心当たりがなく、ざわついていたが部屋の奥の玉座に初老の男性が座ると皆話をやめ玉座の方に跪く。全員が王の方を向くと初老の男性の隣にいた男性が口を開く。

「ファルシニア王国第36代国王アラン・ノエル・フォールド様のお言葉である。心して聞くように!」

玉座に座っていたアランは一度辺りを見渡す。そして全員に声をかける。

「皆夜分遅くにすまない。今回集まってもらったのはこれを持っている人物を探してもらうために集まってもらった」

そう言うとアランの横にいた男の合図で部屋の扉からメイドが小さな木製の箱を持って入ってくる。そして箱をメイドが開けると中には金色の水薬ポーションが入っていた。それを見た者の何人かは驚きのあまり声を上げる。

「これは今日の昼過ぎほどにマッケス商店に鑑定で送られた万能薬エリクサーだ。これを鑑定に渡した人物はマッケスの不手際で不明だが、長い髪の男性だということはわかっている。皆にはこれを渡した人物を探して欲しい。見つけたものにはそれ相応の褒美を与える」

「「「「「御意!!!」」」」」

部屋に王のもとに集まった者達の声が広がる。こうしてマガンは本人の知らない間に国の「顔のわからない重要参考人」になってしまったのだった。






「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く